古事記の原文『ワカヒコの派遣』

『ワカヒコの派遣』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

タカミムスヒとアマテラスはオモヒカネに相談し、報告に戻らないアメノホヒの次に、アメノワカヒコを派遣する。ワカヒコはオオクニヌシの娘シタテルヒメと結婚し、8年経っても報告しない。

安万侶

安万侶

アメノワカヒコも戻ってこないんですか?

天武天皇

天武天皇

ああ。美人と一緒になったら戻りたくなくなるだろ。

原文&読み下し文

アマテラス、オモヒカネ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以高御産巣日神、天照大御神、亦問諸神等、所遣葦原中国之天菩比神、久不復奏。亦使何神之吉。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて高御産巣日神、天照大御神、また もろもろ 神等 かみたち に問ひたまひしく、「葦原中国に遣はせる 天菩比 あめのほひの 神、久しく 復奏 かへりごとまを さず。また いづ れの神を使はさば けむ」ととひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾思金神答白、可遣天津国玉神之子、天若日子。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに思金神、答へ白ししく、「 天津国玉 あまつくにたまの の子、 天若日子 あめのわかひこ を遣はすべし」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故爾以天之麻迦古弓、天之波波矢、賜天若日子而遣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かれ ここに 天之麻迦古弓 あめのまかこゆみ 天之波波矢 あめのははや を天若日子に賜ひて遣はしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天若日子、降到其国、即娶大国主神之女、下照比売、亦慮獲其国、至于八年、不復奏。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここの天若日子、その国に降り到る即ち、大国主神の むすめ 下照比売 したてるひめ めと し、またその国を むと おもひはか りて、 八年 はとせ に至るまで復奏さざりき。

用語解説

天武天皇

天武天皇

天の国の霊魂ってこと。

天武天皇

天武天皇

オオクニヌシの別名の宇都志国玉うつしくにだまの神は、この世の国の霊魂って意味だったよな。オオクニヌシたち地上の系譜に対しているのよ。

天武天皇

天武天皇

鹿などを射る大きな弓のこと。

天武天皇

天武天皇

はっきりしないんだが、羽の付いた大きな矢ってとこかな。

天武天皇

天武天皇

『はは』は蛇って意味ともとれるから、大蛇のように強い矢かもしれないな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。