日本神話『海幸彦と山幸彦』

海幸彦、山幸彦

海幸彦と山幸彦

ニニギとサクヤヒメの息子、ホデリ、ホスセリ、ホオリはすくすくと育ち、やがて大人になった。

長男のホデリは釣りが得意だったので、周りからは海幸彦と呼ばれ、末のホオリは狩りが得意だったので、山幸彦と呼ばれていた。ちなみに次男のホスセリについては一切情報が無いので出番はここまでだ。

 

ある日、山幸彦は、兄の釣り道具を羨ましそうに見ながら言った。

 

「なぁ、なぁ、兄貴ぃ ・ ・ ・ 僕も、釣りがしてみたいんだけど ・ ・ ・ ・ ・ ・ その道具、貸してくんない?」

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ やだ。」

 

実はこのお願いをするのは初めてじゃない。これで4度目だ。狩りが得意すぎて、いつの間にか山幸彦と呼ばれるようになっていたホオリだったが、彼は海が好きだった。

 

「えぇーいいじゃないか。貸してくれよ。」

 

「嫌だよ。俺の大切な道具だもの。」

 

「なぁーー兄貴ぃいいじゃんかぁー、ケチぃ!今日だけだから!な??なっっっ???

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

何度断ってもしつこい弟に、海幸彦も呆れ気味だ。

 

「お願いっっ!!!」

 

山幸彦はパチンッと祈るように手を合わせた。

 

「はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ わかったよ。今日だけだからな。じゃあ、俺は狩りに行くよ。お前の道具、貸しな。」

 

「よっしゃ!!さんきゅ!兄貴!!」

 

こうして、やっとの思いで道具を貸してもらい、人生初の釣りに張り切って出かけた山幸彦だったが、魚は一向に釣れなかった。

 

「はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ もう、夕方か。ちぇ。やっぱ、人の道具じゃダメなんだなぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ そろそろ帰らないと ・ ・ ・ 」

 

あきらめ掛けたその時、ぐいっと釣竿が引っ張られる感覚がした。

 

おぉっ!!なんか引っかかって ・ ・ ・ ・ ・ ・ あれ??魚?魚じゃね???

キターーーーー!!!

んぐぅぅぅ ・ ・ ・ こりゃ大物 ・ ・ ・ ・ ・ ・ うりゃっっっっ!!

 

山幸彦は、このチャンスを逃すまいと、思いっきり竿を引っ張った。すると・・・

 

ブチンっっ!!!!!

 

大きな音を立てて、糸が切れてしまった。

 

「え ・ ・ ・ えっ!?や ・ ・ ・ やばい ・ ・ ・ ・ ・ ・ 針!針が無い!!!岩に引っかかったのか??? ・ ・ ・ うわあぁぁぁぁ ・ ・ ・ どうしよう ・ ・ ・ 兄貴に怒られる ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

サァッと血の気が引いた山幸彦の後ろから、彼を呼ぶ声が聞こえた。

 

「おーーーい!!山幸彦、調子はどうだーー??」

 

ビクっっっ!!

 

海幸彦だ。

 

「 ・ ・ ・ 俺の方は全然だったよ。やっぱダメだな。自分が慣れてる道具じゃないと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 山幸彦?」

 

「あ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 兄貴 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 悪ぃ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ !!!!!」

 

案の定、山幸彦はこっぴどく怒られた。

 

謝って謝って謝り倒しても許してもらえなかったので、自分の十拳の剣とつかのつるぎをつぶして500本もの針を作って詫びた。それでも許してもらえなかったので、さらに1000本の針を作って詫びた。しかしそれでも海幸彦は弟を許さなかった。

 

山幸彦は打つ手がなくなり、海を眺めながらため息をついた。確かに針を失くした自分が悪いが、ここまで来ると兄貴も大人気ない。

 

「この海のどこかに ・ ・ ・ ・ ・ ・ いやぁ ・ ・ ・ 無理だよなぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

彼が途方にくれていると、後ろから声を掛けられた。

 

「どうかなさいましたか?」

 

相当、負のオーラが出ていたのだろう。たまたま通り掛かったところ、ドンヨリした背中が見えたから ・ ・ ・ と言って、シオツチという潮汐の神が親切にも事情を聞いて来た。山幸彦は事の経緯を話した。

 

「 ・ ・ ・ そうでしたか。であればワシでもお役に立てましょう。ワシが竹籠を隙間無く編み込み、潜水艦をつくります。あなたはそこに入るのです。」

「え?それで、どうすればいいんだ?」

「ワシが籠を潮に流します。朝になる頃には、ワダツミ様の宮殿に着くでしょう。

ワダツミ?イザナギとイザナミが産んだ海の神じゃないか ・ ・ ・ それなら助けてくれそう。」

「おそらく。しかし、アポ無しですからね。宮殿の外に桂の木があります。まずはそこから様子をうかがってください。」

「わかった。ありがとう!!」

山幸彦は、シオツチが作ってくれた竹の籠に乗り、ワダツミの宮殿に向かうことにした。籠を海に流すとシオツチは、スゥっと消えてしまった。

ワダツミの宮殿

それから揺られること半日。いつの間にか寝入ってしまった山幸彦が目を覚ますと、そこには家が鱗のように何層にも重なって見える美しい海底都市があった。その中心にある、ひときわ大きな宮殿がワダツミの宮殿だろう。塀の横にはシオツチに教えてもらった通り、桂の木が植えてある。

早速その桂の木に登ると泉が見えた。塀の奥には部屋があり、自分では絶対チョイスしないような可愛らしいすだれが下がっている。女性の部屋だろうか。しばらく様子をうかがっていると侍女が水を汲みに来た。

 

・ ・ ・ 侍女の子か。誰か中の人を呼んでもらえないかな。

 

山幸彦が身を乗り出すと、桂の木がしなりガサッと大きな音が鳴ってしまった。

 

「っっっ誰!?」

 

やばっ!見つかった ・ ・ ・

 

「いや ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ ・ ・ ・ 別に怪しい者じゃなくて ・ ・ ・ なんか、のどが湧いちゃったんだよね。お水もらえない?」

 

山幸彦は、慌てて意味の分からない、いい訳をついた。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ えぇ ・ ・ ・ どうぞ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

侍女は怪しいなと思いながらも、イケだったので、つい水甕を渡してしまう。

 

「どうも。」

 

山幸彦は、笑顔で侍女から水の入った甕を受け取ると、自分の首にかけていた玉を口に含み、ポトンとその甕の中に落とした。

 

・ ・ ・ こんな手品くらいしかできないけど。普通の人じゃない誰かが来た事だけ分かれば十分だろ。

 

「はい、ありがと。」

 

山幸彦は玉を落とすと、水も飲まずに甕を返した。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ??」

 

侍女は訝しげな顔をした。

 

なぜ水を飲まない?ていうかさっき、口から出した玉 ・ ・ ・ 何???この水、姫様のところに持って行かなきゃいけないんだけど ・ ・ ・ 汲み変えたら失礼だよな ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。

 

侍女は迷い、彼が落とした玉を取ろうとした。しかし、その玉は甕の底にしっかりとくっついていて取れない。

不思議に思って山幸彦を見ると、彼はドヤ顔でこちらを見ていた。

えぇー!?めっちゃ得意そうに見てるんですけどっ!!何がしたいの?この人っ!?

自分だけでは対処しきれないと部屋に戻ると、このことをワダツミの娘に報告した。

 

「え? ・ ・ ・ 口から出した玉が取れない変なイケメン??? ・ ・ ・ 確かにこの玉、底にくっついちゃってるけど ・ ・ ・ 全然、目的がわからない ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ と ・ ・ ・ とりあえず、私が見に行ってくるわね。」

 

「お願いしますっ!!」

 

山幸彦は、桂の木の枝にごろんと器用に寝そべりながら、また誰かが出てくるのを待っていた。しばらくすると綺麗な着物に身を包んだ、おしとやかそうな女性が出て来た。今度は格好から察するにお姫様だ。

 

つーか、すげぇ美人!!

 

山幸彦は一瞬で心を奪われた。相手もこちらに気付いたようだ。目が合うと、しばらく2人は見つめ合った。

ていうか、この視線 ・ ・ ・ 完全に脈有りじゃないか!!あれ?運命??これ、運命じゃない???

山幸彦が彼女に声を掛けようとすると、先に相手がぼぉっとした様子で口を開いた。

 

「 ・ ・ ・ あなたが ・ ・ ・ 口から出した玉が取れない変なイケメン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

っっ!? ・ ・ ・ う”ぅっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 伝わり方が不本意だけど、辛うじて最後にイケメンがついててよかったよ。」

 

「えっ?あ、ごめんなさい。ふふっ。」

 

「はは ・ ・ ・ えっと。もしかしてワダツミ様の娘さん?用があって来たんだけど。」

 

「はい。ワダツミの娘で豊玉姫とよたまひめと申します。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ どのようなご用件でしょうか?」

 

 

「そりゃあ、もちろん、君との結婚を許してもらいにっっ!!!!」

 

 

「まぁ!喜んでご案内しますわっ!!」

 

 

山幸彦は、本来の目的をすっかり忘れ、ワダツミに豊玉姫とよたまひめがどれだけ美しいかを熱弁し、彼女を嫁にくれと必死に訴えかけた。ワダツミは、話しを聞くと心から喜んで、娘を嫁にくれた。

 

そして、ちゃっかりそのままワダツミの宮殿に住み着くと、豊玉姫とよたまひめと幸せな夫婦生活を楽しんだ。時間が経つのも忘れ、めちゃめちゃ楽しんだ。びっくりするくらい楽しんだ。我を忘れて楽しみまくった。

 

 

本当、心から楽しみ過ぎて、気づいたら3年も経っていた。

 

 

「っっっ!!んああああああああああぁぁぁぁぁっっっっ ・ ・ ・ !!!!!!」

 

 

急に叫びだした山幸彦に豊玉姫とよたまひめはビクッと驚いた。

 

「えっっっ??えっっ???なに?何っっ??どうしたんですかっっ???」

 

「わ ・ ・ ・ 忘れてた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

山幸彦は絶望的な顔で項垂れている。

 

「 ・ ・ ・ 何を忘れてたんですか?」

 

「や ・ ・ ・実は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

彼はそもそも、兄の海幸彦の釣針を探すために海底の神殿まで足を運んだんだったと話しをた。最初は心配そうに耳を傾けていた豊玉姫とよたまひめだったが、後半は笑いが止まらなくなっていた。

 

「ふっ、ふふふっ!ホオリ ・ ・ ・ ・ ・ ・ そんな大切なことを3年も忘れるなんて、すごい神経してるわっ!」

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 本当。君のせいだ。全面的に。」

 

山幸彦は子供みたいにいじけてみせた。普段はしっかりしているのに、たまに見せるこういうところが可愛らしい。豊玉姫とよたまひめは軽く彼を揶揄からかいながらも、ワダツミに相談しに行こうと提案した。

ワダツミは話しを聞くとすぐに海の生き物達を集め、針を探すよう命じた。すると、案外あっさりと見つけることができた。3年前から、喉に針がつまって困っているという鯛がいたのだ。

もしあの日、糸が切れていなければ、この魚を食べることになっていたのか ・ ・ ・ と考えると、なんとも言えない気持ちになりなったが、山幸彦はその鯛に丁寧にお礼を言った。

 

「よかった ・ ・ ・ こんなに早く見つかるなんて。トヨタマ ・ ・ ・ ごめん、僕、兄貴にこれを返しに行かなくちゃ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「大丈夫。私も後から行くから。あと、お父様から伝言よ。耳を貸して。」

豊玉姫とよたまひめは、山幸彦の耳元で呪文を伝えた。

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 何?このあからさまに怪しい呪文。」

「この言葉を、針を返す時に唱えて、後ろを向いたまま渡すの。ワダツミが支配する水の加護で、お兄様は3年で貧乏になるはずよ。あなたを許さなかったお兄様にプレゼントですって。」

「はは ・ ・ ・ 兄貴も大人気無かったもんな。」

「それと、もしそれで、お兄様に襲われたらこれを使って。あなたを助けてくれるわ。」

「これは?」

「こっちは、潮満珠しおみつたまこれを使うと、潮が満ちて息ができなくなっちゃうの。それで、こっちが潮干珠しおひるたまお兄様が反省したら、これで潮を引いてあげて。」

「わかった。ありがとう!

 

帰りは、大きなサメが背に乗せて、山幸彦を地上まで送ってくれた。

 


 

浜辺に着くと、すぐに兄を見つけることができた。あれだけ喧嘩したのに、久しぶりに会えるとうれしくて笑みがこぼれる。

 

兄貴!!久しぶり ・ ・ ・ 兄貴の針、やっと見つけたよ!!」

山幸彦っっっ!!おまえ、3年間もどこ行ってたんだよ??なんだ。俺が怖くて逃げ出したものかと思ってたよ。」

しかし兄の方は相変わらずのふてぶてしい態度たいどだ。

「 ・ ・ ・ ちょっと、海の方にね。はいこれ。」

え?俺の針??わざわざ取ってきたのか?ありが ・ ・ ・ 」

「あ、ごめん。ちょっと待って。」

そういうと、山幸彦は後ろを向き、

「ふさぎ針、せっかち針、貧乏針、愚か針」と呪文を唱え、目も合わせず後ろを向いたまま海幸彦に針を渡した。

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 確かに、俺の針だけど。何だよ、今のあからさまに怪しい呪文 ・ ・ ・ 」

「別に?」

山幸彦はにっこり笑顔を返した。しかしそれからというもの海幸彦は不幸に見舞われることとなる。

 

その年、海幸彦が低い土地に田を作ると、土地は干上がってしまった。山幸彦は兄とは逆に、高い土地に田を作った。すると、そちらは豊作となった。

翌年はそれを見た海幸彦が高い土地に田を作った。山幸彦には、干上がった低い土地に田を作れと追いやった。すると今度は高い土地が干上がったじゃないか。海幸彦は、その年も作物が取れなかった。もちろん、山幸彦の方は今年も豊作だ。

犯人は簡単。ワダツミだ。海の神であるワダツミは、水を操る力を持っていたので、海幸彦の土地には水を送らず、山幸彦の土地にばかり水を送った。とんだ婿贔屓だ。

 

3年も経つと、豊玉姫とよたまひめの言った通り海幸彦はドン底の貧乏暮らしになっていた。

 

「 ・ ・ ・ くそっっ!!何でお前ばっかり!!!!やっぱ、あの呪文、何か意味があったんだろう!!!ふざけんなっ!!!!」

 

ついに我慢できなくなった海幸彦は、十拳の剣とつかのつるぎを抜きいきなり襲って来た。山幸彦は驚いて、咄嗟にワダツミにもらった潮満珠しおみつたまを目の前に掲げる。

すると、潮満珠しおみつたまから魔法のように水が飛び出し、海幸彦の周りにその水がまとわりついた。陸地だというのに宇宙みたいに海幸彦の入った水がプカプカ浮いている。

 

息ができなくなってしまった海幸彦はその水中で必死に泳いだが、びしゃびしゃと音が立つだけでどうにもならない。しかも慌てて体を動かしたもんだから、息はすぐ限界に達し、あっという間に顔が真っ青になってしまった。

 

「兄貴、観念して僕に遣えるんだな!!」

 

「ぶくぶふっっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ がふっっ!!!」

 

海幸彦は水の中で必死で何かを訴えている。しかし ・ ・ ・

 

「え? ・ ・ ・ ・ ・ ・ あ、どうしよう。何言ってるかわからない ・ ・ ・ 遣えるってこと??」

 

「ぶふっっ、がぶっっっっっ!!!!」

 

彼は白目を向きながら首をぶんぶん縦に振っている。たぶん頷いているのだろう。

 

「よし。わかった。なんとなく。OKってことだよね??

 

「ガフッッ ・ ・ ・ ゴボボボッッッッ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

海幸彦の方はもう限界を越えている。顔が既に昇天しかかっていた。

 

「じゃあ、今後は、部下として、よろしくお願いします!!!」

 

山幸彦は兄にぺこりと頭を下げると、もうひとつの潮干珠しおひるたまを掲げた。するとまた魔法みたいに玉が一気に水を吸い取った。

海幸彦は立っていられず、その場で四つん這いになった。

 

ハッッがはっっっ!!けほっっっ ・ ・ ・ けほっっっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ハッッ ・ ・ ・ ハッ ・ ・ ・ はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 大丈夫?兄貴。」

 

げほっっ ・ ・ ・ はぁ、っ今後は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 隼人として、お前に遣えてやるよ ・ ・ ・ ケホッ ・ ・ ・ 俺の子孫もみんなな ・ ・ ・ はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ くそっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

「ん?くそ??」

 

「いや、なんでもない ・ ・ ・ デス。ケホッッ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ちゃんと遣えます。」

 

隼人とは、九州地方の部族で、今でもその血を受け継ぐ人達が残っている。

 

そして現在でも、海幸彦が山幸彦にやられた時に苦しんだ姿を舞にして伝えている。しかし、そんな敗北した時の舞を、何千年も律儀に残しているところをみると、海幸彦も無愛想なだけで、めっちゃイイ奴だったんじゃないか。という声が最近、高天原たかまがはらでは上がっている。

こうして兄を従えた山幸彦は、日向の国を治めることになった。

『系図』ニニギ、サクヤヒメ、海幸彦(ホデリ)、ホスセリ、山幸彦(ホオリ)、豊玉姫

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。