日本神話『天岩屋戸』

アマテラス、オモヒカネ、アメノウズメ

天岩屋戸

八百万の神々はオモヒカネに頼まれたものを持って、ぞろぞろと天岩屋戸の前へ集合した。

するとそこにはかがり火が焚かれ、中心に大きなオケをひっくり返した即席ライブステージが用意されていた。その後ろには演奏の得意な神々が座り込み、楽器のチューニングをおこなっている。

八百万の神々は、そのライブステージの周りに集まると、おもむろに宴会の準備をはじめた。

隣には常世の長鳴鳥とこよのながなきどり ・ ・ ・ つまりは、超うるさく鳴き叫ぶニワトリが柵の中に大量に入っている。普段はうるさすぎて、迷惑な害鳥扱いされている常世の長鳴鳥だが、今日はみんなから期待の視線を送られ、なんだかいつもより偉そうだ。

その奥では力自慢のタヂカラオが、岩戸の影に隠れた。

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

スタンバイOKだ!

岩戸のナナメ前には、フトダマが飾り付けされたサカキの木を持って立つ。

フトダマ

フトダマ

この角度で大丈夫だよね??

岩戸の前では、コヤネが座り祝詞のりとのスタンバイをした。

コヤネ

アメノコヤネ

ゴホンッ

そして、最後にウズメがライブステージの上に登った。その姿を見て、周りで待機していた神々がざわつく。

ウズメはカヅラの葉を衣装に飾り、頭にはその花を挿している。かわらしい衣装だが、なんだか、角度を変えたらイロイロ見えちゃいそうで、かなりキワドイ。

ウズメ

アメノウズメ

ウズメ、いつでも踊れまぁす♪♪

と、オモヒカネに合図を送ると、そのキワドイ衣装の腰紐を、さらにグイッとギリギリまで下げ、手に持った笹の小枝をサラサラと揺らし誘うような音を立てた。

八百万の神々からは『おぉー』とマジ声が上がった。

line

これで、全ての準備が整った。

オモヒカネは小高くなった岩の上で全体を見渡し最終チェックをすると、神々に作戦開始の合図を送った。

オモヒカネ

オモヒカネ

みなさん、お待たせしました。それではこれから、『アマテラスを岩戸から出そう大作戦』を実行します!!

どうやら、ネーミングセンスは無いらしい。

オモヒカネ

オモヒカネ

チャンスは一度だけ。これに失敗すれば我々に未来はないでしょう。それぞれ事前にお伝えした通りに、よろしくお願いします。

・ ・ ・ ・ では、常世の長鳴鳥から行きますよっ!!

オモヒカネ

オモヒカネ

うりゃっっ!!騒いでくださいっっ!!!

ゴッゴッゴゲーッコッコッコッ・・ゴゲーゴゲー!!

常世の長鳴鳥はここぞとばかりに鳴き叫んだ。

続いてコヤネが祝詞を唱える。

コヤネ

アメノコヤネ

・ ・ ・ かしこみ~かしこみ~もまもお~す~~

祝詞を唱え終えると、ダンスミュージックが始まった。ウズメが曲に合わせて踊りを舞う。八百万の神々はそれを合図に乾杯し、ウズメのダンスを見ながらどんちゃん騒ぎ、大いに盛り上がった。

祝詞を唱え終えたコヤネは、ライブを近くで見たい気持ちをぐっとこらえ、1人でサカキの木を担いでいるフトダマの手伝いに向かった。

「うおぉぉぉ!!ウズメたーん!!!可愛いー!!」

「キャーキャー!!!」

大音量で演奏される音楽に合わせ、ウズメはステージの桶を足で鳴らしながら激しく舞った。ウズメの服が乱れ、乳房がチラつく度に、神々は歓声を上げる。

「ちょ!!見えた!!今、見えたんですけど!!!」

うおおおぉぉぉ!!!!

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!!!!

八百万の神々の手

一方、アマテラスは突然鳴り出した大音量の音楽と歓声に混乱した。

アマテラス

アマテラス

・ ・ ・ ちょっ!えっ!?なに???みんな何で騒いでるの??このニワトリの声は?外は真っ暗のはずなのに ・ ・ ・ ・ 私がいなくても朝が来たってこと?

ワアアァァァ ワアアァァァ ・ ・ ・

大きな歓声が岩戸の中まで鳴り響く。

アマテラス

アマテラス

な ・ ・ ・ なんなのよ ・ ・ ・ 外で何が起こってるの??? ・ ・ ・ ・ ちょっとだけ覗いてみようかな ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

いやでも待て ・ ・ ・ ・ あわてるな ・ ・ ・ これはオモヒカネの罠だ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そう思いながらも誘惑に勝てなかったアマテラスはピシャリと閉めていた岩戸をゆっくりと静かに開いた。しかし、まだ警戒心を解いた訳ではない。声がやっと通るくらいの隙間にとどめた。

それを見たオモヒカネは岩戸の裏に隠れているタヂカラオに、まだ待つよう合図を送った。

アマテラス

アマテラス

ね、ねぇ ・ ・ ・ ちょっと、誰か??なんで、みんなこんなに騒いでるのよ?

ウズメはダンスを踊りながらアマテラスに理由を伝えた。

ウズメ

アメノウズメ

あのね、アマテラスちゃんよりもスッゴーイ神様が現れたから、嬉しくって、楽しくって、みんなでお祝いしてるんだよぉ♪♪

アマテラス

アマテラス

えっ ・ ・ ・ そうなの??

自分から閉じこもったものの、予想外の展開に、アマテラスはちょっぴり傷ついた。岩戸がまた少し開く。今度は、アマテラスの光が通るくらいの隙間だ。

このタイミングを待っていたフトダマとコヤネは、サカキの木をアマテラスに向けた。すると、サカキの木に飾った八咫鏡がアマテラスの光を受け、たくさんの八尺瓊勾玉が反射しあい、あたり一面がキラキラとミラーボールのように輝いた。

美しく飛び散る光に八百万の神々は一層盛り上がる。

アマテラス

アマテラス

眩しっ!! ・ ・ ・ 綺麗な光 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 私よりずっと素敵な神様なのね ・ ・ ・ ・ ・ ・ みんなすごいハシャギようだもん。私がヘコんで引きこもってるっていうのに ・ ・ ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

・ ・ ・ ・なんか、ちょっとムカついてきたな。うぅん ・ ・ ・ ・ ・ どんな奴か、顔だけでも拝んでやろうかしら。

アマテラスの心が揺らぐ。

そんな中、ウズメのダンスはクライマックスに差し掛かっていた。もう上半身には衣が無い。正直なところ八百万の神々は、アマテラスなんかよりもウズメにくぎづけだった。

テンションMAXで神がかりしたウズメは、狂ったように舞い、ついに乱れた衣装は全て落ちてしまった。

ウズメ

アメノウズメ

ありっ?? ・ ・ ・ 全部見えちゃった。

どっ!!アハハハッッ!!

八百万の神々の手

全裸のウズメを見た八百万の神々は大きな大きな声で笑い、その声は高天原中に響きわたった。

ウズメも笑いながら止まらずに全裸で踊り続けた。

アマテラスはさらに混乱する。

アマテラス

アマテラス

えっ??何?何っ??何が面白いの???ギャグセンも高い神様なのっ??

突然の笑い声に、アマテラスは、引き寄せられるかのように、前へ前へと進んだ。岩戸の先には人影が見える。

アマテラス

アマテラス

眩しくて良く見えないけど、きっとあれが新しい神様なんだ。女の人っぽいけど ・ ・ ・ どうせ性格ひん曲がった高飛車な女に決まってる!!

アマテラス

アマテラス

みんなったら何なのよ。みんなってば ・ ・ はぅ ・ ・ ・
いや、泣かないけど ・ ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

でも、もう少しで見えそう ・ ・ ・ ・ ・

アマテラスはついに岩戸からぴょっこり顔を出した。この時を待っていたオモヒカネはタヂカラオに向かって叫んだ。

オモヒカネ

オモヒカネ

今ですっ!

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

よっしゃっ!!

タヂカラオは、オモヒカネの合図でアマテラスの手を引っ張った。

アマテラス

アマテラス

キャッ ・ ・ ・ タヂカラオ??何すんのよっっ!?

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

捕まえたぞ、アマテラス!!

タヂカラオがアマテラスを外に引き出すと、フトダマがすかさず岩屋に注連縄を張った。

フトダマ

フトダマ

これで、もう中には戻れないよっ!

アマテラス

アマテラス

えっ?何なにっ??どーいうことっっ??新しい神様は??

その新しい神様が立っていたはずの場所には、コヤネが八咫鏡のついたサカキの木を持って立っていた。

コヤネ

アメノコヤネ

やっと出てきたな。

その鏡には自分の姿が映り込んでいる。アマテラスは鏡の中の自分を新しい神だと思い込み必死に目を凝らしていたのだ。

口をポカンと空けて呆然としているアマテラスに、オモヒカネはドッキリを明かした。

オモヒカネ

オモヒカネ

ハァ ・ ・ ・ 全部嘘ですよ。貴方が引きこもってから、大変だったんですから ・ ・ ・ 。もうちょっと、ご自分の立場を理解してもらえませんか?

ウズメが横から割り込む。

ウズメ

アメノウズメ

ふふ~、全部ね、オモヒカネくんの作戦だったんだよぉっ♪♪びっくりしたっ??

オモヒカネ

オモヒカネ

ちょっっ!!ウズメさん、早く服着てください!!!

アマテラス

アマテラス

うそ ・ ・ まさか ・ ・ ・ 私のために ・ ・ ・ ・ ・ ?

やっと状況を飲み込んだアマテラスの目には涙が溢れてきた。

アマテラス

アマテラス

あぁ ・ ・ ・ みんなぁ ・ ・ ・ あぅ~ ・ ・ ・ ごめんなさぃ ・ ・ ・ ・ ごめんなさぁぁぃ ・ ・ ・ ふぇ~~ん ・ ・ ・

「うおぉぉ!アマテラスが出て来たぞーっっ!!!」

アマテラスの姿を見た八百万の神々は大喜びし、次々と彼女に声をかけていった。

そして、いつまでもいつまでも歓声が鳴り止まなかったので、神々はアマテラスも入れて宴会を続ける事にした。

こうして高天原と葦原の中つ国に、再び陽の光が戻った。

アマテラス


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。