古事記の原文『根堅洲国』

『根堅洲国』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

根の堅洲国に着いたオオナムチは、スサノオの娘スセリビメと出会う。スサノオはオオナムチを蛇の部屋で寝かせる。オオナムチはヒレで蛇を静める。

安万侶

安万侶

助けを求めて行ったのに、いきなり試練 ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

試練はまだ始まったばかりだけどな。

原文&読み下し文

オオナムチ、スセリビメ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、随詔命而、参到須佐之男命之御所者、其女須勢理比売出見、為目合而、相婚、還入、白其父言、甚麗神来。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ 、詔りたまひし みこと まにま に、須佐之男命の 御所 みもと 参到 まゐいた れば、その むすめ 須勢理比売 すせりびめ 出で見て、 目合 まぐはひ して、 相婚 ひたまひて、還り入りて、その父に まを ししく、「 いと 麗しき神 ましつ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾其大神出見而、告此者謂之葦原色許男、即喚入而、令寝其蛇室。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその大神出で見て、「こは 葦原色許男 あしはらしこを と謂ふぞ」と りたまひて、すなはち び入れて、その へみ むろや に寝しめたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是其妻須勢理比売命、以蛇比礼授其夫云、其蛇将咋、以此比礼三挙打撥。故、如教者、蛇自静。故、平寝出之。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその つま 須勢理比売命、蛇の 領巾 ひれ をその ひこぢ に授けて りたまひしく、「その蛇 はむとせば、この領巾を三たび りて打ち はら ひたまへ」とのりたまひき。 かれ 、教への ごと せしかば、蛇自ら静まりき。 かれ やす て出でたまひき。

用語解説

安万侶

安万侶

領巾ひれは??

天武天皇

天武天皇

首から肩にかける布だな。呪力があると考えられていたから、魔除けに使われていたのね。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。