日本神話『豊玉姫と玉依姫』

豊玉姫、ホオリ、玉依姫

豊玉姫の素顔

海幸彦に勝利すると、山幸彦は家路についた。

そして玄関を開くと、小さな男の子がパァッと笑顔を向けけ寄ってきた。

「ちちうえーっ!おかえりなさぁい!!」

と、思いっきり飛びついてくる。超かわいい。

「ただいま、アエズ。」

山幸彦が息子のアエズを抱きかかえると、彼を追いかけるように、綺麗な女性が出てきた。

「 ・ ・ ・ おかえりなさいませ。ホオリ様。」

豊玉姫トヨタマヒメの妹、玉依姫タマヨリヒメだ。さすが姉妹。彼女も目鼻立ちがそろって美しい。豊玉姫トヨタマヒメと比べると童顔の可愛い系だ。彼女はこの家で乳母をしていた。傍から見たら幸せな家族そのものだが、この家には妻の豊玉姫トヨタマヒメがいなかった。

 


 

それは、この日から2年ちょっと前の話だ。山幸彦こと、ホオリが海岸沿いを歩いていると、突然後ろから呼び止められた。

 

「ホオリ ・ ・ ・ ・ ・ ・ !!!」

 

ホオリはその声の主が誰かすぐに分かった。この辺で自分のことを本名で呼ぶ人間なんてどこにもいない。

 

「トヨタマ!!!あぁ!!!会いたかった!!!すっごく会いたかったよ!」

 

ホオリはうれしさのあまり、豊玉姫トヨタマヒメけ寄るとがばっと抱きついた。しかし、いつもの抱き心地じゃない。

 

「っ ・ ・ ・ そのお腹 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「ふふっ、あなたの子よ。」

 

自分の子供!!??すごい。この中に自分の子供が入ってるのか??なんだか不思議な感覚だ。ホオリが好奇心からお腹に耳をつけると内側から思いっきり蹴られた。

 

いてっ!!え ・ ・ ・ どうしよう ・ ・ ・ 。こいつ、産まれる前から反抗期なんだけどっ!!」

「ふふっ!そんな訳ないでしょ?最近はしょっちゅうよ?」

「へぇ~ ・ ・ ・ すごいなぁ。お腹の中なのにもう生きてるんだ ・ ・ ・ 」

「本当ね ・ ・ ・ 実は、ずいぶん前から妊娠してたんだけど ・ ・ ・ もう少しで出産だから。天つ神の御子を海で産むべきじゃないと思って上がってきたの。」

「そうだったのか ・ ・ ・ 。めちゃめちゃうれしいよ!早速、産屋を建てさせよう!!

「うんっ!」

 

ホオリは豊玉姫トヨタマヒメのことを思い、海辺に産屋うぶやを建てさせた。産屋とは、サクヤヒメの時にも出てきた、あの簡易的な出産小屋だ。

しかし豊玉姫トヨタマヒメは、思ったよりも早く産気づいてしまい、完成が間に合わなかった。

 

「はぁ ・ ・ ・ どうしよう ・ ・ ・ 産まれそう ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「わ ・ ・ ・ ・ わかった。まだ完成していないけど、産屋に連れていくよ ・ ・ ・ 」

 

ホオリは、彼女に寄り添って、すぐに産屋うぶやに向かった。しかし、産屋はまだ屋根が付いただけで、壁は中途半端にしかない。影にはなっているものの、角度を変えれば中が丸見えだ。それを見て、豊玉姫トヨタマヒメは祈るように彼に話しかけた。

 

「あのね、ホオリ ・ ・ ・ 私はワダツミの娘だから、赤ちゃんを産む時は本来の姿に戻ってしまうの ・ ・ ・ ・ ・ ・ でも、そんな姿 ・ ・ ・ 恥ずかしくて見せたくないから、絶対に見に来ないでね。」

「本来の姿 ・ ・ ・ ?」

「ね?お願い ・ ・ ・ あなたにずっと好きでいて欲しいの ・ ・ ・ 」

「 ・ ・ ・ わ ・ ・ ・ わかったよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 絶対だからね?」

「うん、絶対だ。」

しかし、そんなこと言われて、見たくならない人はいない。それに、どんな姿だってホオリは彼女を愛せる自信があった。

 

豊玉姫トヨタマヒメを産屋に送ると、彼は家に帰るフリをして、岩陰に隠れて産屋を覗いてみた。産屋越しに見える豊玉姫トヨタマヒメには別段変わった様子はない。

しかし、よく見ると着物の裾から人魚のような尻尾がはみ出ていた。

え?本来の姿ってこーいうことっ??なんだよ、めっちゃ、可愛いんですけど!!帰ってきたら揶揄からかってやらなくちゃ。

 

その姿を見てほっとしたホオリだったが、豊玉姫トヨタマヒメの苦しみ方が激しくなるに連れ、だんだん様子がおかしくなった。いつも綺麗な白い肌が灰色に変わり、目が離れ、ギザギザの歯が見えたかと思うと、みるみるうちにサメの姿に変わってしまったのだ。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ まじで?

 

妻の本来の姿を見てしまったホオリが呆然ぼうぜんと立ち尽くしていると突然、大きな泣き声がした。

 

「おぎゃあ!おぎゃあ!!」

 

「わっ!!びっくりした ・ ・ ・ 」

 

ホオリは生まれた赤子の声に驚き、つい声を上げてしまったのだ。するとそのサメはビクッとし、こちらを見た。

 

「うそ ・ ・ ・ ホオリっっ??」

 

「 ・ ・ ・ あ ・ ・ ・ ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

彼女はすぐにいつもの姿に戻ったが、顔は真っ赤に赤面し、今にも泣き出しそうだ。

 

「見ないでって ・ ・ ・ ・ ・ ・ 見ないでって言ったのに ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

豊玉姫トヨタマヒメは赤子を置いたまま海に向かって走った。こちらからは見えないが、きっと泣いている。

 

「トヨタマ!!!待ってくれ!!!!」

 

ホオリはすぐに後を追ったが彼女はバシャンと音を立てて海に飛び込むと、海の国と地上の国との境を塞き止め、彼が追って来れないようにしてしまった。

 

「おぎゃあ ・ ・ ・ ・ ・ ・ おぎゃあ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

赤子の鳴き声がひびく。

 

うそだろ?この子を母親なしで育てなきゃいけないのか?自分のくだらない興味本位のせいで ・ ・ ・ ・ ・ ・ ホオリは途方に暮れた。

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ トヨタマ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あぁ ・ ・ ・ くそっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。」

 

それから数日後、我が子を心配した豊玉姫トヨタマヒメは、乳母として自分の妹、玉依姫タマヨリヒメを遣わせて来た。赤子は、ウガヤフキアエズと名付けられ、大切に育てられた。

 

ホオリと豊玉姫の遠距離恋愛

こうして話しは現在へと戻る。

妹の玉依姫タマヨリヒメは、海と地上を頻繁に行き来し、豊玉姫トヨタマヒメにアエズの成長の様子などを伝えていた。そしてホオリには豊玉姫トヨタマヒメからの歌を届けてくれた。

 

「ホオリ様、今日も姉様から歌が届いてますよ。『今でもあなたの事を愛おしく思っています』ですって。」

 

「ありがと ・ ・ ・ じゃあ、次帰る時は彼女にこう伝えて ・ ・ ・ ・ ・ ・ 『共に夜を過ごした美しい人へ。愛しい君のことを一日だって忘れた日はない。これからだって、僕がこの世に生きる限りずっと ・ ・ ・ 』」

 

その想いを言葉にするだけで切なくなった。その様子を見ていたアエズは不思議そうに質問をする。

 

「 ・ ・ ・ なんで母上は父上のこと大好きなのにおうちに来てくれないの?」

「っっ!!」 ホオリは思わず息子を抱きしめた。タマヨリが慌ててアエズを𠮟る。

「え ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ひっ ・ ・ ・ ひどいですアエズさま!!アエズさまはタマヨリじゃ嫌なのですか??」

「えっ??えーータマヨリがいぃーーー!!」

 

アエズはセンチな父親を放置し、玉依姫タマヨリヒメに抱きついた。超かわいい。

 

「アエズね、大きくなったら、タマヨリのことお嫁さんにするの!」

「ふふっ、そうですか。それじゃあ、今日はお野菜も残さず食べましょうね。タマヨリは身長の高い男性が好きなのです。好き嫌いをしてたら大きくなれませんよ?」

「えぇーー ・ ・ ・ ぅー ・ ・ がんばる。」

「今日は、ホオリ様がホデリ様に勝って、この国の王様になられた日なのですっ!!タマヨリが腕によりをかけますねっ!!!

「ほんとぉ??うわぁい!!」

 

ホオリは、いつも玉依姫タマヨリヒメに救われていた。しかし、まだ乳母がそのまま妾になることも珍しくない時代だったが、ホオリが彼女をそんな目で見ることはなかった。それほど豊玉姫トヨタマヒメのことが大切だった。

こうして玉依姫タマヨリヒメを通し、遠距離恋愛を続けた2人だったが再び会える日は来なかった。ホオリは寿命が尽きるまで580年もの間、日向の国を治め、歌の通り彼女のことを忘れた日は1日も無かった。

豊玉姫、ホオリ、玉依姫

アエズの初恋

一方、息子のアエズは小さい頃から乳母の玉依姫タマヨリヒメを本気で嫁にする気でいた。

身長が少しでも伸びる度に、彼女の隣でさりげなく身長を比べた。ギリギリ彼女の背を越し求婚した時には、ませガキだと爆笑された。やがて大人になると、いつの間にか彼女より頭一個分くらい大きくなっていた。

もうこれ以上は伸びないと確信したアエズは、意を決しまた求婚したが、今度も相手にしてもらえなかった。

 

「なんでだよ!食べ物の好き嫌いも無くしたのにっ!!」

 

「何をおっしゃっているのですか。アエズ様は元々好き嫌いなんて無いじゃありませんか。」

んなわけあるかっ!!根菜も、ネバネバ系も、骨の多い魚だってみんな大っ嫌いだ!!君が言ったんじゃないか、好き嫌いしない身長のデカイ奴が好きだって。」

「えっ?うそ ・ ・ ・ ・ ・ ・ まさか、あんな子供騙しまだ信じて ・ ・ ・ ・ ・ 」

「俺は本気なんだ!いつまでも子供扱いすんなよ!!」

「 ・ ・ ・ で ・ ・ ・ ・ ・ ・ でも、アエズ様の周りにはもっと、若くて綺麗な姫がたくさんいるじゃないですか。タマヨリはオバちゃんですっ!!

こんな綺麗なオバちゃんいるかよっ!!俺らは老けないんだ。年の差なんか関係ないだろ。」

「でも ・ ・ ・ ・ ・ ・ でも ・ ・ ・ なんでタマヨリなのですか ・ ・ ・ タマヨリなんか ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「違う。タマヨリじゃなきゃ嫌なんだ。俺は・・・俺は君がどうやって子供と接するのか誰よりも知ってる。君の子供は絶対に幸せになれる。だから ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ だから ・ ・ ・ 俺はタマヨリとの子が欲しいんだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

アエズは、勢い余って彼女を抱きしめた。

そして、断る理由が無くなってしまったタマヨリは、やっと首を縦に振ってくれた。

 

長年の片思いがやっと実り、アエズは早速、彼女を連れてホオリに報告しに行った。するとホオリはとても喜んでくれた。

「てか、産屋っっ!! ・ ・ ・ 産屋作んなきゃ!!!」

「落ち着け親父。俺らまだ初夜すら迎えてねーから。」

父の必死の訴えもあって、アエズが産屋を覗くことはなかった。2人は4人の子供に恵まれ、幸せに暮らした。

 

「太陽の神」天照大神アマテラスの孫ニニギが「山の神」と結ばれ、天と山の力を持ったホオリとアエズが「海の神」と結ばれた事から、天山海の力、全て兼ね備えた子供達だ。

この自然の力を持ったアエズとタマヨリの末っ子が、やがて初代、神武天皇となる。

こうして、彼の誕生によって上巻の神話の章は幕を閉じる。

『系図』アマテラス、ニニギ、オオヤマツミ、サクヤヒメ、ホデリ、ホスセリ、ホオリ、オオワダツミ、豊玉姫、玉依姫、アエズ、イツセ、イナヒ、ミケヌ、イワレビコ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。