日本神話『根堅洲国』

オオナムチ、スセリビメ

根堅洲国

二度も八十神に殺されたオオナムチは、スサノオに助けを求めて、根堅洲国ねのかたすくにに向かった。

根堅洲国は地下の国で、黄泉比良坂よもつひらさかの先にある。

根堅洲国の中には黄泉の国よみのくにもあるため、スサノオは、子供達に出雲を託した後、ずっと会いたがっていた自分の母親、イザナミの近くに移り住んでいたのだ。

オオナムチ

オオナムチ

まさか、あの伝説のヒーローがマザコンだったとはねぇ〜。知らなかったよ。

八十神の追っ手から逃げ切ったオオナムチが黄泉比良坂を下り、しばらく歩いていると、立派な宮殿が建っているのが見えた。

オオナムチ

オオナムチ

スサノオ様が住んでるくらいだ。きっと、ここだろう。

と思いノックをしようとすると、急にその戸が開き、出てきた人とぶつかった。

ぽふっ

スセリビメ

スセリビメ

きゃっ!

と、若い女の人が小さく声を上げる。

オオナムチ

オオナムチ

わっ、ビックリした ・ ・ ・ ・ 大丈夫?

スセリビメ

スセリビメ

ごめんなさい ・ ・ ・ ・ お客様がいたなんて ・ ・ ・ ・ ・ ・ っっ!!

2人の目が合うと、その場の空気が急に変わった。

初対面にも関わらず2人は惹かれ合い、見つめ合う。

オオナムチ

オオナムチ

あれ、どうしよ。目ぇ逸らせない ・ ・ ・ ・

そして、オオナムチと彼女は引き寄せられるかのように唇を重ね合った。

オオナムチ

オオナムチ

うーん。人ん家の玄関先でまずいよな ・ ・ ・ ・

と思いながらも止めることができない。

彼女は後ずさり踏み石に足がかかると、そのまま玄関に腰を落とした。オオナムチは彼女に覆い被さる。

オオナムチ

オオナムチ

ていうか、コレいけちゃう感じ??誰かに見られたらやばくない??

なんて思いながらも続けて首筋にキスをする。

スセリビメ

スセリビメ

んっ ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

あ。無理だコレ。止まんないや。

--そのうちオオナムチは、考えるのをやめた。

line

数十分後。

オオナムチは、ふんどし一丁のまま土下座をしていた。

オオナムチ

オオナムチ

スッ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スミマセンでしたあぁぁぁぁ!!!!

初対面で襲ってしまった手前、もう平謝りするしかない。

オオナムチ

オオナムチ

こんなつもりで来たわけじゃないんですけどっっ!!

スセリビメ

スセリビメ

いえっ、私の方こそ ・ ・ ・ ・ !!

彼女も肌着姿のまま頭をペコペコ下げる。端から見ると、すげーシュールな図だ。

オオナムチ

オオナムチ

えっと ・ ・ ・ ・ ごめん、名前も聞いてなかったね。僕はオオナムチ。スサノオ様に会いに来た。ていうか、そもそもこの家で大丈夫だった?

スセリビメ

スセリビメ

あ ・ ・ ・ はい。私はスサノオの娘、スセリビメです。

オオナムチ

オオナムチ

へっ!? ・ ・ ・ ・ 娘っっ??

オオナムチは、血の気がサーっと引くのを感じた。

オオナムチ

オオナムチ

いや、そうだよな ・ ・ ・ ・ 同じ家にこんな若い子いたら、娘の可能性大だよな ・ ・ ・ あぁ~~やっちまったぁ!!!

スセリビメ

スセリビメ

ふふっ、大丈夫よ。パパ、昔は荒ぶる神だったらしいけど、今はすっかり落ち着いて優しいもの。

オオナムチ

オオナムチ

えっ、あ ・ ・ ・ ゴメンナサイ。顔に出ちゃった ・ ・ ・ ・

スセリビメ

スセリビメ

案内するわ。服はちゃんと整えてよね。

オオナムチ

オオナムチ

はい、スミマセン。

line

オオナムチの身支度が整うと、スセリビメが、スサノオの部屋まで案内してくれた。とても大きな宮殿だ。

オオナムチ

オオナムチ

家の中で迷いそう。

そんなことを考えていると、彼女は立ち止まり『ココ、ココ。』と大きな扉を指差した。緊張で肩が強張る。

スセリビメ

スセリビメ

パパいる??素敵なお客様よ。

彼女の後ろから部屋の中がのぞけて見えた。

オオナムチ

オオナムチ

あの金屏風の絵は ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 龍虎?そして赤と金を基調にしたこの部屋の配色、どっかで見たな ・ ・ ・ ・ あれは確か ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

火曜の深夜にやってたヤクザ映画 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

部屋の中から、ドスの効いた低い声が聞こえてきた。

スサノオ

スサノオ

あぁ?珍しいな。誰だ?通してくれ。 ・ ・ ・ ・ つーかお前、何か顔、赤くないか?熱でもあんのか??

スセリビメ

スセリビメ

えっ??そうかなぁ??気のせいじゃない???ささっ、オオナムチさん、こちらですよ~。

オオナムチ

オオナムチ

アッ ・ ・ ・ ・ ドウモ。アリガトウゴザイマス!!!

オオナムチ

オオナムチ

まずい!!無駄に緊張するっっ!!

スサノオ

スサノオ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

っっこの人がスサノオ様?うわぁぁぁ ・ ・ ・ ・ すげェ睨んでる。こっちすんげぇ睨んでるよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 怖えぇぇぇぇぇ!!!

オオナムチ

オオナムチ

え ・ ・ ・ ・ えーっと、初めまして。 ・ ・ ・ ・ 私はオオナムチと申します。あなたの6代孫にあたる者で ・ ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

なんだ。葦原色許男あしわらのしこおじゃねぇか。で ・ ・ ・ ・ 何の用だ?

ギロリ。

オオナムチ

オオナムチ

葦原色許男って何っ!?褒められてんのか、けなされてんのかわかんないっ!!!

スサノオの睨みにビビリながらも、ここで引き下がるわけにもいかない。

オオナムチ

オオナムチ

はは ・ ・ ・ ・ 初対面で、そんな睨み効かせないでくださいよ。

えぇと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

実は僕、異母兄弟に殺されそうで ・ ・ ・ ・ いや、ていうか、正直に言うと二度も殺されてしまいまして。情けない話しなのですが、スサノオさまに助けていただこうと思い伺ったのです。

スサノオ

スサノオ

あぁ??なんだ?コラ?頼りねぇ奴だなぁ。オィ。テメェでなんとかしろよ。

オオナムチ

オオナムチ

まぁまぁ、そう、おっしゃらず ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・出雲に帰れば、また命を狙われます。僕だって、そう何度も何度も死にたくない。

スサノオ

スサノオ

あぁ~あぁ〜〜 ・ ・ ・ ・ オレの血を受け継いだとは思えないナヨさだな。

スサノオ

スサノオ

でもまぁ、血族のよしみだ。とりあえず今日は、うちに泊めてやるよ。部屋を貸してやろう。

オオナムチ

オオナムチ

あっ ・ ・ ・ ・ ありがとうございます!

line

スサノオは早速、部屋へ案内してくれた。どうやらこの部屋らしい。

緊張で肩に力が入りっぱなしだったオオナムチだが部屋をのぞいた瞬間。

今度は全身が強張った。

オオナムチ

オオナムチ

・ ・ ・ ・ スサノオ様 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ここは?

スサノオ

スサノオ

あぁ?見りゃわかるだろ?蛇の室屋むろやだ。

オオナムチ

オオナムチ

室屋!?牢獄じゃ無くて??

だいたい何で、家の中に蛇の室屋があるんだよっ!!!拷問以外にどんな用途があるんだっっ!?

オオナムチ

オオナムチ

えっと ・ ・ ・ ・ 部屋中ヘビまみれで、足の踏み場が無いんですケド。

スサノオ

スサノオ

あんだぁ?コラ??泊めてやるっつってんのに文句あんのかオィ???

オオナムチ

オオナムチ

ヒィ!!この人、めっちゃ怖えぇ ・ ・ ・ ・ 絶対カタギの人間じゃないっ!!!!

オオナムチ

オオナムチ

いやっ!!めっちゃ嬉しいです。まじ、ヘビ大好きっす。

スサノオ

スサノオ

おぅ、ならいいんだ。そこに、ワラがあるから、開けてもらえ。毒蛇も混ざっているから気をつけろよな。俺はもう寝る。じゃあな。

オオナムチ

オオナムチ

・ ・ ・ ・ はぁい。おやすみなさぁい。

スサノオはさっさと自室に戻ってしまった。

オオナムチ

オオナムチ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ はぁ ・ ・ ・ ・ どこが優しいパパだよ。 ・ ・ ・ あぁーまずいなぁ ・ ・ ・ アレ、ばれちゃったのかなぁ ・ ・ ・ 。

オオナムチが、途方に暮れていると、後ろから声がした。

スセリビメ

スセリビメ

オオナムチ ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

スセリビメ!!

スセリビメ

スセリビメ

シッ!静かに ・ ・ ・ ・ パパに内緒でヒレを持って来たの。

ヒレとは昔の女性とか、天女とかがよく肩に巻いている、ヒラヒラしたあれだ。

しかしこれでは、ヘビを避けようがない。

オオナムチ

オオナムチ

うぅん、気持ちは嬉しいけど、これをハンモックにするのはちょっとキツイかなぁ ・ ・ ・ ・

スセリビメ

スセリビメ

違うわよ。ちゃんと最後まで聞いて。

これはヘビのヒレって言って呪力があるの。三回振るとヘビは大人しくなるわ。

スセリビメに言われた通り、ヒラヒラと三回ヒレを振ると、蛇はピクリとも動かなくなった。

オオナムチ

オオナムチ

おぉ!すごーい!ありがとう、スセリビメ!!これで、なんとか眠れそうだ!!

こうしてオオナムチは彼女のおかげで蛇の室屋むろやで一夜を過ごすことができた。

しかし、スサノオの試練はまだまだはじまったばかりだった ・ ・ ・ ・


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。