古事記の原文『スサノオとのアマテラスの誓約』

『スサノオとのアマテラスの誓約』の原文

ラノベ訳・スサノオとのアマテラスの誓約(1)

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

イザナギに追放されたスサノオは、姉のアマテラスに挨拶をするため高天原に昇った。

天武天皇

天武天皇

しかし、地震を起こしながら天に登ったスサノオは、アマテラスに反逆を疑われてしまう。

安万侶

安万侶

ふーん。移動するだけで地震が起きるなんて、ウルトラマンみたい。

天武天皇

天武天皇

ははっ、そうだな。スサノオは巨人説もあるくらいだから。

天武天皇

天武天皇

そこで、スサノオは『占い』で疑いを晴らそうとする。

安万侶

安万侶

む? ラッキーだったら無実みたいな???

天武天皇

天武天皇

そうね。そんな感じ。

安万侶

安万侶

大事なこと決めるのに、ものすごくアバウト ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

占いってのは、神の意思を聞くことだから。

安万侶

安万侶

ふふっ。神様も困ったら神頼みするんですね。

原文&読み下し文

アマテラス、スサノオ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故於是速須佐之男命言、然者請天照大御神将罷、乃参上天時、山川悉動、国土皆震。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、ここに速須佐之男命言ひしく、「然らば天照大御神に まを して まか らむ」といひて、すなはち あめ 参上 まゐのぼ る時、山川 ことごと とよ み、 国土 くにつち りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天照大御神聞驚而詔、我那勢命之上来由者、必不善心。欲奪我国耳。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天照大御神聞き驚きて詔りたまひしく、「 汝弟 なせ みこと のぼ ゆゑ は、必ず善き心ならじ。我が国を うば はむと おも ふにこそあれ」とのりたまひて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

即解御髪、纏御美豆羅而、乃於左右御美豆羅、亦於御鬘、亦於左右御手、各纏持八尺勾璁之五百津之美須麻流之珠而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはち御髪を解きて、 御角髪 みみづら きて、すなはち 左右 ひだりみぎ の御角髪にも、また御鬘にも、また左右の御手にも、 おのおの 八尺 やさか 勾璁 まがたま 五百箇 いほつ 御統 みすまる たま き持ちて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

曽毘良迩者、負千入之靭、比良迩者、附五百入之靭、亦所取佩伊都之竹鞆而、弓腹振立而、堅庭者、於向股踏那豆美、如沫雪蹶散而、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

伊都之男建踏建而待問、何故上来。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

稜威 いつ 男建踏 をたけびふ たけ びて待ち問ひたまひしく、「 何故 なにしかも のぼ り来つる」と、問ひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾速須佐之男命答白、僕者無邪心。唯大御神之命以、問賜僕之哭伊佐知流之事。故、白都良久、僕欲往妣国以哭。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに速須佐之男命、答へ まを ししく、「 きたな き心無し。ただ大御神の みこと もちて、 きいさちる事を問ひたまへり。 かれ まを しつらく『 はは の国に かむと おも ひて くなり』とまをしつ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾大御神詔、汝者不可在此国而、神夜良比夜良比賜。故、以為請将罷往之状参上耳。無異心。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに大御神詔りたまひしく、『 いまし はこの国に在るべからず』とのりたまひて、 神逐 かむや らひ逐らひたまへり。 かれ まか かむ さま まを さむと 以為 おも ひてこそ 参上 まゐのぼ りつれ。 異心 ことごころ 無し」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天照大御神詔、然者汝心之清明、何以知。於是速須佐之男命答白、各宇気比而生子。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天照大御神詔りたまひしく、「然らば いまし の心の清く あか きは いかに して知らむ」とのりたまひき。ここに速須佐之男命答へ白ししく、「各 うけて子生まむ」とまをしき。

『系図』イザナギ、イザナミ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

用語解説

安万侶

安万侶

むーん。このへん動詞も難しい ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

どこが分からない?

安万侶

安万侶

まおして」って、どーゆう意味ですか??

天武天皇

天武天皇

事情を話してってこと。

安万侶

安万侶

じゃあ、「まからむ」は??

天武天皇

天武天皇

基本的には朝廷とか貴人の意向を受けて、都から地方へ行くってことだな。左遷させんに近い意味合いもある。

安万侶

安万侶

むん。まろ、まからみたくない。

天武天皇

天武天皇

はっ、まずは親父に感謝するんだな。

安万侶

安万侶

むぅ。

天武天皇

天武天皇

ちなみに使うなら、『まからみたくない』じゃなくて、『まかりたくない』な。今でも、「まかり通る」って言葉の中に残ってるだろ?

安万侶

安万侶

あぁ! それなら、使います。

天武天皇

天武天皇

ただ、「まかる」は、「死ぬ」の謙譲語としても使われることから、これもまた「根の堅洲国」が「死者の国」なのか否かの論争の火種にされる単語だ。

安万侶

安万侶

ふーん。ここも沼深いんですね ・ ・ ・

稗田阿礼

稗田阿礼

あんまり深く考えるな、安万侶。程よくスルーするのが古事記読破の秘訣だから。

安万侶

安万侶

ふぁーい。

安万侶

安万侶

ところで、アマテラス様って女神様ですよね?

天武天皇

天武天皇

ああ、そうだよ。

安万侶

安万侶

なんで、みづらを結ってるんですか? みづらって男の髪型なのに。

天武天皇

天武天皇

うん ・ ・ ・ そうなの。このシーンのアマテラスが可愛すぎて ・ ・ ・ ・ ・

安万侶

安万侶

む?

天武天皇

天武天皇

これぞ、日本史における初の『男装』なのですよ、安万侶くん。

安万侶

安万侶

おぉー。さすが古事記。日本人の好きなポイントを押さえていらっしゃる。

天武天皇

天武天皇

だろだろ〜♡

藤原不比等

藤原不比等

つっても、天照大御神については、女神や男神の記述は特にないんだがな。

安万侶

安万侶

あ、そうなんですか?

天武天皇

天武天皇

別にそんな常識、書く必要なくない?

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ しかし、唐の陰陽思想に基づけば、陽は男性となります。

藤原不比等

藤原不比等

明確な表記無しでは男神説が付き纏いませんかね?

天武天皇

天武天皇

女の髪型を解いてみづらに結い直してるんだから、普通に読めばわかんだろ。

藤原不比等

藤原不比等

普通に読めば ・ ・ ・ ・ ですが。

天武天皇

天武天皇

全く。不比等くんは心配性だねぇ? 一体、誰に似たんだか。

藤原不比等

藤原不比等

・ ・ ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

大丈夫大丈夫。続き行こうか。

安万侶

安万侶

あっ、えっとー。

安万侶

安万侶

この「八尺やさか勾璁まがたま」って、三種の神器のやつですか??

天武天皇

天武天皇

あー。名前似てるもんな。三種の神器は八尺「」の勾玉ね。

安万侶

安万侶

あ、違うんだ。

天武天皇

天武天皇

うん。「」には美しいとか、綺麗とかいう意味と、赤って意味があるから。まぁ、この「八尺やさか勾璁まがたま」より更にレアなやつって認識でいいんでない?

安万侶

安万侶

ふーん。

稗田阿礼

稗田阿礼

それが今も残ってるって、かなり凄いことな気がするんだけど ・ ・ ・ ・

安万侶

安万侶

そしたら、「八尺やさか勾璁まがたま五百箇いほつ 御統みすまるたまき持ちて」ってどーゆう意味ですか??

天武天皇

天武天皇

この、「八尺」も「五百」も数字自体に意味はなくて、単に大きいとか多いことを表してるから、「大きな勾玉がたくさん連なったアクセサリーをまとわせて」って意味だな。

天武天皇

天武天皇

ただ、この『八尺』が「大きさ」を指しているのか、「長さ」を指しているのかはハッキリしていない。

安万侶

安万侶

八尺はっしゃくだったら、240cmくらい?

天武天皇

天武天皇

んー。そうね。つっても、2メートル以上のでっかい勾玉が500個も連なっているのは不自然だから、単純に「大きな」って訳すのか、「2mくらいの長さの」と解釈するのか、その辺はご自由にどうぞって感じかな。

安万侶

安万侶

ふーん。でも、そんなに重そうな勾玉の飾りをを、左右のみづらにも、かづらにも、両手にもつけるなんて、用心しすぎじゃないですか??

天武天皇

天武天皇

うん。そうなの。もぅ、この辺のアマテラスが可愛すぎて ・ ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

おじさん、この子の血が自分の中にも流れてるって考えるだけで、塩なしでご飯5杯はいける。

稗田阿礼

稗田阿礼

天武って、思ってた以上に重症だったんだな ・ ・ ・

安万侶

安万侶

ふふっ! じゃー、「そびら」は??

天武天皇

天武天皇

背中のことね。

天武天皇

天武天皇

千本も矢が入るうつぼのこと。

安万侶

安万侶

む? ウツボ?? 魚???

天武天皇

天武天皇

いやいや。うつぼは、矢を入れる細長い箱形の武具のことだよ。

天武天皇

天武天皇

魚のウツボの語源とも言われている。細長くて筒状なのが似てるだろ?

安万侶

安万侶

あー。確かに ・ ・ ・ ・ 若干。

安万侶

安万侶

そしたら、「ひら」は??

天武天皇

天武天皇

脇腹あたりのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

「いつ」は「威勢がいい」とか「神聖」ってこと。「とも」は、左腕に巻く丸っこい革製の武具のこと。弓を射るとき弦の反動で腕を打たないようにするんだよ。

安万侶

安万侶

む? でも、竹鞆たかともってことは、竹で作ったともってこと??

天武天皇

天武天皇

んー。まぁ、竹製の鞆である可能性も捨てきれないけど、基本的には「竹」の字が当てられているのは「タカ」という音のみで、意味としては「高」だと考えられている。高くていい音の鳴るともって意味だな。

安万侶

安万侶

ふーん。なんだか、値段も高そう ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

ははっ。武具はいいやつを揃えようとするとね ・ ・ ・ どーしても、それなりにかかっちゃうんですよ ・ ・ ・

藤原不比等

藤原不比等

新品の購入には、奥様のご理解が必要ですね。

天武天皇

天武天皇

言わないで。

安万侶

安万侶

あとー、弓腹ゆはらは?

天武天皇

天武天皇

弓の両端にある弦をかける部分のことだよ。

安万侶

安万侶

ふーん。でも、こんなに武装したら、アマテラス様が見えなくなっちゃいそう。

天武天皇

天武天皇

はっ! まるで、ランンドセルに背負われた小学一年生だよな。

安万侶

安万侶

ふふっ、そんなことないですよ。かっこいいです!

天武天皇

天武天皇

まろちゃん、いい子 ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

堅い地面に股までめり込むかのように踏み入れてって意味。

天武天皇

天武天皇

堅庭かたにわを、まるで柔らかい雪のように蹴散らして。

安万侶

安万侶

なんだ。アマテラス様、力持ちだったんじゃないですか!

天武天皇

天武天皇

単に武具の重みで埋もれただけじゃない?

安万侶

安万侶

ふふっ。でも、太陽の神様ですもん。女性でもきっと強い神様だったんですよ。

天武天皇

天武天皇

そうかね?

安万侶

安万侶

ですです!

天武天皇

天武天皇

そう。 ・ ・ ・ 君みたいな子に神話を編纂へんさんしてもらったら、アマテラスも喜ぶだろうね。

安万侶

安万侶

むぅ。それは、畏れ多いです ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

ははっ、あとは?

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

「いつ」はさっきと同じで「威勢良く」だから、「地面をしっかり踏みしめ、威勢よく雄々しい叫び声を上げて」って意味になる。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

反逆心や邪心のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

下心とか、悪意、騙そうとする心って意味。

安万侶

安万侶

うけひ」は??

天武天皇

天武天皇

誓約うけい」をしてってこと。どちらが正しいのかを、占いで判断することを「誓約」って言うんだよ。

安万侶

安万侶

ふーん。こんなに大ごとになってるのに、やっぱりアバウト。

天武天皇

天武天皇

つっても、神の行う占いだからな。結果は百発百中だ。

安万侶

安万侶

じゃあ、誓約うけいって、どうしたら、どっちが正しいことになるんですか??

天武天皇

天武天皇

ははっ、それを事前に決めて占うのが誓約うけいなんだけどなー。

天武天皇

天武天皇

その事前のルール決めをスッカリ忘れて占っちゃうのが、この神話のミソなんですよ。

安万侶

安万侶

え? 大丈夫だったんですか??

天武天皇

天武天皇

さぁ〜、どうでしょぉぉ〜〜??

安万侶

安万侶

えー! 気になるーー!!!

稗田阿礼

稗田阿礼

・ ・ ・ 大丈夫だったら、こんなに引っ張らないだろ。

安万侶

安万侶

えぇっ!? 大丈夫じゃなかったんですか??

天武天皇

天武天皇

コラ! 阿礼ちゃん、ネタバレ禁止っ!!! 勅命ちょくめいっっ!!!!

稗田阿礼

稗田阿礼

へーい。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。