日本神話『スサノオの暴走』

スサノオ

スサノオの暴走

誓約うけいに負けたアマテラスは、スサノオを高天原たかまがはらの神殿に迎え入れた。ウルサイ弟だが、なんだかんだで自分を頼ってきてくれたことは嬉しかった。

しかし翌日、アマテラスの部屋に八百万の神々の一人が飛び込んで来た。

コヤネ

アメノコヤネ

アマテラス!助けてくれっ!!スサノオが育てた作物を荒らしまくってる!!!

どうやら調子に乗ったスサノオが、早速問題を起こしたらしい。

しかし誓約でも示された通り、彼はちょっとやんちゃなだけで悪気は無いのだ。

そんな弟のために、アマテラスはすかさずフォローを入れた。

アマテラス

アマテラス

いや、でも ・ ・ ・ スサノオは見た目によらず、可愛いところもあるのよ? ・ ・ ・きっと 害虫駆除をしてくれてるんじゃない??

と、アマテラスが神力を込めて言霊を発すると、たちまち畑は綺麗に戻り、害虫も消えた。

コヤネ

アメノコヤネ

・ ・ ・ ・ ・ え、あぁ、 そうかぁ???そうは見えなかったんだけどなぁ。

しかし、次の日もまた別の神が部屋に飛び込んで来た。

ウズメ

アメノウズメ

アマテラスちゃ~ん ・ ・ ・ どうしよぉ??スサノオくんが田んぼの水路を壊しちゃったの!!しかも、まだお馬さんに乗って、穂の上を走りまわってるんだよ??お願い、止めさせてっ!

アマテラス

アマテラス

あぁ ・ ・ ・ ・ ・ それはきっと畑を作ろうとしているのね!!

ウズメ

アメノウズメ

はたけー??

アマテラス

アマテラス

ほら、水路って、けっこー場所使うじゃない??それより畑の方が作物がたくさんできるって、みんなのこと思って ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

いい子でしょ???だいじょぶだいじょぶ。何の問題もないからっ!!!

するとまた、アマテラスの言霊の力で田んぼが畑へと変わった。

ウズメ

アメノウズメ

ん〜。そ〜だったっけかなぁ??

ウズメ

アメノウズメ

ま、いっか!

さらに次の日は ・ ・ ・

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

アマテラス!!大変だっっ!!!!スサノオの奴、神殿のそこら中に、脱糞しやがった!!!

アマテラス

アマテラス

ダダッッ ・ ・ ダップン!?・ ・ ・ ・ ・ ダップ ・ ・ ・ ・

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

臭くて掃除もできねぇよっ!!

アマテラス

アマテラス

え ・ ・ えっと ・ ・ ・ ・ お ・ ・ ・ ・ ・お酒に酔っちゃったのかなっ??

アマテラス

アマテラス

そうねっ!きっとお酒に酔っちゃったのねっっ!それ、ウ●コじゃなくてゲロよ。ゲロ!!大丈夫!なんとかなるっっ!!!

すると今度は、神殿中のウ●コが、ゲロに変わった。

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

いやぁ、ゲロでもダメだろ ・ ・ ・ ・ ・ ・

このようにアマテラスは、事あるごとにスサノオを神力を使ってかばった。

line

そんなある日。

アマテラスは、どんどん悪化するスサノオの暴走っぷりに疲れ、気晴らしに機織女たちのいる機織り部屋へ遊びにきていた。

自分でも手を動かし、神事に使う神聖な布を織っていく。久しぶりの単純作業が楽しくて心地よい。

と、その時。

ドーン!!

という大きな爆発音と共に天井が抜けたかと思うと、皮を剥がされた馬が落ちてきた。その馬が、パニック状態で部屋の中を暴れまわる。

機織女たちが泣き叫び、外へと逃げ出していく。今までコツコツ織ってきた布も、機織り機も、部屋の壁も柱も全て粉々にして、馬は扉まで壊して外に出て行ってしまった。

一瞬の出来事に、アマテラスは恐怖で部屋の端にちぢこまった。

スサノオ

スサノオ

ガハハッッ!!!ちょ〜慌ててやんのっ!!おもしれぇー!!!!

スサノオの声だ。これもまた彼の度を過ぎたイタズラだった。

しかし、スサノオはすぐにどこかへ行ってしまったようで、部屋はシンと静まり返った。アマテラスが壊れた機織り機や道具が散乱した部屋を見渡すと、誰かが倒れている姿を見つけた。

とてつもなく嫌な予感と共に、恐る恐る近づく。

アマテラス

アマテラス

!!

そこには、機織りの道具が陰部に刺さり、亡くなっている機織女の姿があった。

アマテラスはその場で力なくへたり込んだ。

ドタタタ

オモヒカネ

オモヒカネ

アマテラスっっ!!!何があったんですかっ!?

騒ぎを聞きつけたオモヒカネがアマテラスの元へ駆けつけてきた。彼の後ろからも、八百万の神々が、戸惑った様子で駆けてくる。

オモヒカネ

オモヒカネ

アマテラス、大丈夫ですか?

アマテラス

アマテラス

私のせいだ ・ ・ ・ ・ ・

オモヒカネ

オモヒカネ

何言ってるんですか。それよりお怪我は ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

私がスサノオを放っておいたからこんなことに ・ ・ ・ ・ ・

オモヒカネ

オモヒカネ

だから、貴方のせいでは ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

違うっ!!私のせいよっっ!!!

そう叫ぶとアマテラスは何もかも投げ出して、その場から逃げた。

line

そして、ゴツゴツと大きな岩が広がる岩山へと飛んだ。そこには『天岩屋戸あまのいわやど』と呼ばれる、大きな岩のくぼみと岩戸がある。

彼女はそのくぼみに駆け込むと、岩戸をピシャリと閉め、結界を張った。

アマテラス

アマテラス

自分の弟の面倒もみれないくせに、私なんかが高天原のこと治められるわけないよ ・ ・ ・

今までイザナギに言われた通り、高天原の最高神として、努力してきたつもりだったが、その何もかもが無駄に思えた。

アマテラスはその場でうずくまり、子供みたいに泣きじゃくった。

『系図』高天原の八百万の神々:タカミムスビ、オモヒカネ、アメノウズメ、アメノコヤネ、フトダマ、タヂカラオ、イザナギ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。