日本神話『オオクニヌシの国造り』

オオクニヌシ、スクナビコナ、オオモノヌシ

オオクニヌシの国造り

さてさて。

女性に関しては、国を制したと言っても過言では無かったオオクニヌシだが、肝心な国造りは全然進んでいなかった。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うーん。だいたい、噂になってる子はコンプしたし、そろそろ国造りやらなくちゃなぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・

オオクニヌシ

オオクニヌシ

国造りか ・ ・ ・ 正直めんど ・ ・ ・ ・ ・ ・ いや、でも、オオクニヌシなんて立派な名前もらっちゃったし ・ ・ ・ ・ ・ ・ どうしよっかな。

オオクニヌシは、悩みがあると、よく出雲の美保関に行った。

そこで海をぼぉーーーっと眺めていると、遠くから船が漕ぎ寄って来るのが見えた。しかし、近付いても近付いても大きくならない。目の前まで来て、やっとその理由がわかった。それはガガイモの実を削った10cmほどの船だったのだ。

中には小さい神が乗ってる。服のサイズが無いのだろう。蛾の羽を纏っていた。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

・ ・ ・ ・ ・ ・ こんにちは。君は?

スクナビコナ

スクナビコナ

・ ・ ・ ・ ・ ・

しかし、返事がない。こっちを凝視しているので、言葉は通じてはいそうなのだが。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

喋れないの??

スクナビコナ

スクナビコナ

・ ・ ・ ・ ・ ・

・・・やはり返事はない。超気になる。

散歩に付いてきていた家来たちにも知ってるか聞いてみたが、誰もわからなかった。しかし、道端にいたヒキガエルの神に聞くと、カカシの神のクエビコなら、知ってると教えてくれた。

特に抵抗もしなかったので、小さい神を肩に乗せてクエビコの元を尋ねると、クエビコはカムムスビの子供のスクナビコナだと教えてくれた。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

カムムスビ様か ・ ・ ・ ・ ・ ・ あのオネェ、正直ちょっと苦手なんだけど ・ ・ ・ 。でも、命の恩人だしなぁ。

まぁ、せっかくだ。お礼も兼ねて、高天原まで確かめに行くか。

こうして、オオクニヌシは高天原に向かった。

line

宮殿に着き、侍女に部屋まで案内されると、ハイテンションのカムムスビが迎えてくれた。

神産巣日神

カムムスビ

あっらー!!オオクニヌシくんじゃなぁいっ!!来てくれたのねぇ~嬉し~〜い♪♪あれから随分立つけど、やっぱり、タイプだわぁ!!生き返らせて、本当、良かったぁ〜~!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うぅん ・ ・ ・ ・ ・ ・ やっぱり、この女子とは言い切れないテンション、苦手だ。

しかし、嫌味のない営業スマイルはオオクニヌシの得意分野だった。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

・ ・ ・ カムムスビ様、お久しぶりです。あの時は本当にありがとうございました。あなたがいなかったら、今の私はありませんでした。

神産巣日神

カムムスビ

いいのよぉ!気にしないでっ!!

カムムスビはとっても上機嫌だ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

ところで今日は別件なんです。出雲でこの小さい神を拾ったんですけど、あなたのお子さんだと聞いて・・・

スクナビコナ

スクナビコナ

・ ・ ・ ・ ・ ・

神産巣日神

カムムスビ

あら!スクナビコナじゃない。良かったわぁ。見つけてくれてありがとう。この子ったら、小さすぎて、指の隙間から落ちちゃったのよ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

そうでしたか。

神産巣日神

カムムスビ

えぇ。でも、ちょうどいいから、お礼に国造りを手伝わせましょうか?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

えっ、国造りを?

スクナビコナに気を取られて忘れていたが、そもそも国造りに悩んで美保関に行ったことを、オオクニヌシは思い出した。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あ。そういえば。 ・ ・ ・ 実は、国造りの方向性を悩んでいたんです。スクナビコナさんの力を貸していただければとっても助かります。

神産巣日神

カムムスビ

よかった!!オオクニヌシくんのお役に立てて嬉しいわぁ〜。ね、スクナビコナ、オオクニヌシくんのお手伝いをするのよ。わかった?

スクナビコナ

スクナビコナ

うんっ!まかちょ~け~!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うわっ!喋った!!しかもテンション高っ!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

スクナビコナさん、よろしくね。

スクナビコナ

スクナビコナ

ハイサイ!うにげ~さびらっ!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

・ ・ ・ ・ ・ ・ 何なんだこのキャラは。

オオクニヌシがリアクションに困っていると、カムムスビがフォローを入れた。

神産巣日神

カムムスビ

ごめんなさいね、オオクニヌシくん。この子、琉球に憧れてて。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あぁ、なるほどね。いるいる。無駄に方言、真似したがる人。

でも琉球はまだ日本じゃないし。ややこしくなるから、変に設定持ち込まないで欲しいな。

オオクニヌシはカムムスビにお礼を言い出雲に帰ると、早速スクナビコナと2人で国造りをはじめた。彼は見た目によらず、山や丘を作るのが得意だった。国造りは順調に進み、みるみるうちに国の形が整った。

line

そんなある日、オオクニヌシは肩にスクナビコナが乗っていないことに気付く。心配になり、そこらじゅうを探したが見つからない。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

まずい ・ ・ ・ ・ ・ ・ 知らないうちに潰しちゃったかな ・ ・ ・

しかし、机の上に小さな手紙が置いてあるのを見つけた。サイズ的にスクナビコナからだろう。手紙を開くと、辛うじて読めるサイズの文字が並んでいた。

オオクニヌシへハイサイ!わーよ、琉球の先にあるニライカナイにいってこようね!ずっといきたかったわけさー!!!あとのコトはうにげ〜さびらっ!ちばりよ〜!!スクナビコナより★

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あげっ!!クソ。あいつ、国造りの途中でバカンスに行きやがった!!

しかも、帰ってくるつもりねぇだろコレ!ていうか、こっちじゃ『ニライカナイ』って言わないから!!

常世国とこよのくに』だから!!!!

全部、『桃源郷とうげんきょう』と同異義語って言うけど、ややこしくなるから、中途半端に設定持ち込まないでくれっ!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

くそっ!!僕だって時間さえあれば、誰かヒメと2人でだな ・ ・ ・ ・ ・ ・

あ、いや、現地でちゅらさん調達ってのも ・ ・ ・ ・ ・ ・ あぁ!!くそっ!!うらやましい!!!!

line

国造りのパートナーを失ったオオクニヌシは、悩んだ時のいつもの場所、美保関のほとりで体育座りをしながら海を眺めていた。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あぁ、いいなぁ。僕もバカンス行きたいな ・ ・ ・ 。正直、国のために一人で頑張る気になれないんだよなぁ ・ ・ ・ ヒメ達のためならどこまでも頑張れるんだけど。

はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ なんかまた、国造りに都合のいい神様とか何か現れないかな。僕としては、他力本願のポリシーは貫き通したいところなんですよねぇ。

そんなことを考えていると、突然海が光出した。その光は徐々に近付いて来る。よく見ると、そこには神がいた。今度は初老の神様っぽい神だ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

おぉ~なんて都合のいい展開!!こんにちは、僕は、オオクニヌシ。君は?

オオモノヌシ

オオモノヌシ

うむ、ワシはオオモノヌシノ神と言う。お主、国造りに悩んでおるな?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

へぇ!!なんか、もう事情全部知ってますみたいなキャラなのかな??オオモノヌシとオオクニヌシで名前がめっちゃ被ってるのが難点だけど、この際どうでもいいや。

オオモノヌシ

オオモノヌシ

ワシはお主の御霊の分身だからな。ワシを丁寧に祀れば、手伝ってやらなくもないが?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

へ??分身っ!?そ、そうなんだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ でも、なんだろう。この認めたくない感じ。

それに、祀るって言っても何か実績が無いと、何をどう祀ったらいいものか ・ ・ ・

オオモノヌシ

オオモノヌシ

祀らなければ、国造りを全力で失敗に追い込む。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

わぉ。それ、選択肢無じゃん。

オオモノヌシ

オオモノヌシ

どうするんだ?今すぐ決めろ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うぅん ・ ・ ・ まぁ、いいか。それなら祀ってあげよう。どうやって祀ればいいんだ?

オオモノヌシ

オオモノヌシ

うむ。大和の三輪山の上に祀るといい。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

おけー。もともとノープランだったし。ちょうどいいや。じゃーやりますかっ!

オオクニヌシは、早速オオモノヌシを大和の三輪山に祀った。

しかし、気軽に承諾したものの、彼を祀った途端、みるみるうちに豊かな土地が広がり、作物がよく育つようになった。食物に恵まれた出雲は短期間で見事に繁栄し、徐々に国全体も潤った。

 

こうして富も名声もヒメ達も手に入れたオオクニヌシだったが、ここで高天原たかまがはらから待ったがかかる。

アマテラスが、葦原の中つ国あしわらのなかつくには天つ神が治めるべきだと言い出したのだ。

そして話しは「地上の国つ神くにつかみ」VS「天界の天つ神あまつかみ」のドロドロした展開へ進むことになる ・ ・ ・ ・ ・ ・

『系図』スサノオ、クシナダヒメ、オオクニヌシ、スセリビメ、ヤカミヒメ、八十神、カムムスビ、スクナビコナ、オオモノヌシ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。