古事記の原文『アマテラスの命令』
+『ホヒの派遣』

『アマテラスの命令』の原文
『ホヒの派遣』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

アマテラスが、葦原中国は子のアメノオシホミミが治めるべきと言う。オシホミミは葦原中国は騒がしいとして天に帰る。八百万の神々は相談して、アメノホヒを派遣する。ホヒはオオクニヌシに従い戻らない。

安万侶

安万侶

オオクニヌシ様たちが国造りをしているのに、アマテラス様はどうしてそんなことを言い出したんですか?

天武天皇

天武天皇

ん~、ここがまさに諸説紛々ってやつなんだな。後の話と合わせて、自分なりに考えてごらん。

安万侶

安万侶

はーい。

原文&読み下し文

アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カムムスビ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天照大御神之命以、豊葦原之千秋長五百秋之水穂国者、我御子正勝吾勝勝速日天忍穂耳命之所知国、言因賜而、天降也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天照大御神の みこと もちて、「 豊葦原 とよあしはら 千秋長五百秋 ちあきのながいほあき 水穂 みづほの は、我が御子、 正勝吾勝勝速日天忍穂耳 まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみの 命の知らす国ぞ」と こと よさしたまひて、 天降 あまくだ したまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天忍穂耳命、於天浮橋多多志而詔之、豊葦原之千秋長五百秋之水穂国者、伊多久佐夜芸弖有那理、告而、更還上、請于天照大神。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天忍穂耳命、 あめ 浮橋 うきはし に立たして りたまひしく、「豊葦原の千秋長五百秋の水穂国はいたく さや ぎてありなり」と りたまひて、更に還り のぼ りて、天照大神に まを したまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾高御産巣日神、天照大御神之命以、於天安河之河原、神集八百万神集而、思金神令思而詔、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 高御産巣日 たかみむすひの 神、天照大御神の みこと もちて、天の安の河の 河原 かはら に、 八百万 やほよろづ の神を 神集 かむつど へに つど へて、 思金 おもひかねの 神に思はしめて詔りたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此葦原中国者、我御子之所知国、言依所賜之国也。故、以為於此国道速振荒振国神等之多在。是使何神而、将言趣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

「この葦原中国は、我が御子の知らす国と 言依 ことよ さしたまへりし国なり。 かれ 、この国に 道速振 ちはやぶ 荒振 あらぶ る国つ神 ども さは なりと 以為 おも ほす。これ いづ れの神を 使 つか はしてか 言趣 ことむ けむ」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾思金神及八百万神、議白之、天菩比神、是可遣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに思金神また八百万の神、 はか りて まを ししく、「 天菩比 あめのほひの 神、これ遣はすべし」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、遣天菩比神者、乃媚附大国主神、至于三年、不復奏。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、天菩比神を遣はしつれば、すなはち大国主神に び附きて 三年 みとせ に至るまで 復奏 かへりごとまを さざりき

用語解説

天武天皇

天武天皇

豊かにアシが生い茂っている野原で、限りなく長い年月の間、瑞々しい稲穂の実る国って意味。日本のことな。

安万侶

安万侶

知らすって??

天武天皇

天武天皇

お治めになるってこと。

天武天皇

天武天皇

ひどく騒いでいるそうだってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

勢いが凄まじいってこと。

天武天皇

天武天皇

『神』にかかる枕詞としても使われる。こっちのほうが馴染みがあるんじゃないか。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

説得して服従させようかってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

機嫌を取り従ってってこと。

天武天皇

天武天皇

報告しに帰ってこなかったってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。