古事記の原文『スサノオの試練』

『スサノオの試練』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

スサノオの試練が続く。野に放たれた矢を取りに行かされたオオナムチは、周りを火に囲まれる。オオナムチはネズミの助けを借りて、ピンチを脱する。

安万侶

安万侶

ネズミが助けてくれるんですか?

天武天皇

天武天皇

そこはファンタジーだから。

天武天皇

天武天皇

ただ、蛇や蜂やムカデ、それにネズミも、根の国 ・ ・ ・ 地下に住んでいると考えられていたってことだろうな。

原文&読み下し文

オオナムチ、スサノオ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦来日夜者、入呉公与蜂室、且授呉公蜂之比礼、教如先。故、平出之。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また来る日の夜は、 呉公 むかで と蜂との室に入れたまひしを、また 呉公蜂 むかではち の領巾を授けて、 さき ごと 教へたまひき。 かれ やす く出でたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦鳴鏑射入大野之中、令採其矢。故、入其野時、即以火廻焼其野。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 鳴鏑 なりかぶら を大野の中に射入れて、その矢を採らしめたまひき。 かれ 、その野に入りし時、すなはち火をもちてその野を もとほ 焼きき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是不知所出之間、鼠来云、内者富良富良、外者須夫須夫。如此言故、踏其処者、落隠入之間、火者焼過。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに出でむ所を知らざる間に、鼠来て云ひけらく、「内はほらほら、 はすぶすぶ」といひき。かく言へる故に、 其処 そこ を踏みしかば、落ちて かく り入りし間に火は焼け過ぎき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾其鼠、咋持其鳴鏑出来而奉也。其矢羽者、其鼠子等皆喫也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその鼠、その鳴鏑を ひ持ちて、出で来て奉りき。その矢の羽は、その鼠の ども ひつ。

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

鏑矢のこと。矢の先に付いている鏑は中が空洞で穴が空いているから、射ると高い音が鳴るんだ。

安万侶

安万侶

もとほって??

天武天皇

天武天皇

巡らしてってこと。

天武天皇

天武天皇

内部はがらんとして広く、外部はすぼまって狭いってとこかな。

天武天皇

天武天皇

ネズミたちの住んでいる穴が、入口は狭いけど中は広いって教えてくれてるんだろう。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。