日本神話『アメノワカヒコ』

オモヒカネ、アマテラス

アメノワカヒコの派遣

出雲いずもにホヒを派遣してから、3年もの歳月が流れていた。

天照大神アマテラスは、来る日も来る日もホヒからの連絡を待ち続けたが連絡は一向に届かない。それどころか天浮橋アメノウキハシから見る出雲いずもはさらに栄えたように見えた。

しかも『出雲いずもで、ホヒがオオクニヌシの後を金魚のフンみたいにくっついて回ってるのを見た!!』なんていう噂まで届いてくるじゃないか。『あの子、オオクニヌシなんかに媚て国づくりを手伝ってるってこと??』天照大神アマテラスの怒りは日に日に増していった。

 

「んあーもぉっっ!!!!ホヒは何やってんのよっ!思金神オモヒカネっ!ちょっと、コレどーいうことよっ?」

 

「えっ、私ですか?」

 

思金神オモヒカネは、また捕まってしまった。天照大神アマテラスに般若のような顔で睨まれる。

 

「あんた以外に思金神オモヒカネがいるの?」

 

「いやっ ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ そうですね ・ ・ ・ ・ ・ ・ ホヒは出雲いずもに住み込んじゃったのかな??素敵な場所ですもんね。出雲いずも。」

 

「あー違うっっ!!」

 

天照大神アマテラスは、別に出雲いずもを手に入れたい訳じゃなかった。葦原の中つ国あしわらのなかつくにを天つ神に治めさせたかったのだ。「そのためにどうしたらいいのか聞いてんのっ!!」彼女は不機嫌に思金神オモヒカネをまくし立てた。まずい。これ以上、怒らせると危険だ。と感じた思金神オモヒカネは必死に頭をフル回転させた。

「え ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ じゃあ、次はアメノワカヒコとか?」

「なんか、適当に言ってない??」

まさかっっっ!!!アマテラスの息子ではないけれど、彼は野心家だし、仕事もよくできます。ホヒよりも、押しが強いから、ちゃんと交渉できるのでは?」

「なるほど ・ ・ ・ ・ ・ ・ うん、いいわね!!それでいこう!!アメノワカヒコー!!!ワカヒコー!!いるーー!?

 

しばらくすると、見るからに誠実っぽそうな好青年が入ってきた。

 

「 ・ ・ ・ はい、呼びました?なんでしょう。」

 

早速、事の次第を伝えると、ワカヒコは「お役に立てるなら。」と快く任務を引き受けてくれた。天照大神アマテラスは念のため、鹿を一発で射抜けるという、天麻迦古弓あめのまかこゆみ天波波矢あめのははや弓矢セットを渡すことにした。交渉がスムーズに進めば良いが、万が一のこともある。立派な弓矢を見ると、ワカヒコは気が引き締まった。

 

ワカヒコが出雲いずもに向かうと、またオオクニヌシが出迎えに来ていた。

 

オオクニヌシはニコニコしながら出雲いずもまで案内してくれた。『国譲りを頼みに来たっていうのに親切すぎないか?』ワカヒコの警戒心が強まる。

そして宮殿のこじんまりとした部屋に通されると、そこには豪勢な料理が用意されていた。なんか、政治家とかが汚職の打ち合わせで使いそうな、料亭の個室みたいだ。ワカヒコの警戒心がさらに強まった。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 随分豪勢ですね。」

 

「喜んでもらえたらうれしいな。すみません、狭い部屋で。いやー、実は、前回、ホヒさんがいらした時には、広ーい部屋に美女をたくさん用意していたんですけど ・ ・ ・ とっても真面目な方で、ドン引きされちゃって ・ ・ ・ 」

 

フッ!!なるほど ・ ・ ・ ・ ・ ・ 確かに、それはホヒさんらしいですね。」

 

ワカヒコは美女に囲まれて硬直するホヒの姿が容易に想像できた。

 

「だから、今日は2人だけにしてみたですけど ・ ・ ・ ・ ・ これでじゃあ、お客様に手酌をさせてしまう上に、花が無いので、僕の娘を同席させてもいいですか?

 

「えぇ、もちろん。」

 

「それはよかった。それじゃあ、 ・ ・ ・ ・ おーい、シタテルヒメ!ワカヒコさんに、お酒持って来てー!!

 

「 ・ ・ ・ はぁい!!すぐにお持ちしますね~。」

 

隣の部屋から可愛らしい声が聞こえた。しばらくすると、ふすまが開き、酒を持った女性が入ってくる。ワカヒコは、彼女から視線を離せなかった。こんなに美しい女性を見るのは初めてだったのだ。

その表情を見たオオクニヌシは、またほくそ笑む。

『 ・ ・ ・ ・ ・ ・ あらら。天照大神、ダメだよこんな若い子よこしちゃ。瞬殺じゃないか。これじゃあ勝負にならないよ?』

 

「さ、シタテルヒメ。ワカヒコさんにおつぎして。」

 

「はい ・ ・ ・ どうぞ。」

 

ワカヒコは、緊張で手が震えた。

 

「あっ、ありがとうございま ・ ・ ・ わっ!

 

キャ ・ ・ ・ ごめんなさい、こぼしちゃった。すぐに拭きますねっ!」

 

「いえっ、お構い無くっっ ・ ・ ・ !!」

 

ワカヒコは、完全にテンパっている。オオクニヌシはくすくす笑いながら、詰みにかかった。

 

「あちゃぁ~、娘がすみません。この子、おっちょこちょいなんですよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「いえっ、私の手元が狂ってしまって ・ ・ ・ 。」

 

「いやいや。お気遣い、ありがとうございます。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 実は、シタテルヒメも、そろそろ嫁に出してもいい年頃なのですけどねぇ~。優しい方じゃないと、返されちゃうんじゃ無いかと心配で。まだ嫁ぎ先を決め兼ねてるんですよ ・ ・ ・ 。

 

「そんな ・ ・ ・ 全国の男がこぞって喜ぶでしょうに。」

 

「そうですか?僕としては、ワカヒコさんみたいな人にもらっていただけたら、安心なんですけどね。」

 

『ブファァァッッ!!!!!』

 

ワカヒコの口に含んだ酒が、しぶきのように舞った。オオクニヌシの顔がその酒でベットベトになる。

 

「へ?わ ・ ・ ・ 私ですか??」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ いや、もし、ご迷惑で無ければ。という話です。」

オオクニヌシは、おしぼりで顔を吹きながら答えた。

「まさか!こんなに美しい方をもらって、迷惑な訳がない!!」

「えー。気に入っていただけたんですかー?」

「いや、それより、シタテルヒメさんは、私なんかでいいんですかっ!?」

「えぇ!もちろんっ!!ありがとうございます。とてもうれしい!!

 

シタテルヒメに事情を説明していたわけでは無かったが、どうやら彼女もワカヒコを気に入ったようだ。

 

「うわぁー。これはめでたい。すごいやぁ。こんな運命みたいことって本当にあるんだなー。早速、祝言の準備をしなくっちゃーー。」

 

最後の方、オオクニヌシはセリフを棒読みしていたが、ワカヒコはとっても喜んだ。こうして、次の日には盛大に結婚式を挙げ、オオクニヌシはまたしても高天原たかまがはらからの使者を引き込むことに成功した。

 


 

・ ・ ・ ・ ・ ・ それから、あっというまに数年が経ち、ちゃっかり出雲いずもに住みついてしまったワカヒコは、シタテルヒメとの子宝にも恵まれ、幸せに暮らしていた。

しかし、何年経っても高天原たかまがはらの脅威を忘れることはでき無かった。天照大神アマテラスはそのうちまた出雲いずもに使者を送ってくるだろう。3度も交渉に失敗しているんだ。次は武力で攻めてくるかもしれない。

だが、出雲いずもには高天原たかまがはらに対抗できるほどの戦力があるとは思えなかった。いざとなれば戦わなければならないのに、オオクニヌシは戦向きじゃない。彼の息子にも兵をまとめられそうな人物はいない。

 

『ならば自分が ・ ・ ・ ・ ・ ・ 』

 

ワカヒコは次第に葦原の中つ国あしわらのなかつくにを自分で治めたいと考えるようになっていた。高天原たかまがはらを裏切ることになってしまったものの、今は彼にとって、この生活が何よりも大切になっていたのだ。

アメノワカヒコ

鳴女の派遣

ワカヒコの派遣から、いつの間にか8年もの月日が流れていた。


日々の業務に追われ、慌ただしくしていた天照大神アマテラスだったが、この日はやっと時間ができたので、部屋の片付けに精を出していた。

 

あぁ~~!!やっと片付いた!!もぅ、書類が多すぎるのよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あ、あれ?これ何だろ??古ぼけた企画書 ・ ・ ・ 」

 

天照大神アマテラスはとっても嫌な予感がした。あれ。なんか、すんごく大事なことを忘れている気がする。

 

葦原の中つ国あしわらのなかつくに 統一計画 ~国つ神から天つ神へ~』

 

「えっと。なになに?葦原の中つ国あしわらのなかつくにを国つ神の支配から解放するため ・ ・ ・ その後、アメノワカヒコを派遣 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ワカヒコ?

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

・ ・ ・ ・ ・ ・

 

あっ ・ ・ ・ あ"ーーーーー!!!!!!

 

忘れてたぁぁぁ!!!!!

 

ちょっとぉぉぉ!!思金神オモヒカネ!!

 

おもひかねぇぇぇ!!!」

 

サイレンのような叫び声に思金神オモヒカネは慌てて部屋に飛び込んできた。

 

は、はい!!お呼びですか?? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ って、あれ??アマテラス、お部屋、片付けたんですか??? ・ ・ ・ ・ ・ ・ 汚ったなかったですもんね。」

 

天照大神アマテラスが頬をぷっくり膨らます。
まずい、口が滑った。不機嫌にさせたら後が面倒だ。

 

「書類が多いからいけないのよ!!」

「ゴメンナサイ。」

「ところで、この企画書。何かわかる??」

「え? ・ ・ ・ 葦原の中つ国あしわらのなかつくに統一計画? ・ ・ ・ ・ ・ ・ あ ・ ・ ・ ワカヒコ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 忘れてた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「あれから8年も経つのに連絡が一切無いって、どういうこと??ねぇ、おかしくない??絶対に何かあったのよ!!」

「えぇ、まぁ ・ ・ ・ 」

 

8年間忘れていた我々にも問題がある気がするんだけど ・ ・ ・

 

「何よ??何か言いたそうな顔ね?」

「いえ ・ ・ ・ ただ、もう2人も遣わせたのに帰って来ないんですから、また人を送っても同じ結果にならないかと。」

「じゃぁ『人』以外の何を送ればいいっていうのよ??」

「 ・ ・ ・ キジの鳴女ナキメを遣わせ事情を聞いてみては?」

 

鳴女は、人の言葉が理解できるでっかいキジだ。

 

「なるほど・・・確かに、鳴女だったら鳥だし、さーっと行って帰って来れるわね。わかったわ。鳴女ナキメに行かせましょう。」

 

天照大神アマテラスは早速、出雲いずも鳴女ナキメを向かわせた。

 


 

一方その頃、出雲いずもではシタテルヒメが庭で洗濯物を干していた。すると高天原たかまがはらの方角から大きなキジが飛んでくるではないか。何か鳴いているようだ。

 

『ワカヒコーナゼニ言ウコト聞カナイ?ネェーワカヒコー??』

 

端から見ればコミカルな鳴き声だが、シタテルヒメはその声にサァっと血の気が引いた。『あの鳥 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 高天原たかまがはらからワカヒコを迎えに来たんだ!!』彼女は慌てて夫の部屋にけ込んだ。

 

「ねぇ、ワカヒコ!あそこ、見て!空に邪悪な鳥がいるっ!!」

 

彼女は顔面蒼白だ。ただ事では無いと感じ、ワカヒコも慌てて空を見る。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 随分でっかいキジだな。」

 

「災いを運んで来たんだ ・ ・ ・ こちらに降り立つ前に撃ち落としてっっ!!

 

「何でそんなに怯えてるんだよ。大丈夫だから ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

ワカヒコは、彼女を落ち着かせると、高天原たかまがはらから旅立つ時に天照大神アマテラスか持たされた弓矢を手に取り表に出た。これだけデカければ狙いやすい。ワカヒコは鳴女に狙いを定め矢を放った。矢は見事に命中し、そのまま勢いも衰えず高天原たかまがはらまで飛んで行ってしまった。

 


 

その日の夕方、高木神タカギが神妙な面持ちで天照大神アマテラスの部屋に入って来た。息子の思金神オモヒカネと娘の千々姫チヂヒメまで一緒だ。

 

「アマテラス、報告です ・ ・ ・ 実は、この矢が高天原たかまがはらに飛んで来たところを娘の千々姫チヂヒメが見つけまして ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「え??それ、私がワカヒコにあげた天波波矢あめのははやじゃない。 ・ ・ ・ っっ!? ・ ・ ・ これ、付いてるの ・ ・ ・ ・ ・ ・ 血??」

 

鳴女ナキメもまだ帰って来ない。 ・ ・ ・ どう思いますか?」

 

「 ・ ・ ・ どうって ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

状況から察するに答えはひとつしか思い浮かばなかった。ワカヒコが高天原たかまがはらを裏切って鳴女ナキメを殺したのだ。いつも冷静な思金神オモヒカネが今日は今にも泣き出しそうだ。

 

「ごめんなさい。私が鳴女ナキメを向かわせたばっかりに ・ ・ ・ 」

思金神オモヒカネ、君のせいじゃない。」

「父さん ・ ・ ・ 」

「そうだよ。お兄は悪くないよ。千々は、お兄の味方だからねっ!!」

「千々ぃ ・ ・ ・ ♥♥♥」

 

このシリアスな場面で思金神オモヒカネのシスコンが露呈する。
天照大神アマテラスは心から『キモッッ!!』と思ったが、かなりヘコんでいる様子だったのでスルーしてあげた。千々姫チヂヒメが心配そうに天照大神アマテラスの顔を覗き込む。

 

「ねぇ、アマテラちゃん、ワカヒコは、高天原たかまがはらを裏切ったのかな?」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ うぅん。でも ・ ・ ・ まだそうと決まったわけじゃないでしょ?」

天照大神アマテラスは祈るように高木神タカギに視線を送った。

「ひとつだけ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 確かめる方法を持ってます。ワカヒコを殺めてしまうことに、なるかもしれないけれど。」

「 ・ ・ ・ どういうこと?」

 

方法は簡単だった。ワカヒコに邪心があるなら彼の心臓を射抜くように。無ければ誰もいないところに落ちるよう唱えて出雲いずもの方向にこの矢を打ち返すだけ。これも誓約うけい。真実を確かめるための占いだ。

 

話し合いの結果、誓約うけいをすることを決め、その夜、高木神タカギ出雲いずもの方角に向けて矢を放った。天照大神アマテラスは矢が放たれた先をずっと見つめた。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 明日になればわかります。今は待ちましょう。」

 

「うん ・ ・ ・ 」

 


 

翌朝――

悲痛な声で泣く女性の声が風に乗って高天原たかまがはらまで届いた。天照大神アマテラスが何事かと慌てて寝間着のまま表に出ると、高木神タカギが昨日と同じ格好で泣き声のする方向を見つめていた。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 出雲いずもの方からです。」

 

それは、ワカヒコの妻、シタテルヒメの泣く声だった。

 

「ワカヒコ ・ ・ ・ 死んじゃったんだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「そのようですね。」

 

高木神タカギはどこか冷たく答えた。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ そっか ・ ・ ・ ・ ・ ・ そりゃ、戻ってこないわけよね。こんなに悲しんでくれる人がいるんだもん。」

 

「アマテラス。残念ですけど、帰って来ないのと高天原たかまがはらを裏切るのは別の話です。」

 

「うん ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「 ・ ・ ・ 誓約うけいを疑うわけじゃないけど ・ ・ ・ ・ ・ ・ 結果が出ても信じたくない時もあるんですね。」

 

「うん ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あ。私、ワカヒコの家族に伝えに行かなくちゃ。タカギは、今日休んで。疲れてるでしょ??」

 

「いえ、お気遣いなく。 ・ ・ ・ それに今日は働きたいや。」

 

「そっか ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

天照大神アマテラスは何と声をかければ良いのか分からなかったので、高木神タカギの頭をポンポン撫でてみた。高木神タカギはいつもみたいににっこり笑ってくれた。

 


 

その後、天照大神アマテラス高天原たかまがはらに住むワカヒコの家族にこの訃報を知らせた。家族はとても悲しんだが、出雲いずもでも悲しんでくれている人がいること聞くと、葬儀の支度をして出雲いずもに降りた。

 

出雲いずもではシタテルヒメが、高天原たかまがはらの家族を心から感謝して迎えてくれた。
しかし彼女は、自分の夫が殺された理由が未だに分からないでいた。確かに高天原たかまがはらの命令は守らなかったが、それだけで殺されるなんて酷すぎる。

 

すると、天照大神アマテラスから事情を聞いていたワカヒコの父親が事の次第を説明してくれた。言葉にならず、彼女の目からはまた涙があふれ出る。
だって、彼が高天原たかまがはらを裏切る理由なんて、自分と子供達のため以外に何も無いのだ。彼女は項垂れ、しばらく立つことも出来なかった。

 

天つ神も国つ神も共にワカヒコの死を悲しみ、八日八夜にわたり歌舞し彼を弔った。

 

しかしその葬儀の最終日、シタテルヒメの兄の高彦根タカヒコネが弔いに来ると、その場は凍りついた。

 

高彦根タカヒコネが家族が見てもワカヒコにそっくりだったのだ。高彦根タカヒコネをワカヒコと勘違いした家族は彼にけ寄って、生きてたのかと泣いて喜んだ。

 

でも、それは別人だ。死人に間違われるなんて縁起でもない。高彦根タカヒコネは怒り、暴れ回って葬儀をめちゃくちゃに破壊するとその場から立ち去った。

 

こうしてワカヒコの死は天つ神にも国つ神にも後味の悪い事件となってしまった。

『系図』天つ神:タカミムスビ、アマテラス、オモヒカネ、千々姫、ワカヒコ、ホヒ、国つ神:スサノオ、オオクニヌシ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。