古事記の原文『最後の試練』

『最後の試練』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

生きて戻ったオオナムチに、スサノオはさらなる試練を与える。オオナムチはスセリビメの機転で試練を切り抜ける。

安万侶

安万侶

オオナムチ様、何ひとつ自分で解決してなくないですか?

天武天皇

天武天皇

まあな。

天武天皇

天武天皇

だけど、周りを味方につけることができる、不思議な魅力を持っていたんだろうよ。

原文&読み下し文

オオナムチ、スサノオ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是其妻須世理比売者、持喪具而哭来、其父大神者、思已死訖、出立其野。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその妻須世理比売は、 喪具 はふりつもの を持ちて、哭きて 、その父の大神は、 すで みまか りぬと思ひてその野に出で立ちたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾持其矢以奉之時、率入家而、喚入八田間大室而、令取其頭之虱。故爾見其頭者、呉公多在。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその矢を持ちて奉りし時、家に率て入りて、 八田間 やたま 大室 おほむろや び入れて、その かしら しらみ を取らしめたまひき。 かれ ここにその頭を見れば、 呉公 むかで さは なりき

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是其妻、取牟久木実与赤土、授其夫。故、咋破其木実、含赤土唾出者、其大神、以為咋破呉公唾出而、於心思愛而寝。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその妻、 むく の木の実と 赤土 はに とを取りて、その ひこぢ に授けつ。 かれ 、その木の実を ひ破り、 赤土 はに ふふ みて つば いだ したまへば、その大神、呉公を咋ひ破りて唾き出すと 以為 おも ほして、心に しく思ひて寝ましき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾握其神之髪、其室毎椽結著而、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその神の髪を りて、その室の たりき ごと けて、

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

葬式の道具のことよ。

天武天皇

天武天皇

広くて大きな部屋ってこと。ここの「八」も数字に意味はないわけね。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

たくさんいたってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

し」はいとおしいとかかわいいって意味。甲斐甲斐しくシラミ取りをしてくれるので、かわいいやつめと思った、ってとこかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

垂木たるきのことだな。屋根板を支えるために、棟から軒にかけ渡す長い木材よ。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。