古事記の原文『黄泉比良坂』

『黄泉比良坂』の原文

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

恥をかかされたイザナミは、逃げるイザナギに追っ手を差し向ける。辛くも逃げ切ったイザナギは、巨石を挟んでイザナミに別れを告げる。

安万侶

安万侶

イザナギとイザナミ、お別れしちゃうんだ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

死んだ人の後は追っちゃダメってことだ。どんなに会いたくなってもな。

安万侶

安万侶

・ ・ ・ ・ 陛下、何かあったんですか?

天武天皇

天武天皇

ん? ・ ・ ・ 秘密♡

安万侶

安万侶

むぅ。

原文&読み下し文

イザナミ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

即遣予母都志許売令追。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはち 黄泉醜女 よもつしこめ つか はして追はしめき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾伊邪那岐命、取黒御縵投棄、乃生蒲子。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに伊邪那岐命、 黒御縵 くろみかづら を取りて投げ つれば、すなはち 蒲子 えびかづらのみ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是拓食之間、逃行、猶追、亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引闕而投棄、乃生筍。是抜食之間、逃行。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

こを ひろ む間に、逃げ行くを、なほ追ひしかば、またその右の 御角髪 みみづら せる 湯津津間櫛 ゆつつまぐし を引き きて投げ つれば、すなはち たかむな りき。こを抜き む間に、逃げ行きき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

且後者、於其八雷神、副千五百之黄泉軍令追。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

且後 またのち には、その はしらの雷神に、 千五百 ちいほ 黄泉軍 よもついくさ へて追はしめき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾抜所御佩之十拳剣而、於後手布伎都都逃来、猶追、到黄泉比良坂之坂本時、取在其坂本桃子三箇待撃者、悉逃返也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 御佩 はか せる 十拳 とつか 剣を抜きて、 後手 しりへで きつつ逃げ るを、なほ追ひて、 黄泉比良 よもつひら 坂本 さかもと に到りし時、その坂本にある 桃子 もものみ 三箇 みつ を取りて、待ち てば、 ことごと かへ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾伊邪那岐命、告其桃子、汝如助吾、於葦原中国所有、宇都志伎青人草之、落苦瀬而患惚時、可助告、賜名号意富加牟豆美命。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに伊邪那岐命、その 桃子 もものみ りたまひしく、「 なれ あれ を助けしが如く、 葦原中国 あしはらのなかつくに にあらゆる うつ しき 青人草 あをひとくさ の、苦しき瀬に落ちて うれ なや む時、助くべし」と りて、名を賜ひて 意富加牟豆美 おほかむづみの 命と ひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

最後其妹伊邪那美命、身自追来焉。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

最後 いやはて にその いも 伊邪那美命、 身自 みづか ら追ひ来たりき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾千引石引塞其黄泉比良坂、其石置中、各対立而、度事戸之時、伊邪那美命言、愛我那勢命、為如此者、汝国之人草、一日絞殺千頭。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 千引 ちびき いは をその 黄泉比良坂 よもつひらさか に引き へて、その いは を中に置きて、 おのおの むか ひ立ちて、 事戸 ことど わた 時、伊邪那美命言ひしく、「 うつく しき 汝夫 なせ みこと 、かく ば、 いまし の国の 人草 ひとくさ 一日 ひとひ 千頭 ちがしら くび り殺さむ」といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾伊邪那岐命詔、愛我那迩妹命、汝為然者、吾一日立千五百産屋。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに伊邪那岐命詔りたまひしく、「愛しき我が 汝妹 なにも の命、 いまし 然為 しかせ ば、 あれ 一日 ひとひ 千五百 ちいほ 産屋 うぶや 立てむ」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以一日必千人死、一日必千五百人生也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて 一日 ひとひ に必ず 千人 ちたり 死に、一日に必ず 千五百人 ちいほたり 生まるるなり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、号伊邪那美命謂黄泉津大神。亦云、以其追斯伎斯而、号道敷大神。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、その伊邪那美命を なづ けて 黄泉津大神 よもつおほかみ ふ。また はく、その追ひしきしをもちて、 道敷 ちしきの 大神と なづ くといふ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦所塞其黄泉坂之石者、号道反之大神、亦謂塞坐黄泉戸大神。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその 黄泉 よみ の坂に さや りし いは は、 道反之 ちがへしの 大神と号け、また さや ります 黄泉戸 よみどの 大神とも謂ふ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、其所謂黄泉比良坂者、今謂出雲国之伊賦夜坂也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、その謂はゆる 黄泉比良 よもつひら は、今、出雲国の 伊賦夜 いふや 坂と謂ふ。

『系図』別天つ神:アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カムムスビ、神代七代:イザナギ、イザナミ

用語解説

安万侶

安万侶

やっと出てこれた ・ ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

安万侶、痛いってば。腕がもげる。

安万侶

安万侶

はっ!!ごめんなさい。

稗田阿礼

稗田阿礼

幼気な子供を脅かすなんて、意外と大人気ないんだな。不比等。

藤原不比等

藤原不比等

は?俺は読み上げをしたまでだ。

天武天皇

天武天皇

安万侶、何か質問ある?

安万侶

安万侶

あ、えっと ・ ・ ・ ・ 「よもつしこめ」とは?

天武天皇

天武天皇

黄泉の国の醜い女って意味。

天武天皇

天武天皇

容姿の説明は無いが、要はゾンビかな??

安万侶

安万侶

ふぁっ!!!

稗田阿礼

稗田阿礼

天武もやめろっての!

天武天皇

天武天皇

はいはい。

安万侶

安万侶

その、じゃあ、黒御縵くろみかづらは??

天武天皇

天武天皇

「かづら」はここからもたくさん出てくる。「つる植物」の総称だ。ここでは、黒いつる植物の髪飾りって意味だな。

天武天皇

天武天皇

ブドウの古名だ。イザナギは、山ブドウか、野ブドウのつるを巻いていて、そこから実が成ったんだろう。

天武天皇

天武天皇

「えび」「かずら」だから、エビヅルかもかな。これも、同じくブドウみたいな実がなる。

安万侶

安万侶

湯津津間櫛ゆつつまぐしがまた出てきた。

天武天皇

天武天皇

さっきは左の櫛を折っていたから、今度は右の櫛を折って投げたんだな。

安万侶

安万侶

両サイドのミヅラに櫛を付けるなんて、おしゃれさんですねっ!!

天武天皇

天武天皇

はっ!そうだな。

安万侶

安万侶

むー。

天武天皇

天武天皇

昔は、ミヅラに色々な髪飾りをつけることで、魔除けをしていたそうだよ ・ ・ ・

安万侶

安万侶

絶対、可愛いのに。

安万侶

安万侶

じゃあ、たかむなは??

天武天皇

天武天皇

タケノコのこと。

天武天皇

天武天皇

エビカズラの髪飾りはブドウに、櫛の爪はタケノコに、それぞれなったわけだ。
流れからして、竹の櫛だったかもな。

安万侶

安万侶

あっ、両方とも成長するとなるやつ!

天武天皇

天武天皇

そう。形も似ていることから、「類似呪術」の説もあるけど。

天武天皇

天武天皇

どの道この辺は、すげーファンタジーな部分だ。

安万侶

安万侶

黄泉軍よもついくさもなんか、ゲームの雑魚キャラに出てきそうですね。

天武天皇

天武天皇

ははっ。「黄泉の国の兵士」って意味だから、無双でやっつけるにはもってこいのキャラだな。

安万侶

安万侶

後手しりえでにふきつつ」は??必殺技???

天武天皇

天武天皇

んー。必殺技にしては地味だけど、後ろ手で振りながら戦っているんだ。

安万侶

安万侶

む?戦いづらそう。

天武天皇

天武天皇

後ろ手で何かするのは、相手を呪う意味があるんだ。山佐知毘古の神話でも使っているから、その時になったらまた説明するよ。

天武天皇

天武天皇

黄泉の国とこの世との境界にあるという坂のこと。

安万侶

安万侶

桃の実を投げたら黄泉軍が逃げちゃったのはなんでですか??

天武天皇

天武天皇

桃は神聖な果実で、邪気を払うといわれているんだ。ここにも中国の思想の影響がみられるな。

安万侶

安万侶

ことごとにって?

天武天皇

天武天皇

ことごとく。全部って意味。

天武天皇

天武天皇

天界と冥界の中間にある、葦原が広がる国。つまり、オレらが住んでいる「この世界」のこと。

天武天皇

天武天皇

ちなみに「国」って言うと、現代では、日本とか中国とかアメリカとかの大カテゴリーだけど、当時は「地域」「エリア」くらいの意味だから、混乱しないようにな。

安万侶

安万侶

はーい。

安万侶

安万侶

あと、うつしき青人草って??

天武天皇

天武天皇

「うつしき」は「現実の」。「青人草」は「人間」のこと。現実世界を生きている、この世の人々ってことだな。

安万侶

安万侶

む?なぜ、人間が青人草??

天武天皇

天武天皇

さあな。人の最初が宇摩志阿斯訶備比古遅うましあしかびひこぢのように、新芽みたいに成ったからとか、青い若草のように弱々しいからとか、雑草みたいにたくさん増えるからとか、説はいろいろあるけど、実際のところはわからん。

安万侶

安万侶

ふーん。あとは、千引ちびきの石って??

天武天皇

天武天皇

千人でかからないと引けないくらい大きな石ということ。

安万侶

安万侶

わ!力持ち!!

天武天皇

天武天皇

な。この辺も、かなりファンタジーだ。

天武天皇

天武天皇

離別を言い渡すってこと。

安万侶

安万侶

・ ・ ・ イザナギとイザナミ、離婚しちゃったんですか?

天武天皇

天武天皇

んー。どうだろう。オレらの時代はまだ離婚の概念が曖昧だし、そもそも死別だからな。ニュアンスが難しい。

天武天皇

天武天皇

例え、愛し合って夫婦になったとしても、いつかは別れなければならない日が、必ず来るからさ。

天武天皇

天武天皇

・ ・ ・ ・ でも、死別と離婚では意味合いも違うだろ?

安万侶

安万侶

むぅ。

天武天皇

天武天皇

オレなんかは、こうして死者のイザナミから別れを告げるあたり、とても深い愛を感じてしまうが ・ ・ ・ ・ 真意はわからない。

天武天皇

天武天皇

いずれにしろ「別れた」って意味だな。

安万侶

安万侶

しょぼん。

安万侶

安万侶

あと ・ ・ ・ 「愛し」って、「うつくし」って読むんですね。

天武天皇

天武天皇

ああ、このシーン良いよな。別れの言葉の前に「愛し」をつけるなんてさ。

安万侶

安万侶

この意味って、いとしいでいいんですか??

天武天皇

天武天皇

そうだな。「美しい」って意味もあるけど、「愛しい」の方が自然だろう。

安万侶

安万侶

あと、「千頭ちがしらくびり殺さむ」は ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

説明いる?

安万侶

安万侶

・ ・ ・ いえ、やっぱりいいです。

藤原不比等

藤原不比等

一日千人分の首を絞って殺すって意味だ。

安万侶

安万侶

んぎゃあっ!!!

藤原不比等

藤原不比等

ちなみに、「くびり」は「首」や「くびれ」の語源と言われている。

天武天皇

天武天皇

愛しさ余って恨み1000倍ってやつだな。

安万侶

安万侶

なんか違うっっ!!!!

安万侶

安万侶

あと、産屋うぶやは??

天武天皇

天武天皇

お産のために建てる小屋のこと。出産には大量の出血を伴うから、穢れを祓うために出産用の小屋を建てていたんだ。

天武天皇

天武天皇

意外かもしれないが、昭和初期まで産屋の文化は残っていたそうだよ。

天武天皇

天武天皇

現代で出産を「穢れ」なんて言ったら叩かれそうだけど ・ ・ ・ 昔は今ほど衛生状態も良くなかったからな。その辺は察して?

安万侶

安万侶

むーん。

天武天皇

天武天皇

ま、ここでは、子供を生むって意味な。

安万侶

安万侶

でも、一日に千人死んで、千五百人生まれたら、どんどん増えちゃいますね。

天武天皇

天武天皇

そうだな。この神話は、人の生と死の起源を語っているんだ。

天武天皇

天武天皇

一見、悲しい話にも見えるが、生と死の人数の割合から、人々の繁栄を願っているんだろう。

安万侶

安万侶

ふーん。

安万侶

安万侶

あとは、追ひしきしって??

天武天皇

天武天皇

追いついたってこと。

安万侶

安万侶

あとその ・ ・ ・ 黄泉比良坂って本当にあるんですか??

天武天皇

天武天皇

んー。さあな。でも、候補地はいくつかあるよ。

天武天皇

天武天皇

伊賦夜いふやって地名からして、島根県松江市東出雲町揖屋が第一候補だな。実際に「伊賦夜坂」もあるし、千引岩も置いてあって、なかなか雰囲気のある場所だ。

天武天皇

天武天皇

近くには、イザナミを祀った揖屋神社もある。

安万侶

安万侶

ふーん。

天武天皇

天武天皇

あとは、出雲市猪目町の猪目洞窟。ここには、「磯の西にある洞窟の中に人が入れない穴があって、ここに来る夢を見た人は死んでしまう」なんて言い伝えも残っている。

天武天皇

天武天皇

地元では、「揖屋」がイザナギが通った黄泉比良坂で、「猪目洞窟」がオオナムチっていう、後で出てくる神が通った黄泉比良坂だ、と言われているそうだ。

天武天皇

天武天皇

それと、島根県出雲市奥宇賀町にも夜見よみ神社ってところがあって ・ ・ ・ ・

安万侶

安万侶

ふふっ。陛下、出雲情報詳しすぎません??

天武天皇

天武天皇

ん?

天武天皇

天武天皇

ああ、ごめん。オレ、好きなんだ。出雲神話。

安万侶

安万侶

ふーん。

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ ・ くだらない。

天武天皇

天武天皇

不比等くんは夢がないねぇ。

藤原不比等

藤原不比等

あんなん、ただの童話でしょうが。

天武天皇

天武天皇

そう?

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

じゃ、続き行こうか。

安万侶

安万侶

あ、はーい!

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。