日本神話『三貴神の誕生』

アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

三貴神の誕生

黄泉の国から脱出したイザナギが地上に戻ると、外はまだ夜明け前だった。

夜風がとても心地よい。

イザナギ

イザナギ

はぁ。今思えば何であんな穢れた国に行っちゃったんだろ。

黄泉の国よみのくにのことを思い出すと背筋がゾッとした。

イザナギ

イザナギ

うぅー。なんか、全身モヤモヤするし、服に臭いついちゃって体中クサイし ・ ・ ・ 禊して身を清めた方がいいか。

みそぎとは、水でけがれを清める儀式のことだ。

イザナギ

イザナギ

そーいや、筑紫の日向に禊に良さそうな川があったな。せっかくだし、そこに行ってみよう!

line

イザナギが出雲から日向に飛ぶと、月明かりにキラキラと照らし出された美しい河原が見えてきた。

イザナギ

イザナギ

あそこだ。

イザナギは髪を解き、服を脱ぎ捨てながら、河原に近づいた。

すると、不思議なことに服を脱ぎ落とすたび、新たな神々が生まれてきた。

イザナギ

イザナギ

わ。いつの間にか12人も生まれてる ・ ・ ・

イザナギは、ワラワラ生まれてきた子供たちをかき分けながら河原を覗き込んだ。

イザナギ

イザナギ

この川、上流は流れが速くて怖いけど、下流はゆっくりすぎて穢れが流れなさそう。

そこで川の中ほどに潜って水を浴び、身体を清めた。すると、またそのたびに新たな神々が生まれた。

黄泉の国の穢れを払ったため、『マガツ神』っていう邪悪な神様も生まれてしまったが、その次には『悪いことを無かったことにしてくれる神様』も生まれてきたので、

イザナギ

イザナギ

ま、いっか。

と思い、禊を続けた。

川の底と、中と、上で、それぞれ穢れを払うと、福岡県の住吉神社に祀られているメジャーな神様を含め、合計11人もの神様が生まれてきた。

そんな生まれたての神々がふわふわと宙を舞う中、空が朝焼け色に染まる。

line

やがて朝日が差し込み、辺りは神秘的な空気に包まれた。

そんな中、イザナギが最後に左目を清めると、天照大御神アマテラスオオミカミ

右目を清めると、月読尊ツクヨミノミコト

鼻を清めると、須佐之男命スサノオノミコトが生まれた。

三貴神さんきしんと呼ばれる強力な神々だ。

イザナギ

イザナギ

わぁ ・ ・ ・ すごい ・ ・ ・ 僕らは子供たちを生んで生んで生みまくってきたけど、最後にこんなに尊い神が生まれるなんて ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

・ ・ ・ ・ ・ ・

嬉しそうな父親の姿に、少し高飛車な印象の女神、アマテラスは得意げに微笑んで見せた。

ふいに、イザナミの笑顔と重なる。

1人で三貴神を生んだイザナギだったが、子供たちにどこか彼女の面影を感じた。

イザナギは、首からかけていた玉飾りのネックレスをはずし、『シャラン』と心地よい音を鳴らして、アマテラスにプレゼントした。

イザナギ

イザナギ

アマテラス、君は高天原を治めなさい。

アマテラス

アマテラス

はいっ!

アマテラスは嬉しそうに答える。

イザナギ

イザナギ

ツクヨミは夜の国を。

ツクヨミ

ツクヨミ

はい。

イザナギ

イザナギ

そして、スサノオは海原を治めなさい。

スサノオ

スサノオ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ はい。

使命感に燃えている様子のアマテラスと違って、男性陣はリアクションが薄い。

しかし、みんな素直に天と月と海に向かって行ったので、とりあえずイザナギも家に戻ることにした。

line

こうしてイザナギがオノゴロ島に戻ると、信じがたい光景が目の前に広がっていた。

海が荒れて荒れて荒れまくっていたのだ。

海を任せたのはスサノオだ。

イザナギ

イザナギ

つーか、任せた後の海の方が荒れてるって、どーいうこと???

イザナギ

イザナギ

・ ・ ・ ・ ・ ・ いや、つってもまだ生まれたばっかだもんな。そんなすぐには治めらんないよね??

しかし、何年経っても、何年経っても、海の大荒れは収まらない。それどころか、この大荒れに引き寄せられるかのように、悪霊が大量に増えてしまった。

イザナギ

イザナギ

あぁーーもぅっっっ!!!アイツ、なにやってんだよっっっっ!!!

今年でいくつになるわけ???もうヒゲもモシャモシャになってる頃じゃない??

イザナギ

イザナギ

・ ・ ・ ・ ・ ・ うぅーん ・ ・ ・しょうがないな ・ ・ ・様子でも見に行くか ・ ・ ・ ・ ・ ・

line

こうしてイザナギがスサノオを探しに出かけると、大海原に向かって泣き叫んでいる息子の姿を、すぐに見つけることができた。

あまりにも大きな声で泣き続けるものだから、周りの木々は枯れ果て、泉も干上がり、悪霊が充満している。

イザナギ

イザナギ

原因これだぁぁぁーーーーー ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

イザナギはスサノオのあまりの荒れように呆然と立ち尽くした。

スサノオ

スサノオ

うおおおおおん!!うおおおおおおん!!!!!

もはや泣いているんだか叫んでいるんだかよくわからない。

イザナギ

イザナギ

コイツ何年間この状態で泣き続けてんだよ ・ ・ ・

と、呆れながらも放っておくわけにもいかず。イザナギはスサノオの様子を見ながら、優しく話しかけた。

イザナギ

イザナギ

なぁ、スサノオ ・ ・ ・ どうかしたのか??何で泣いてるんだ???誰かにイジメられたのか????

スサノオ

スサノオ

ひっく ・ ・ ・ ・ ・ ・ ひくっ ・ ・ ・

イザナギ

イザナギ

・ ・ ・ スサノオ?

スサノオ

スサノオ

ちがう ・ ・ ・ ひっく ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 根の堅洲国に行きたい ・ ・ ・ ・ ・ 母ちゃんに ・ ・ ・ 会いたいんだ ・ ・ ・

それは、予想外の答えだった。根の堅洲国ねのかたすくにと言えば黄泉の国のある地下の国だ。根の堅洲国では黄泉の国と違って、生者も住むことができるのだが、それでも生と死が曖昧な不穏な国には変わりがない。

イザナギの脳裏に、あの日の記憶が蘇る。

イザナギ

イザナギ

・ ・ ・ ・ ・ ・ 駄目だ。それはできない。

スサノオ

スサノオ

なんでっ??

イザナギ

イザナギ

スサノオ、イザナミは死者になってしまったんだ。会いに行けばお前だって ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

嫌だっ!!母ちゃんに会いたいっ!!

スサノオは声を荒げた。聞き分けのない息子の態度に、イザナギも徐々にイライラが込み上げてくる。

イザナギ

イザナギ

つっても、こんな図体ばっかデカくて、中身がガキんちょの子を根の国に行かすわけにもいかないし ・ ・ ・

イザナギ

イザナギ

スサノオ、それはお前が死者の恐ろしさを知らないから言えるんだ。いいから、いうことを聞きなさい。

スサノオ

スサノオ

母ちゃんが恐い人なわけないだろっっ!!!父ちゃんの意気地なしっ!!!!俺は絶対に根の国に行くんだっっ!!!

イザナギ

イザナギ

駄目だ、スサノオ!!いい加減にしろっ!!!

と、イザナギもつい声を荒げてしまう。

スサノオ

スサノオ

うぅ ・ ・ ・ う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ うああああああああああああっっ!!!!!

スサノオが泣き叫ぶと、周りの木々は更に腐り、海は大荒れとなった。

イザナギ

イザナギ

やめろ!スサノオ!!みんなに迷惑がかかってるのが、わからないのかっ!!

しかし。スサノオは泣き止まない。

スサノオ

スサノオ

うああああああああっっっ!!

イザナギ

イザナギ

あぁ!もういいっ!!とにかく、根の国に行くことだけは許さないっ!!!聞かないなら、日本から出て行け!!!
追放だっっっ!!!

スサノオ

スサノオ

んぐああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

スサノオは泣き叫びながらどこかへ行ってしまった。

泣き声が聞こえなくなると辺りはしんと静まり返った。

イザナギ

イザナギ

ハァ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

イザナギは深い深い溜め息をついた。

イザナギ

イザナギ

自分の子供にロクな説教もできないなんてな。もしイザナミがいてくれたら ・ ・ ・

ふいにギュっと胸が締め付けられる。

イザナギ

イザナギ

いや、よそう。きっとイザナミを失った時点で、僕らの時代は終わっていたんだ。後は子供たちに任せよう。

この事件を機にイザナギは淡海へ渡り、隠居生活を送ることにした。

こうしてイザナギとイザナミの物語は幕を閉じ、主人公は2人の子供たちへと移っていく。

『系図』イザナギ、イザナミ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。