古事記の原文『天岩屋戸』

『天岩屋戸』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

アメノウズメが躍り、神々は大いに笑う。鏡に映る自分の姿を、別の太陽神と見間違えたアマテラスは、遂に岩屋戸から引っ張り出される。世界に光が戻る。

安万侶

安万侶

鏡に映ってるのが自分だって、気づかないのかな?

天武天皇

天武天皇

昔の鏡は、今みたくハッキリクッキリ映らねえからな。

天武天皇

天武天皇

ってか太陽神なんだから、眩しくてまともに見らんねーわな。

安万侶

安万侶

言われてみれば ・ ・ ・

原文&読み下し文

アマテラス、オモヒカネ、アメノウズメ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此種種物者、布刀玉命、布刀御幣登取持而、天児屋命、布刀詔戸言祷白而、天手力男神、隠立戸掖而、天宇受売命、手次繋天香山之天之日影而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

この 種種 くさぐさ の物は、布刀玉命、 太御幣 ふとみてぐら と取り持ちて、天児屋命、 太詔戸 ふとのりと 言祷 ことほ まを して、 天手力男 あめのたぢからをの 神、戸の わき かく り立ちて、 天宇受売 あめのうずめの 命、天の香山の天の 日影 ひかげ 手次 たすき けて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

為鬘天之真拆而、手草結天香山之小竹葉而、於天之石屋戸伏汚気踏登杼呂許志、為神懸而、掛出胸乳、裳緒忍垂於番登也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天の 真拆 まさき かづら として、天の香山の 小竹葉 ささば 手草 たぐさ ひて、天の 石屋戸 いはやと うけ せて とどろ こし、 神懸 かむがか りして、 胸乳 むなち をかき 裳緒 もひも ほと れき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾高天原動而、八百万神共咲。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに高天の原 とよ みて、八百万の神 とも わら ひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天照大御神、以為怪、細開天石屋戸而、内告者、因吾隠坐而、以為天原自闇、亦葦原中国皆闇矣、何由以、天宇受売者為楽、亦八百万神諸咲。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天照大御神、怪しと 以為 おも ほして、天の石屋戸を細めに開きて、内より りたまひしく、「 こも りますによりて、天の原 おのづか くら く、また 葦原中国 あしはらのなかつくに も皆闇けむと 以為 おも ふを、 何由 なにのゆゑ にか、 天宇受売 あめのうずめ あそび をし、また 八百万 やほよろづ の神も もろもろ わら へる」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天宇受売白言、益汝命而貴神坐。故、歓喜咲楽。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天宇受売 まを ししく、「 汝命 いましみこと して貴き神 いま す。 かれ 歓喜 よろこ わら あそ ぶぞ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此言之間、天児屋命、布刀玉命、指出其鏡、示奉天照大御神之時、天照大御神、逾思奇而、稍自戸出而、臨坐之時、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく まを す間に、天児屋命、布刀玉命、その鏡を いだ して、天照大御神に まつ る時、天照大御神、いよいよ あや しと思ほして、 やや 戸より出でて のぞ みます時に、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

其所隠立之天手力男神、取其御手引出、即布刀玉命、以尻久米縄、控度其御後方白言、従此以内、不得還入。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

その かく り立てりし天手力男神、その 御手 みて を取りて引き いだ す即ち、布刀玉命、 しり くめ なは をその 御後方 みしりへ わた して まを ししく、「これより内にな かへ り入りそ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、天照大御神出坐之時、高天原及葦原中国、自得照明。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、天照大御神出でましし時、高天の原も葦原中国も、 おのづか あか りき。

用語解説

安万侶

安万侶

ふと御幣みてぐらって??

天武天皇

天武天皇

「ふと」は立派なとか尊いとかって意味。御幣は神へのささげ物。

安万侶

安万侶

ふと詔戸のりと言祷ことほきって??

天武天皇

天武天皇

「ふと」はさっきと同じな。祝詞のりとで祝福してってこと。

安万侶

安万侶

さらに神様が出てきた。

天武天皇

天武天皇

アメノタヂカラオは腕っぷしが強い。
アメノウズメは、名前の意味はよくわからないんだけど、芸能の神として知られているな。

安万侶

安万侶

日影は??

天武天皇

天武天皇

ヒカゲノカズラの略。シダ類の草で、茎がつる状になってるから、たすき掛けもできるわけ。

安万侶

安万侶

真拆まさきかづらとしてって??

天武天皇

天武天皇

真拆はつる草の一種だから、それを髪飾りにしてってことね。

安万侶

安万侶

手草たぐさひてって??

天武天皇

天武天皇

手に持つために結び束ねてってこと。

安万侶

安万侶

うけせてって??

天武天皇

天武天皇

桶を伏せてってことな。上に乗れば、小さなステージになるだろ。

安万侶

安万侶

神懸かむがかりは??

天武天皇

天武天皇

神が人に乗り移ったような状態。

安万侶

安万侶

あそびは??

天武天皇

天武天皇

歌舞のことよ。

安万侶

安万侶

ややって??

天武天皇

天武天皇

少しずつってこと。

安万侶

安万侶

尻くめ縄は??

天武天皇

天武天皇

今のシメ縄と同じよ。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。