古事記の原文『三貴子の誕生』

『三貴子の誕生』の原文

ラノベ訳・三貴神の誕生(2)

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

イザナギが禊の最後に顔を清めると、三貴子が誕生する。

安万侶

安万侶

出た!三貴子!!

天武天皇

天武天皇

三貴子はわかるだろ?

安万侶

安万侶

わかります!「アマテラス」「ツクヨミ」「スサノオ」!!

天武天皇

天武天皇

ピンポンピンポ〜ン!

安万侶

安万侶

へへっ。

原文&読み下し文

アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是洗左御目時、所成神名、天照大御神。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに左の 御目 みめ を洗ひたまふ時に、成れる神の名は、 天照大御神 あまてらすおほみかみ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次洗右御目時、所成神名、月読命。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に右の御目を洗ひたまふ時に、成れる神の名は、 月読 つくよみの 命。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次洗御鼻時、所成神名、建速須佐之男命。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に 御鼻 みはな を洗ひたまふ時に、成れる神の名は、 建速須佐之男 たけはやすさのをの 命。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

右件八十禍津日神以下、速須佐之男命以前、十四柱神者、因滌御身、所生者也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

右の くだり の八十禍津日神 以下 よりしも 、速須佐之男命 以前 よりさき 十四柱 とをまりよはしら の神は、 御身 みみ すす ぐによりて れるかみなり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此時伊邪那伎命、大歓喜詔、吾者生生子而、於生終得三貴子、即其御頚珠之玉緒母由良迩取由良迦志而、賜天照大御神而詔之、汝命者、所知高天原矣、事依而賜也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

この時伊邪那伎命、 いた 歓喜 よろこ びて詔りたまひしく、「 は子を生み生みて、生みの はて 三はしらの貴き子を得つ」とのりまたひて、すなはち 御頚珠 みくびたま の玉の もゆらに取りゆらかして、天照大御神に賜ひて詔りたまひしく、「 汝命 いましみこと は、 高天 たかま の原を らせ」と 事依 ことよ さして賜ひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、其御頚珠名、謂御倉板挙之神。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、その御頚珠の名を、 御倉板挙之 みくらたなの と謂ふ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次詔月読命、汝命者、所知夜之食国矣、事依也。次詔建速須佐之男命、汝命者、所知海原矣、事依也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に 月読 つくよみの 命に詔りたまひしく、「 汝命 いましみこと は、 よる 食国 をすくに を知らせ」と 事依 ことよ さしき。次に建速須佐之男命詔りたまひしく、「 汝命 いましみこと は、 海原 うなばら を知らせ」と事依さしき。

『系図』イザナギ、イザナミ、三貴子:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

用語解説

安万侶

安万侶

やっと、三貴子が生まれてきましたね!

天武天皇

天武天皇

うん、
左目』から生まれた『アマテラス』が日の神。
右目』から生まれた『ツクヨミ』が月の神。
』から生まれた『タケハヤスサノオ』が勇猛かつ迅速で荒れすさぶ男神ね。

安万侶

安万侶

あれ? そういえば、陛下の祖神おやがみって、アマテラス様ですよね??

天武天皇

天武天皇

ああ、そうだけど?

安万侶

安万侶

さっきの阿曇あづみさん家みたいに、祖神のこと書かないんですか??

天武天皇

天武天皇

ふっ。

安万侶

安万侶

む?

天武天皇

天武天皇

それ、知らない人いるの?

安万侶

安万侶

あぁ。(察し)

天武天皇

天武天皇

他に質問は?

安万侶

安万侶

えっとー、天照大御神あまてらすおほみかみの『大御神』って、イザナギの『大神』とは違うんですか?

天武天皇

天武天皇

ふっふっふ!!

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

安万侶くん、よくぞ聞いてくれましたっっ!!!

安万侶

安万侶

む??

天武天皇

天武天皇

説明しよう!『大御神』とは!!
『神』だけでも敬称であるにも関わらず、さらに敬称の『大』をつけた上に、さらにさらに『御』を重ねると言う『敬称敬称敬称』の敬称オンパレードによる超最強尊称なのであるっ!!

安万侶

安万侶

おぉ〜!!なんか、カッコイイ!!!

天武天皇

天武天皇

だろだろぉ〜〜??

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ あの、御天皇陛下様、質問してもいいですか?

天武天皇

天武天皇

なんだよ。

藤原不比等

藤原不比等

ココ、大日孁貴神オオヒルメノムチノカミの間違いでは?

天武天皇

天武天皇

は? うるせー、不比等。勅命で貴様の名前をプピティーに変えてやろうか。

藤原不比等

藤原不比等

ごめんなさい。失礼しました。

安万侶

安万侶

む?大日孁貴神オオヒルメノムチノカミ??

稗田阿礼

稗田阿礼

アマテラス様の別名だよ。敬称がくどすぎて、『天照大御神』って名前は天武がつけたんじゃないかって説があるんだ。

安万侶

安万侶

なるー。

天武天皇

天武天皇

違うもん!!アマテラスはずっと昔から天照大御神だもん!!!

藤原不比等

藤原不比等

左様で。

稗田阿礼

稗田阿礼

安万侶、無視して続き行け。続き。コイツのアマテラス愛は引くレベルだからな。壬申の乱まで語られたら敵わん。

安万侶

安万侶

えっ? あ、えっと、そしたら、『御頚珠みくびたま玉の緒もゆらに取りゆらかして』ってどーゆう意味ですか??

天武天皇

天武天皇

あ、聞きたい?壬申の時の、オレとアマテラスの馴れ初め話。

藤原不比等

藤原不比等

畏れながら、ヒズインペリアルマジェスティザ天皇陛下様様、質問は『御頚珠みくびたま』についてです。

天武天皇

天武天皇

くどっっ!!!!

安万侶

安万侶

ふふっ。またの機会に教えてください。

天武天皇

天武天皇

まろちゃん、いい子 ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

さてと。御頚珠みくびたまについてか。

天武天皇

天武天皇

御頚珠みくびたま』は首飾りの玉、『もゆらに』は玉が触れ合う、取りは接頭語で、『ゆらかす』は鳴らすってこと。つまり、『首飾りの玉を触れ合わせて鳴らして』という意味になる。

安万侶

安万侶

ふーん。
そしたら、汝命いましみことは??

天武天皇

天武天皇

『あなた』のこと。親愛と敬意を込めてそう呼んでいるんだ。

安万侶

安万侶

知らせ』は??

天武天皇

天武天皇

『知らす』は『治める』ってこと。ここでは『治めよ』と命じているんだ。

天武天皇

天武天皇

『周知させる』という意味の言葉を『治める』と同意語として使っているのが面白い。

安万侶

安万侶

ふーん。あんまり使わない言葉ですね。

天武天皇

天武天皇

そうだな。

安万侶

安万侶

「高天原はアマテラス様が統治してますからー!」って、みんなに共通認識を持ってもらう感じ?

天武天皇

天武天皇

んー、そうねーー。なんて表現するのがいいんだろ。現代の単語に置き換えるのが難しくて。
統治っちゃ、統治なんだけど ・ ・ ・

藤原不比等

藤原不比等

『シラス』の正確な意味は今となってはもうわからない。

安万侶

安万侶

む?そうなんだ。

藤原不比等

藤原不比等

だが、明治時代の政治家「井上毅」が、この『シラス』に着目し、「日本は天皇によって『支配』された国ではなく、『しら』された国だ」と主張し、『シラス国』が注目された。

藤原不比等

藤原不比等

そのため、明治の憲法草案段階では「シラス」が使用されていたが、一般的な用語ではなかったため、本文では「統治ス」に直されたそうだ。

藤原不比等

藤原不比等

拡大解釈のリスク回避もあるだろうがな。

安万侶

安万侶

えっとー。シラス国 ・ ・ ・ ??

天武天皇

天武天皇

日本はあくまで、国民おおみたから中心の国だから、天皇は『支配』しているんじゃなくて、みんなの『代表』なんですよって事を、『治ス』って言葉で表現しようとしたのね。

安万侶

安万侶

なるー。

天武天皇

天武天皇

ま、ぶっちゃけ、俺も『シラス』の正確な意味はわかんないけど、そう言ってもらえると嬉しいよな。

安万侶

安万侶

ふふっ。なんだか、イメージが柔らかくなりますもんね。

天武天皇

天武天皇

な。

安万侶

安万侶

あと、『御倉板挙之みくらたなの』って、首飾りに神様の名前が付いてるってことですか?

天武天皇

天武天皇

そう。ミクラタナは倉の棚の上に安置するって意味の神だ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

「おす」は治めること、あるいは広く行き渡らせるって意味。「夜の食国」ってことは、隅々まで月明かりに照らされた夜の世界ってイメージかな。

安万侶

安万侶

おー。さすが、月の神様。

天武天皇

天武天皇

ははっ。ツクヨミは一瞬しか出てこない割に人気があるよな。

安万侶

安万侶

まろもなんとなく好きです。

稗田阿礼

稗田阿礼

わかる。ツクヨミいいよな!

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ ・ ・ 中二臭。

天武天皇

天武天皇

昔は月の満ち欠けでこよみを計算していたことから、暦の神とも言われる。

安万侶

安万侶

ふーん。もっとツクヨミのお話が残ってればいいのに。

天武天皇

天武天皇

一応、アマテラスとツクヨミの神話も残っているけど、ここではカットだな。

安万侶

安万侶

えー。

天武天皇

天武天皇

気になるなら、このサイトにクソみたいなラノベ訳(別窓)が載っているから、のぞいてみるといい。

稗田阿礼

稗田阿礼

はぁ?
おい天武、人の訳をクソとはなんだ。失敬な!!

天武天皇

天武天皇

じゃ、続き行こうか。

安万侶

安万侶

あ、はーい。

稗田阿礼

稗田阿礼

また無視 ・ ・ ・ ・ ・ ・

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。