日本神話『スサノオとアマテラスの誓約』

アマテラス、スサノオ

スサノオとアマテラスの誓約

イザナギに日本を出て行くように言われたスサノオは、気が立っていた。

スサノオ

スサノオ

あームカつくムカつく ・ ・ ・ 俺はただ母ちゃんに会いたいって言っただけじゃねーか ・ ・ ・ ・ ・ ・

スサノオがイライラしながら歩くと、周りの木々は腐り、空からは雷が落ちた。

スサノオ

スサノオ

でも、国から出るように言われちまったしなぁ ・ ・ ・。

最後になるだろうから、アマテラスのネェちゃんに顔出してから行くか

そう思い、スサノオは高天原たかまがはらの宮殿に向かって飛んだ。すると、今度は大地が大きな音を立てて揺れ動いた。

ゴォォォン・・・!!

高天原の神殿にも雷のような轟音が響く。

アマテラス

アマテラス

な ・ ・ ・ ・ なによ、この音??地震???

尋常ではない音に、アマテラスは身を構えた。

すると、オモヒカネが慌てた様子でアマテラスの部屋に飛び込んで来た。オモヒカネはフワフワしているタカミムスビの息子で、とても頭の良いインテリな神だ。

オモヒカネ

オモヒカネ

アマテラス、大変です!スサノオがものすごい剣幕でこちらに向かって来ています!!

アマテラス

アマテラス

なんですってっ!?あのスサノオが来るなんて ・ ・ ・何か良くないことを考えてるに決まってる!!

アマテラス

アマテラス

まさか、私の国を攻めにっ!? ・ ・ ・ どうしよう ・ ・ ・ 高天原を守らなくちゃ ・ ・ ・ ・!!

アマテラスは慌てて武器庫に駆け込むと、髪を解き男性のようにミズラを結った。

そして、勾玉を連ねた長い髪飾りとブレスレットをお守りにつけ、さらに腕にも防具を装備すると、背には1000本、脇にも500本の矢を入れた。

日本初の男装だ。

アマテラス

アマテラス

よしっ!!

line

準備が整い表に出ると、スサノオはすぐそこまで来ていた。

アマテラスは威嚇して弓を振り、仁王立ちでスサノオを迎えた。雲が砂ぼこりのように舞い、なかなかの迫力だ。

アマテラス

アマテラス

スサノオ!それ以上、こっちに来ないで!!あんた、何しに高天原まで昇って来たのよっ!?

スサノオ

スサノオ

ネェちゃん ・ ・ ・ なんっちゅー格好を ・ ・ ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

お姉様って呼びなさいっっ!!

スサノオ

スサノオ

・ ・ ・ ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

あんた、あれだけ泣きじゃくってみんなに迷惑かけてたくせに!!今さら何しにきたわけっ!?

アマテラスの問いに、スサノオは不機嫌に答えた。

スサノオ

スサノオ

別にただ泣きじゃくってたわけじゃねーよ。俺は母ちゃんに会いたかっただけだ!

スサノオ

スサノオ

なのに父ちゃんがそんなことは許さないって ・ ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

その腹いせに高天原を奪いに来たってわけ??

スサノオ

スサノオ

違げぇよ!冷静になれよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オネエサマ。話になんねぇ。

アマテラス

アマテラス

私はあんたのことが信じられないの!悪意が無いなら証明してみせなさいよっ!!

スサノオ

スサノオ

っせーなぁ。わかったよ。そんなにいうなら、誓約しようじゃねぇか。

誓約うけいとは、お互いに譲れないことがあった時に、どちらが正しいかを占うことだ。

賭けに勝った方が正しいことになる。2人は、生んだ神の性別でどちらが正しいかを占うことにした。

アマテラス

アマテラス

良いわ。じゃあ ・ ・ ・ あんたの腰の剣をもらおうかしら。

スサノオ

スサノオ

あぁ、いいぜ。俺はその勾玉をもらおう。

早速、アマテラスはスサノオの剣を受け取ると、バキボキと素手で3つに折りにし、井戸水で清め、口に含んでバリボリと噛み砕いた。

女子と言っても、さすが神。

そして『ふーっ』と吹き出すと、霧のような吐息の中から3人の女神が生まれてきた。宗像三女神ムナカタサンジョシンと呼ばれる、最近、世界遺産で話題になった航海の神々だ。

また、スサノオもアマテラスの勾玉を井戸水で清め、口に含んでポリポリ砕いた。

そして『ふっっ!』と吹き出すと、今度はアメノオシホミミ、アメノホヒ、アマツヒコネ、イクツヒコネ、クマノクスビの5人の男神が生まれた。

このうち、長男のオシホミミは天皇家のご先祖様。次男のホヒは出雲国造家のご先祖様だ。

アマテラスは、生まれた神々を見ながらつぶやいた。

アマテラス

アマテラス

私の勾玉から生まれた5人の男神が私の子で、あんたの剣から生まれた3人の女神があんたの子 ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

フン!つまり、心優しい女子を生んだ俺に、高天原を攻める意思はなかったって証明できたわけだっ!!!!

スサノオ

スサノオ

ぃよっしゃぁーっっっ!!!!俺の勝ちぃーーっっっ!!!!

アマテラス

アマテラス

えっっ!?

アマテラスは、スサノオに言われるまで自分が負けたとは思っていなかった。

というのも普通、誓約うけいをする際は、あらかじめ勝ち負けのルールを決めるのだが、今回それをすっかり忘れていたのだ。

しかし、スサノオのいう通り女子を生んだということは攻める気は無かったのだろうと納得した。

アマテラス

アマテラス

うぅん ・ ・ ・ そうね ・ ・ ・ ・ ・ ・ 疑って悪かったわよ。

スサノオ

スサノオ

だから言ったろ??俺、まだ行き先が決まってねーんだ。しばらくここで世話になるからなっ!!

アマテラス

アマテラス

わかったわよ ・ ・ ・ でも、みんなに迷惑をかけないでよね。

スサノオ

スサノオ

おぅっ!!

しかし、ここでアマテラスがスサノオを受け入れてしまったことが、あの有名な事件を起こす引き金となってしまう ・ ・ ・ ・ ・ ・

『系図』イザナギ、イザナミ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。