天皇記『カムヤマトイワレビコの東征 』

カムヤマトイワレビコ、イツセ

イツセとイワレビコの旅

タマヨリとアエズの息子、イツセ、イナヒ、ミケヌ、カムヤマトイワレビコの4人はすくすくと育った。

やがて彼らが大人になると、次男のイナヒは海の血が濃く出ちゃったもんだから地上は息苦しいと言って、トヨタマのいるワダツミの宮殿に引っ越してしまった。

そして、三男のミヌケはスクナビコナも向かった常世の国へバカンスに行ったまま帰らない。その後、新羅に行って王様になったらしい。なんて噂も聞こえて来たが、本人からの連絡が一切無いので、本当かどうかもわからない。

そこで残った長男のイツセと四男のイワレビコは2人で日向の高千穂を治めた。

 

そんなある日、2人は天下を安らかに治めるにはどうしたらいいか話し合っていた。

 

「つーか、そもそも、この国の民は分かってるんかな??天つ神の御子(みこ)が降りてきたって。わかってないんじゃない??だって、日向(ひむか/宮崎県)、端っこ過ぎじゃん。絶対みんな気付いてないって。」

 

兄のイツセは不満げだ。というのも、ニニギが葦原の中つ国あしわらのなかつくにに降りてきてからというもの、平和すぎて、国を治めている実感が全く無かったのだ。

それなのに、本島の方ではまだ悪い国つ神が民を虐げているなんて話も聞く。しかし、こんな端っこに都を構えていては、それを確認することすらままならなかった。

 

「確かに ・ ・ ・ もっと国の中央に都を置いた方がいいのかな。」

 

イワレビコが呟くと、イツセは満足げに笑って大きく頷いた。

 

「やっぱお前もそう思うか?俺もさ、アマテラスの御子的に?東がいいと思うわけ。行こうぜっ!!東っ!!

はぁ!?兄貴、マジで言ってんの??つーか、東ってアバウト過ぎじゃない?」

「マジだって!いつまでもココでチンタラしてたらしてられっかよ。本島ではか弱い民が俺らの到着を心待ちにしているはずだ!日向だけ平和になったってしょうがないだろ??俺らはオオクニヌシからこの国を譲ってもらったんだから。全ての民を幸せにする義務があるっ!!

「全ての民って ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スケールデカすぎ。」

「俺らならできるさ。お兄ちゃんを信じなさいっ!!

 

イツセは仁王立ちで二カッと笑った。こうなったらもう兄は止まらない。イワレビコは呆れながらも「わかったよ、信じる。」とはにかんで笑い、イツセの案に乗った。

 

こうして2人は覚悟を決めると、妻と子供を日向に残し、日向最強の『久米兵(くめへい)』と共に船に乗り込み旅立った。

 


 

まず、一行は九州の上の方に向かった。宇沙(うさ/大分県)に着くと、そこの主は宮殿まで作って2人を歓迎してくれた。他にも、進む度に各地で皆が歓迎してくれるものだから、岡田(福岡県)に1年、多祁理(たけり/広島県)に7年、吉備(きび/岡山県)にも8年と、ついつい長居をしてしまった。

イツセは、のんびりと恵まれた旅路の中で、ふと我に返ると「んあぁ!ダメだぁ!!この優しさに甘えちゃダメだあぁ!!」と言って、さらに船を東へ進めた。

 

そんなある日、2人が明石海峡を渡ろうとすると、亀の甲に乗って鳥みたいに袖をパタパタさせながら釣りをしてる変人を見つけた。

「兄貴!見ろよ!あそこにちょー変なおっさんがいるんだけどっ!!」

「まじだ ・ ・ ・ あんなバタバタしてたら、魚釣れねぇよなぁ ・ ・ ・ きっと、なんか、すげーおっさんなんだよ。もしかしたら、この辺も詳しいんじゃないか??」

「確かに ・ ・ ・ ・ ・ ・ オレ、道詳しいか聞いてくる!

イワレビコが、そのおっさんに声を掛けると、この辺の国つ神で、海の道にも詳しいというので、竿を下ろして引き上げ、船の中に入れてあげた。
おっさんは、大阪湾の先まで道を案内してくれたので、お礼にサオネツヒコという名前をあげた。

 

サオネツヒコと別れた一行は、船をさらに進め、大阪湾を超えて、明け方には淀川の支流まで来た。しばらくここで停泊することになり、船を降りようと、陸を見渡したイワレビコは、近くに何かうごめくものをみつけた。

何だあれ。こっちに近づいてくる?人?たくさんいるな ・ ・ ・ 祭りでもあるのか?

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 違っ ・ ・ ・ 軍だっ!!!」

 

慌ててイワレビコはイツセの元に走った。

 

「兄貴っ!!奇襲だっ!!!」

 

「え?マジかよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 俺まだパジャマなんだけどっ!!くそっ!!!皆!!武器を取れっっ!!!戦の準備だっ!!!」

 

今まで順調にもてなされてきた一行は、完全に油断しているところを突かれてしまった。待ち伏せていたのは、奈良の生駒山のナガスネビコの軍だ。名前の通り、すんごくスネの長い武将だった。

 

久米兵が敵と激しい攻防戦が繰り広げる中、イワレビコも船から盾を取り出し、奮戦した。そのため、この地は楯津(たてつ/大阪府)と呼ばれるようになる。

 

「あ"あぁぁぁ!!!っ痛てぇ!!!!」

 

イツセのただならない声がひびいた。慌ててイワレビコがけ寄ると、兄の腹部に矢が刺さっていた。

 

「兄貴っ!!大丈夫かよっ??」

「っ ・ ・ ・ 大丈夫だ。だが、このまま戦いを続けたら負けちまう ・ ・ ・ 」

「そんなっ ・ ・ ・ !じゃあ、撤退か?」

「あぁ ・ ・ ・ 俺らは日御子(ひのみこ)だ。太陽に向かって戦っちゃダメだったんだよ。一度引いて、太陽を背に戦おう。」

「 ・ ・ ・ わかった。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ オイッッ!!久米の兵に告ぐっ!!撤退だ!!撤退するぞっ!!今すぐ船を出せっっ!!!

 

久米兵は、ナガスネビコの軍を引き離すことに苦戦しながらも、なんとか浜を離れて船を出した。

こうして命からがら海へと出た船は、南に大きく周り、紀伊(きい/和歌山県)へと向かった。敵がいないことを確認すると一行は船を降り、イツセは血を洗い流した。

 

「兄貴 ・ ・ ・ 血ぃ、全然止まってねーじゃんか。ちゃんと休んで手当てしようよ。」

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 大丈夫だ。周辺を平定しながら生駒山まで戻るぞ。」

 

しかし、流しても流してもイツセの血は止まらなかった。辺りは一面イツセの血で真っ赤に染まり、血沼海と呼ばれるようになった。

 

フラフラになりながらも足を進めるイツセの呼びかけで、一行は前へ前へと進んだ。しかし、紀ノ川の河口まで辿り着いたところで、いきなりイツセが叫びだした。

 

 

「くそぉっ!賤しい奴に傷を負わされたせいで、死ななきゃならねぇのかよっ!!」

 

 

そして雄叫びを上げると力尽きてしまったのだ。

 

 

イワレビコは、呆然ぼうぜんと立ち尽くした。

 

 

いや、だって、奇襲からのここまでの展開早すぎでしょ?今までのんびり兄貴について旅して来たっていうに、イキナリ戦いが始まって、ここから反撃と思ったらさっさと死んじまうなんて ・ ・ ・ ・ ・ ・ ふざけんなよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 兄弟 ・ ・ ・ オレだけになっちまったじゃんか ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

イワレビコがふと我に返り周りを見渡すと、久米兵たちが心配そうに自分を見ていた。彼らの中にも深い傷を負った者は少なくない。兄のために、泣いてくれてる奴もたくさんいる。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 自分がここで弱気な姿を見せるわけにはいかなかった。

 

「 ・ ・ ・ ・ 先に進もう。ナガスネビコのいる生駒山はずっと先だ。この地域を平定しながら進み、生駒山に着き次第あの男を殺る。

 

涙も見せずにイワレビコは前に進んだ。久米兵も静かにうなづくと、黙って彼の後に従った。

タケミカヅチ、アマテラス、タカミムスビ

高天原からのプレゼント

一行は進路を迂回し、熊野(三重県)の森に着いた。

すると、いきなり目の前にでっかい大熊が現れた。『襲われる!』と思い身構えると、大熊はすぐ藪の中に消えてしまった。

「 ・ ・ ・ なんだったんだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 今の。」

イワレビコが動揺していると、パタリ。後ろで誰かの倒れる音がした。振り返ると、パタパタと久米兵が倒れて行く ・ ・ ・ まずい!大熊の毒気にやられた!!しかし、気付いた時には既に遅く、彼もすぐに意識が遠のき倒れてしまった。大熊は荒ぶる神の化身だったのだ。

 


 

彼らの意識が無くなってから、かなりの時間が経った。

すると、どこからか立派な剣を持った男が息を切らしながら彼らの元に走って来た。久米兵を飛び越えイワレビコの前まで辿り着くと思いっきり剣を振りかざす。

 

「ハッ ・ ・ ・ ・ ・ ・ !!」

 

その瞬間、イワレビコと久米の兵が続々と目を覚ました。

 

「長いこと ・ ・ ・ 眠ってたのか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ?」

 

剣を持った男は頭を下げると膝を付き、イワレビコにその剣を差し出した。

 

「 ・ ・ ・ ありがとう、あなたが助けてくれたのか。あなたは一体 ・ ・ ・ 」

「はっ、私は国つ神のタカクラジと申します。タケミカヅチ様の命で参りました。」

「宝クジさん ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 夢のあるいい名前だな。」

「いえ、タカクラジです。」

「え?あ、悪い。えっと ・ ・ ・ そしたら、その剣はタケミカヅチ様がタカクラジさんに?またこっちに降りて来たのか?」

「いえ、タケミカヅチ様にはお会いしていないんです。実は夢を見まして ・ ・ ・ 」

タカクラジは、その不思議な夢の話しを始めた。

 

古事記ライン

 

・ ・ ・ 私は気がつくと、広い部屋に雲がかかったような、不思議な空間を覗き込んでおりました ・ ・ ・

そこには見るからに高飛車たかびしゃな顔をした女の子と、ふわふわした感じの男性が深刻な顔をして座っておりました。そして、いきなり部屋の戸が開いたかと思うと、ヤンキーみたいな男が入って来て、2人の前で膝を付いたのです。

 

「タケミカヅチっス!!アマテラスの姉御、高木の旦那、お呼びでしょうか!!」

 

そのお名前を聞いて驚きました。高飛車たかびしゃ天照大神アマテラスオオミカミ様で、ふわふわが高木神タカギノカミ様だったのです。お2人がタケミカヅチ様を呼び出されたご様子でした。

 

「タケミカヅチさん、急に呼び出しちゃってすみません。葦原の中つ国あしわらのなかつくにが最近、騒がしく乱れているという話しは聞いていますね?」

「ウっす!」

「そこで ・ ・ ・ 」

 

高木神タカギノカミ様が言いかけると、天照大神アマテラスオオミカミ様が取り乱したご様子で ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

「それでね、私の子が熊野で困ってるらしいのっ!ねぇ、どうしよう!!あの子達、大丈夫かなぁ??悪い国つ神にいじめられてないかなぁ???」

 

「はぁ ・ ・ ・ 」

 

葦原の中つ国あしわらのなかつくにはあんたが平定させたんだからさぁ、あんたが、あの子達のこと助けに行ってあげてよっ!!」

 

はぁ?いや、でも、せっかくお子さんたちに任せたんスから、そこは見守ってやるのがスジってもんじゃないっスか??過保護は良くないっスよ。」

「ぶぅ ・ ・ ・ でも心配なのっ!!!」

「んーー ・ ・ ・ わかりました。したら、わざわざ俺が行かなくても、出雲いずもで使った剣があります。それを熊野に下ろしてやりましょう。熊野には、タカクラジっていう国つ神がいるんス。アイツの家の屋根に穴を空けて剣を落としておいて、目覚めたら事の経緯を伝えときます。」

「そぉ ・ ・ ・ ・ ・ ・ なんか、夢のある良い名前ね。じゃあ、その人にお任せしようかな ・ ・ ・ 。よろしくね、タケミカヅチ。」

「はっ!!」

そういうと、タケミカヅチ様は天照大神アマテラスオオミカミ様に一礼をし、顔を上げると、そのままスっと私の方を見たのです。彼らからは見えていないと思っていた私は驚いて跳ね上がりました。

 

古事記ライン

 

「そこで目が覚めるといつもの私の部屋で ・ ・ ・ しかし、屋根にはぽっかりと穴が空いていて、枕元を見ると夢に出たこの剣が置いてあったので、これは夢じゃない!!と思い、急いでこちらに参った次第です。」

「アマテラス様 ・ ・ ・ オレらのこと忘れずに見守ってくれてたんだ。」

頼れるイツセの死で、拠り所を失っていたイワレビコの心が、なんだか急に軽くなった気がした。

「たいそう心配しておられました ・ ・ ・ 。」

「そっか ・ ・ ・ ・ ・ ・ よかった。オレはてっきりニニギ様がブスを追い返したせいで見放されちまったモンかと思ってたから ・ ・ ・ 」

「へ?」

「え、あ、ごめん。身内ネタだった。そっか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ということは、この剣はあの時のものなんだな ・ ・ ・ ・ ・ ・ あの出雲いずもの波打ち際で ・ ・ ・ タケミカヅチ様のケツにブッ刺さった、あの ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

「へ??」

「あっ、いや、悪い。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ これも身内ネタだったわ。」

 

この剣はやがて神格化し、フツノ神と呼ばれるようになった。今でも奈良県の石上神宮に祀ってある。

 

「タカクラジさん、助かったよ。じゃあ、これで。オレらは先を急ぐ。」

「あ、もう少しお待ちください!」

「ん?まだ何か?」

「はい、実は、ここまでの道中、私の頭の中にスピーカー越しのような声がひびきまして ・ ・ ・ 」

 

古事記ライン

 

プツッ

・ ・ ・ ス ・ ・ ス ・ ・ ・ テステス ・ ・ ・ あーあー。どもー聞こえますかー??高木神タカギですけどー ・ ・ ・ ココ、タカクラジさんの脳みそで大丈夫ですかね?

大丈夫そうですかね。

いやー ・ ・ ・ 熊野なんですけど、他にも荒々しい神がいっぱい住んでいましてね。あんまり山奥とか入らないで欲しいんですよ。高天原たかまがはらから八咫烏ヤタガラスを送るんで、道案内に使ってください。それまでみんなには待機するように伝えておいてください。お願いしますねー。

ガサッ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

よし。これでちゃんと伝わったのかな?

・ ・ ・はぁ。思金神オモヒカネが降りちゃってからずっとこんな仕事ばっかだy ・ ・ ・

プツッ

・ ・ ・ ツーッツーッーー ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

古事記ライン

 

「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ とのことで ・ ・ ・ 」

「そ、そっか。 ・ ・ ・ なんか ・ ・ ・ 上は上でいろいろあるんだな ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」

 

イワレビコは高天原たかまがはらってどこらへんにあんのかな ・ ・ ・ 。』とか考えながら、しばらくの間、ぼーっと空を眺めていた。この頃には世界の形も出来上がり、葦原の中つ国あしわらのなかつくにから高天原たかまがはらを見つけることができなくなっていた。

やがて一羽のカラスが飛んで来た。

 

その烏はすっとイワレビコの肩に止まった。よく見ると足が三本も生えている。

まさか、このカラス ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

サッカー日本代表のエンブレムの元ネタ ・ ・ ・ !!!!!

 

「フン!俺様が案内してやるよ。ついて来なっ!!」

 

「しかも、喋った!!」

 

イツセの死から嫌なこと続きだった一行は、新たな仲間にテンションが上がった。こうして高天原たかまがはらのサポートを受けながら、イワレビコ達の旅は始まった。

『系図』アマテラス、ニニギ、オオヤマツミ、サクヤヒメ、ホデリ、オオワダツミ、豊玉姫、玉依姫、アエズ、イツセ、イナヒ、ミケヌ、イワレビコ、ナガスネビコ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。