日本神話『クシナダヒメ』

スサノオ、オオゲツヒメ

農業の起源きげん

天照大神アマテラスが戻り、再び平和になった高天原たかまがはら だったが、 八百万やおよろずの神々は、そもそも事の発端となった、須佐之男スサノオに3つの罰を下すことを決めた。

まずは、彼の所有する品々を高天原たかまがはらに全て献上させた。今でいう罰金だ。

次に、ヒゲを剃り、爪をすべて剥がした。また生えてくるものを無くすことは、心を入れ替えるという意味があった。

そして最後に、高天原たかまがはらから追放ついほうした。

 

・・・こうして文無しになった須佐之男スサノオ葦原の中つ国あしわらのなかつくに に降りることになった。

 

『あぁ、やっちまった ・ ・ ・ 。』

 

イタズラ好きのガキ大将のような性格だった須佐之男スサノオは、あの事件を期に猛反省し、落ち着きを見せはじめていた。

 

『つーか、腹減った。』

 

そういえば、天照大神アマテラスが引き蘢ってしまった事件から、罪悪感もあって、ろくなご飯も食べていない。空腹に限界を感じた須佐之男スサノオは、トボトボとオオゲツヒメのところへ向かった。

オオゲツヒメは食物の神だ。彼女なら何か食べ物を譲ってくれるだろうと考えたのだ。

そして神殿に着くと、彼女は快く迎えてくれた。

 

「あんらぁ~♡スサノオ様でらっしゃいますね?わらわの神殿に向かっていると風の噂で聞いたものですから ・ ・ ・ お待ちしておりましたのぉ♡♡♡」

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ なんか、気色悪いけど ・ ・ ・ ・ ・ でも、いい人そうだ。

 

須佐之男スサノオが「食べ物を譲って欲しい」と頼むと、オオゲツヒメは「よろこんで!」と言って、次々においしいご馳走を振る舞ってくれた。

 

「まだまだたくさん出ますからぁ〜♡いま、おかわりをお持ちしますわねん♡♡♡」

 

食いっぷりの良い須佐之男スサノオを気に入ったのか、オオゲツヒメは上機嫌で台所に向かった。

 

『はぁ ・ ・ ・ ぶっちゃけ最初は、なんか、気色悪ぃ女だなぁ。なんて思っちまったけど ・ ・ ・ ・ ・ めっちゃイイヤツじゃねぇかっっ!!!!

 

自分のせいとは言え、高天原たかまがはらを追い出され、若干、人間不信になっていた須佐之男スサノオは、オオゲツヒメに、心から感謝をした。

 

「つーか、食ってばっかってのも、なんか悪りぃな ・ ・ ・ ・ 礼でもしに行くか。」

 

須佐之男スサノオは席を立ち、オオゲツヒメのいる台所に向かった。

 

 

そして廊下を進んでいると、どこからか、嗚咽のような声が聞こえて来た。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ん??誰か泣いてんのか???」

 

『うっっっうっっっっ ・ ・ ・ ・ ・ うおぇぇぇぇぇぇぇぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 』

 

ビチャビチャビチャ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

「っっっ!?いや、誰か吐いてんのかっっっ!?!?」

 

廊下の先に、のれんが見える。

 

きっとあそこが台所だ。

 

『うおぇぇぇぇぇぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 』

 

ビチャビチャビチャ ・ ・ ・ ・ ・

 

のれんの奥で、誰かが吐いている姿が見えた。

 

しかし、不思議なことに、ゲロリンチョではなく、魚やら、野菜やらがボトボトと落ちてゆく。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ??」

 

誰かが吐く音が止んだ。

 

須佐之男スサノオは恐る恐る、のれんの中の台所を覗き込む。

 

するとそこには、まな板を敷き、ケツを向け ・ ・ ・ ・ ・

 

ウンチング体勢で踏ん張っているオオゲツヒメの姿があった。

 

「ふぬぬぬぬ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

ぷりぷりぷりぷりぷりぷり♡

 

須佐之男スサノオは、オオゲツヒメのケツの穴から米がモリモリと出てくる現場を目撃してしまった。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ う”っ。

 

「はっ!!」

 

オオゲツヒメが振り返る。

 

「あら、やだぁ〜〜ん♡スサノオさまったら、えっちぃぃ〜〜♡♡♡
いまから、こちらも調理してお持ちしますからねん♡お席でお待ちくださいなっっ♡♡♡」

 

オオゲツヒメが須佐之男スサノオに向かって恥ずかしそうに笑顔を向けた瞬間。

 

彼の中で何かが『ブチン』とキレた。

 

 

「っって、ソレ、食っちまったじゃねぇかああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!」

 

 

ザクッ!!!

 

 

「ギャァァァ!!!!!」

 

 

須佐之男スサノオは半泣きでオオゲツヒメを斬りつけた。そして、怒り狂い、その場彼女をバラバラに切り刻んでしまった。

 

「ヒドイっっ!!!酷すぎるっっ!!!俺を侮辱するにも程があるっっっ!!あぁ ・ ・ ・ ・ 食っちまったじゃんか ・ ・ ・ ・ ・ あれっ ・ ・ ・ アレ ・ ・ ・ おれ ・ ・ ・ 食っちまったじゃねーかよ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

須佐之男スサノオは、もう取り返しのつかないこの絶望的な現状に泣きそうになりながら、トボトボとその場を立ち去った。

 

しかし、オオゲツヒメにとってこれは最高の"おもてなし"のつもりだった。

 

この喜劇とも悲劇とも何とも言えない事件を高天原たかまがはらから見ていたカムムスビは、そっとオオゲツヒメの遺体を天に上げ、フウッと息をかけた。すると彼女の身体は細かくパラパラと散り、食物の種に変わった。 カムムスビが、その種を葦原の中つ国あしわらのなかつくにに蒔くと、土地は潤い食物がどんどん実っていった。

 

結果的にはこの事件のお陰で、人々の間に農業が広まることとなった。

 

クシナダヒメ

クシナダヒメとの出会い

そんなことはつゆ知らず。須佐之男スサノオ葦原の中つ国あしわらのなかつくにを迷い彷徨い、挙句の果てに辿り着いたのは出雲いずもの国、斐伊川ひいかわのほとりだった。

『あ"ぁ ・ ・ ・ ・ ・ あの事件以来、ここ何日も人に会ってねぇ。お陰様であの映像がエンドレスリピートだ ・ ・ ・ いいかげん頭がおかしくなりそう ・ ・ ・ ・ ・ つぅか腹減った。そろそろ餓死するんじゃねぇか?俺。』

夕暮れになり歩き疲れた須佐之男スサノオは、誰もいない川辺であぐらをかいてボーッと川を眺めた。

 

『ネェちゃん ・ ・ みんな ・ ・ ・ 迷惑かけちまったな ・ ・ ・ ・ ・ あぁ ・ ・ ・ ・ ・ あぁ ・ ・ ・ ・ ・ 』

 

んがあぁーーっ!!考えても無駄だぁー!!! ・ ・ ・ ・ ・ なんか人恋しいなぁ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ぐすっ ・ ・ ・ いや、泣かねぇけど。」

 

須佐之男スサノオが体育座りに体制を変え、引き続き川をボーッと眺めていると、上流から何かが流れてくるのが見えた。よく見るとそれは箸だった。『つーことは、上流に行けば人が住んでるってことか!?』須佐之男スサノオは、川から流れて来た箸に一筋の希望を託し、上流へ上流へと歩いた。

気がつけばもう、日はとっくに沈んでいた。『もう、民家を見つけても、寝ちまってるよなぁ。』なんて考えながら歩いていると、誰かがすすり泣く声が聞こえて来た。

 

「なんだ?あっちからか? ・ ・ ・ ・ ・ おぉっ!明かりが見える!家だっ!!!

 

そこにはこじんまりとしていながらも、立派な造りの家があった。周りにもいくつかの小さな家が見える。ってことは、きっと村長か誰かの家だろう。須佐之男スサノオは早速その家を覗き込んだ。まぁ、平たく言えば不法侵入だ。

するとそこには若い娘を囲んで、老夫婦がすすり泣いていた。須佐之男スサノオにも暗い空気なのはわかったが、久しぶりに会った人間がうれし過ぎて、つい声をかけてしまう。

 

「なぁ、何かあったのか?」

 

「へっ!?あ、あなた様は??」

 

老父は突然の客人に驚き、後ずさった。

 

「あぁ、悪りぃ。泣き声が聞こえたもんだから、気になって覗いちまった。
 えっと ・ ・ ・ ・ ・ 俺はスサノオだ。」

 

「スサノオって ・ ・ ・ ・ 須佐之男命?あの天照大御神の弟の???

 

「あぁ。」

 

それは失礼しました!!私は国つ神くにつかみのアシナヅチと申します。こちらが妻のテナヅチ ・ ・ ・ ・ 」

 

話によると、彼はどうやらここらの土地神らしい。ちなみに、国つ神くにつかみとは、地上出身の神の事だ。イザナギや天照大神アマテラスは天界出身なので天つ神あまつかみと呼ばれている。須佐之男スサノオに関しては、元々天つ神だったのだが、イザナギに身分を剥奪はくだつされてしまったので、今は国つ神ってことになる。

 

「そして、こちらが娘のクシナダヒメでございます。」

 

須佐之男スサノオはクシナダヒメと目が合うと心臓を砲弾で撃ち抜かれたかのような衝撃を受けた。いや、別に敵の襲撃を受けたわけではない。単純に一目惚れしたのだ。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ クシナダヒメ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「始めまして。」

 

「お ・ ・ ・ おぅ ・ ・ ・ ・ えっと。あぁ、それで、なんでお前ら泣いてたんだっけか?」

 

父親のアシナヅチは何かに怯えるように、肩をすくめながら語り出した。

 

「えぇ ・ ・ ・ ・ 私達家族は、8人の娘と幸せに暮らしておりました。親バカですが、皆、美しく心の優しい娘たちで ・ ・ ・ ・ しかしある日、古史郷に八岐大蛇が住み出すとその生活は崩れ去りました。

八岐大蛇は村人全員の命と引き換えに、娘を生贄に捧げるよう要求してきたのです。それからというもの毎年1人づつ娘が奪われ・・・・・」

 

「ヤマタノオロチ?なんじゃそりゃ。」

 

八岐大蛇は、谷8つ分もの大きさがある巨大な蛇の怪物です。目は赤く鬼灯のようにギラギラと光り、ひとつの体に頭が8つあります。尾も8つついている。あまりの大きさで、体には苔と木が繁っていて、腹には誰のものともわからない血がべっとりと付いて赤くただれているのです。

私たちはそんな怪物と戦える術など持っておらず ・ ・ ・ ・ 自分の娘を差し出すしかありませんでした ・ ・ ・ ・ 末の子のクシナダヒメは最後の1人として大事に育てましたが、この子ももう年頃です。明日は、この子が連れて行かれるでしょう ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ くぅ ・ ・ ・ ・ 」

「父さん ・ ・ ・ お客様の前よ。泣かないで ・ ・ ・ ・ 」

アシナヅチが涙を流すと、クシナダヒメは父の肩を抱いた。

 

 

・・・パチンッ!!

 

 

その場に合わない軽快な音がひびいた。何かひらめいた須佐之男スサノオが手を叩いたのだ。

 

 

「そうか、話はわかったぞっ!!つまり、そのヤマタノオロチっつーの倒せば、俺がクシナダヒメと結婚できるっていうことだな!!!」

 

 

クシナダヒメは冷たい眼差しで須佐之男スサノオを見据える。

 

 

「は? ・ ・ ・ ・ 今の流れのどこでそうなった?」

 

 

須佐之男スサノオは笑顔で続けた。

 

 

「だって、俺、クシナダヒメが好きなんだ。ヤマタノオロチは俺が倒してやるから、結婚してくれっっ!!!」

 

 

「いや、まだ出会って数分なんすけど。」

 

 

すると、ローテンションの娘の横から、アシナヅチは声を上げた。

 

「オロチを退治してくださるのですかっ??願ってもないお言葉です!!!どうぞ、喜んで娘を差し上げましょう!!」

 

よっしゃ!親の承諾が得られた!!これで断る理由も無いだろう!!

 

「決まりだなっ!!っつーわけだ。いいだろ??クシナダヒメ!!!!」

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 嫌だ。」

 

「へ??」

 

即答で断られるなんて思ってもいなかった須佐之男スサノオは笑顔のまま固まった。

 

バッカじゃないの???オロチがそんな簡単に倒せるわけ無いじゃない!! ・ ・ ・ だいたい、姉様達の時だってね、黙って見ていたわけじゃないんだから!!力自慢の男たちが何人も何人も殺されてるの!!!中には許婚だっていたわ。私一人の命で事が収まるなら、それでいいじゃない。」

 

なんだ、そーいうことか!俺のこと心配してくれてたんだなっ!なるほど、これが世にいうツンデレってやつか!!

 

「お前、めっちゃいい奴じゃん!!」

 

「はぁっ!?なんでそうなんのよっ??別にあんたのためじゃないしっ!!この地域に住む皆々さまのためだしっっ!!あんた、自意識過剰なんじゃないのっ??」

 

蔑むような目で畳み掛けられる。ま ・ ・ ・ まさか、これはツンデレじゃないのか??ただのツンなのか??胸がキウゥゥっと痛む。

 

「へ?自意識過剰??そうか?そうかな?? ・ ・ ・ まさか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あれか?俺、初対面で既に嫌われちまったのか??」

 

クシナダヒメは返事をしない。無言のまま怖い顔でこっちを見ている。どうしよう。心折れそう。

 

「そ ・ ・ そうか ・ ・ ・ ・ まぁ、お前がそんなに無理っつーなら ・ ・ ・ ・ 助けるだけっつーのもアリだけど ・ ・ ・ つーか無理なのかっ!?生理的に無理ってことなのか??ヤバい。ちょっと泣きそう。いや、泣かねぇけど。」

 

そう言いながらも完全に涙目の須佐之男スサノオを見てクシナダヒメは戸惑い、慌ててフォローを入れた。

 

「あ、いや、べっ ・ ・ ・ ・ べつに、無理じゃないわよ。 ・ ・ ・ ・ ていうか、個人的にはナヨイ奴よりあんたくらい、ガッシリしてる方が好きっていうか、タイプではあるけど ・ ・ ・ ・ って ・ ・ ・ ・ ハッッ!!

 

まずい、口が滑った。今度はへらへらしながらこっちを向いている。

 

なんっつー単純な奴なんだ ・ ・ ・ ・

 

「へへへっ!!そうかそうか。そんなら決まりだな!大丈夫。お前のことは、絶対に俺が守ってやるからっ!!」

 

「ハァ ・ ・ ・ ・ 」

 

クシナダヒメはため息をついてから、しばらく考えた。姉達がオロチに食われた時の映像が、まだ鮮明に脳裏に焼き付いている。出会って数分の人を巻き込みたくない。

 

『 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・でも ・ ・ ・ ・ この人なら ・ ・ ・ ・ ・ ・ 』という気持ちが勝った。

 

「わかったわよ ・ ・ ・ ・ 本当に、倒してくれるんでしょうね?」

 

「あぁ!もちろんだ!!」

 

「絶対に死なないでよね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 死んだらブッ殺す。

 

「ハハッ!大丈夫。俺、絶対勝つから。」

 

クシナダヒメは、須佐之男スサノオの自信たっぷりの笑顔に心がすっと軽くなるのを感じた。根拠は無いけど、この人なら姉達の仇を取ってくれるだろう。なんか、そんな気がする。

 

「うん、わかった。 ・ ・ ・ ・ あなたのこと信じる。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ありがと。」

 

そういうと、クシナダヒメはやっと笑ってくれた。

 

『あ、よかった。デレあった。』

 

須佐之男スサノオもヘラッと笑った。

 

『系図』天つ神:イザナギ、アマテラス、ツクヨミ、国つ神:スサノオ、アシナヅチ、テナヅチ、クシナダヒメ、ラスボス:八岐大蛇

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。