古事記の原文『オモヒカネの作戦会議』

『オモヒカネの作戦会議』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

引きこもったアマテラスを岩屋戸から出すために集まった八百万の神々は、オモヒカネにゆだねる。オモヒカネは神々に、鏡を作らせるなどの準備を命じる。

安万侶

安万侶

八百万の神々!神話って感じしますね!!

天武天皇

天武天皇

だな。ただオレは、昔氏族たちが協議して、まつりごとを決めていたのを連想しちゃうね。

安万侶

安万侶

さすが陛下 ・ ・ ・

原文&読み下し文

タヂカラオ、アメノコヤネ、フトダマ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾高天原皆暗、葦原中国悉闇。因此而常夜往。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに高天たかまの原皆くらく、葦原中国あしはらのなかつくに悉にくらし。これによりて常夜とこよきき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是万神之声者、狭蠅那須満、万妖悉発。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここによろづの神のこゑは、さばへなす満ち、よろづわざはひ悉におこりき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以八百万神、於天安之河原、神集集而、高御産巣日神之子、思金神令思而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて八百万やほよろづの神、あめやす河原かはら神集かむつどつどひて、高御産巣日たかみむすひの神の子、思金おもひかねの神に思はしめて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

集常世長鳴鳥、令鳴而、取天安河之河上之天堅石、取天金山之鉄而、求鍛人天津麻羅而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

常世とこよ長鳴鳥ながなきどりを集めて鳴かしめて、あめやすかは河上かはかみあめ堅石かたしはを取り、天の金山かなやままがねを取りて、鍛人天津麻羅かぬちあまつまらぎて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

科伊斯許理度売命、令作鏡。科玉祖命、令作八尺勾璁之五百津之御須麻流之珠而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

伊斯許理度売いしこりどめの命におほせて鏡を作らしめ、玉祖たまのおやの命に科せて、八尺やさか勾璁まがたま五百箇いほつ御統みすまるの珠を作らしめて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

召天児屋命、布刀玉命而、内抜天香山之真男鹿之肩抜而、取天香山之天之波波迦而、令占合麻迦那波而、天香山之五百津真賢木矣、根許士爾許士而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天児屋あめのこやねの命、布刀玉ふとだまの命をして、あめ香山かぐやま真男鹿まをしかかた内抜うちぬきに抜きて、天の香山の天の朱桜ははかを取りて、占合うらなひまかなはしめて、天の香山の五百箇いほつ真賢木まさかきこじにこじて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於上枝、取著八尺勾璁之五百津之御須麻流之玉、於中枝、取繋八尺鏡、於下枝、取垂白丹寸手、青丹寸手而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

上枝ほつえに八尺の勾璁の五百箇の御統の玉を取り著け、中枝なかつえ八尺鏡やたかがみを取りけ、下枝しづえ白和幣しらにきて青和幣あをにきてを取りでて、

『系図』高天原の八百万の神々:タカミムスビ、オモヒカネ、アメノウズメ、アメノコヤネ、フトダマ、タヂカラオ、イザナギ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

用語解説

安万侶

安万侶

常夜とこよききって??

天武天皇

天武天皇

ずーっと夜が続いたってこと。昼がないわけだな。

安万侶

安万侶

アマテラスが岩戸に隠れたから?

天武天皇

天武天皇

そういうこと。太陽が隠れたら真っ暗になるよな。

安万侶

安万侶

たくさんの神様が色んなことしてますね。

天武天皇

天武天皇

んじゃあ、軽く紹介するか。
オモヒカネは知恵の神だから、超頭がいい。
イシコリドメは鏡づくりが得意。
タマノヤは勾玉づくりの名人。
アメノコヤネは神事を司っていて、祝詞のりとを唱えるのが上手い。
フトダマも祭祀を任されている。

安万侶

安万侶

常世とこよ長鳴鳥ながなきどりは??

天武天皇

天武天皇

常世の国から来たニワトリのこと。

安万侶

安万侶

堅石かたしわは??

天武天皇

天武天皇

そのまんま硬い石な。今から鉄を鍛えるから、作業台にしたいのね。

安万侶

安万侶

かた内抜うちぬきに抜きてって??

天武天皇

天武天皇

肩の骨を丸ごと抜き取ってってことだな。太占ふとまにに使う骨を用意しているんだ。

安万侶

安万侶

ははかって??

天武天皇

天武天皇

桜の一種よ。

安万侶

安万侶

占合うらなひまかなはしめてって??

天武天皇

天武天皇

占いを行わせてってこと。

安万侶

安万侶

五百津いおつ真賢木まさかきこじにこじてって??

天武天皇

天武天皇

枝葉の茂ったさかきを根っこから掘り取ってって意味ね。

安万侶

安万侶

八尺鏡やたかがみは??

天武天皇

天武天皇

大きな鏡ってとこかな。

安万侶

安万侶

しらにきてとあおにきては??

天武天皇

天武天皇

それぞれカジノキと麻でできた布。神社とかでギザギザの白い紙を見たことないか?ぬさっていうんだけど。

安万侶

安万侶

見たことあります!あのファサ~ってなってるやつですね。

天武天皇

天武天皇

そうそれ。昔は布で作ってたんだ。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。