日本神話『タケミカヅチの派遣』

オオクニヌシ、タケミカヅチ

タケミカヅチの派遣

出雲では、また高天原から使者が来ると聞いたオオクニヌシが稲佐の浜に向かっていた。

今日は彼にも余裕が見えない。ワカヒコの死からまだそんなに経っていないのに使者を送ってくるなんて、3年、8年と猶予をもらっていた今までとは訳が違う。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

高天原は、3度も ・ ・ ・ ・ ・ ・ いや、キジの遣いも入れれば4度も交渉に失敗しているんだ。それに先日のワカヒコの件もある。次こそは武力で攻めて来られてもおかしくないな。

オオクニヌシが浜に着くと、大きな船が空を漕ぎ、高天原からこちらに向かってくるのが見えた。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

なんじゃありゃ。超カッコイイじゃないか。なんだよ、あの某有名RPGがやりたくなるフォルム。なるほどねぇ。こんなん見せられたら兵も一発で戦意喪失しちゃうや。

高天原はこのまま攻めてくる気なのか。それともまだ交渉の余地があるのか。浜の空気が張りつめた。

鳥船が浜に着くと出雲側の緊張はピークに達したが、船からの攻撃は無かった。

代わりに、タケミカヅチが船からハシゴも使わず浜辺に

ドン!!

と飛び降り、オオクニヌシを睨みつける。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

・・・・・

オオクニヌシはそれをいつもの営業スマイルで返した。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

こんにちは。タケミカヅチさんですね。わざわざお越しいただき、ありがとうございます。僕が出雲までご案内しましょう。

しかし、タケミカヅチは返事もしない。

それどころか、おもむろに十拳剣を抜くと、波打ち際に剣先が上になるように刺した。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

へ?? ・ ・ ・ 何してるんですかっ!?

オオクニヌシは戸惑った。なんとタケミカヅチは、その剣先の上にあぐらをかいて座り込んだのだ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うわぁ ・ ・ ・ 見てるこっちが痛いや。なんか中華でこんな芸、あったよね?

タケミカヅチはオオクニヌシを見据えると威圧的に要件を言った。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

オレは今日、アマテラスの姉御と、高木の旦那の命で事を正しに来た。

アマテラスの姉御は、テメェが我が物ヅラして治めてるこの国は、本来、自分の御子が治めるべきだと考えている。

テメェはどう思ってんだ?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

うわー、ヤンキーキャラかよ。面倒くさ。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

はぁ ・ ・ ・ 今回はずいぶんと、単刀直入なんですね。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

空飛ぶ船に雷神か。いきなり攻撃はされなかったものの、いよいよ武力行使って感じ。タケミカヅチを口説く時間が欲しいな ・ ・ ・

タケミカヅチ

タケミカヅチ

どう思ってんのか聞いてんだよっ!!

オオクニヌシ

オオクニヌシ

う〜ん ・ ・ ・ そうですねぇ。お答えしたいのはヤマヤマなんだけど、実は僕、もう国のことは息子に任せてるんですよね。コトシロヌシに聞いてみよう。僕じゃ判断できないや。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

なら、コトシロヌシに会わせろや。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

いやぁーそれが、残念なことに彼は今、鳥を捕ったり、魚を捕ったりするのに忙しくって。どっかの岬に行っちゃったんですよ。しばらく待ってもらえませんか?よければ出雲でゆっくりとお酒でも酌み交わしながら・・・

タケミカヅチ

タケミカヅチ

フン ・ ・ ・ ・ ・ ・ 小賢しい男だ。俺は出雲へは行かねぇ。 ・ ・ ・ おい、鳥船!

タケミカヅチは鳥船に、コトシロヌシを探すよう命じた。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

え?この広い海を探す気ですか??いやぁ ・ ・ ・ それは、すぐには見つからないんじゃないかなぁ?

タケミカヅチ

タケミカヅチ

まぁ、待ちなって。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ はぃ。

鳥船がすぐに海へ向かってしまったので、オオクニヌシは気まずそうにその場で待った。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

タケミカヅチか ・ ・ ・ 情報が足りないな。情か、女か、権力か、何か引っかかればいいんだけど ・ ・ ・ 筋肉系の攻略は苦手なんだよ。どっかのひぃ×6じぃちゃんみたいに。

オオクニヌシは少しでも情報を引き出そうとタケミカヅチに話題を提供したが、全く相手にしてもらえなかった。しかも、コトシロヌシはすぐに見つかってしまったようだ。鳥船の甲板の金具に首根っこを吊るされて半泣きでこちらに近づいてくる。

コトシロヌシ

コトシロヌシ

ひぃっ ・ ・ ・ 父上 ・ ・ ・ これは一体??

オオクニヌシはにっこりと息子を向かえたが、付き合いの長いコトシロヌシにはこの笑顔がイライラしている時のものだと分かった。

こーゆうときは、あとが恐い。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

やぁ。コトシロヌシ。すぐに見つかったようで良かった。こちらは、天つ神のタケミカヅチさんだよ。国の件でお前に話があって、わざわざ来てくれたんだ。

コトシロヌシ

コトシロヌシ

・ ・ ・ そっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ そうですか。タケミカヅチ様、ご用件ってなんでしょう?

タケミカヅチ

タケミカヅチ

あぁ。テメェが治めている国のことだが、本来はアマテラスの御子が治めるべきもんだろ。異議がねぇなら、速やかに譲ってもらおうか。

コトシロヌシ

コトシロヌシ

えっと ・ ・ ・ それは、どうかな??なんか、いろいろ手続きとか大変で難しいかも ・ ・ ・ ・ ・ ・

コトシロヌシはタケミカヅチの顔色を伺ったが、伺うまでもなく、めっちゃ怖い顔だった。タケミカヅチはコトシロヌシをギロリと睨みつけると、低い声でゆっくりと同じ言葉を繰り返した。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

・ ・ ・ ・ ・ ・ 速やかに譲ってもらおうか。

コトシロヌシ

コトシロヌシ

っっは ・ ・ ・ ・ ・ ・ はいっ!!もちろん良いですよ。アマテラス様のお子さんなら安心して任せられるや。ねっ?父上??

オオクニヌシ

オオクニヌシ

はぁっ??まじかよ。コイツ使えねぇ!!!

オオクニヌシは我が子のナヨさにビビった。しかし、ここでボロが出ればそのまま戦争に突入だ。その場を取り繕うしか無かった。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あ ・ ・ ・ ・ ・ ・ あぁ、そうかもな。

コトシロヌシ

コトシロヌシ

・ ・ ・ じゃ、私はこれでっ!!

そう告げるとコトシロヌシは、身を守るおまじないに、手の甲と甲をパチンと鳴らして、青い柴垣の中に引き蘢り、姿を隠してしまった。

相当、怖かったのだろう。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

決まりだな。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あっ ・ ・ ・ いやー ・ ・ ・ 実は ・ ・ ・ ・ ・ ・

タケミカヅチ

タケミカヅチ

なんだ、まだ誰かいんのかよ?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

えぇ、息子が治めていると言いましたが、実は、2人で治めてるんですよね。タケミナカタにも聞いてみなくっちゃ!!君と名前、似てるし、仲良くなれるかも。

タケミカヅチ

タケミカヅチ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ まぁ、いいや。タケミナカタは、どこだ?

オオクニヌシ

オオクニヌシ

もうすぐこちらに来ると思いますよ?

オオクニヌシがニッコリとタケミカヅチに笑顔を向けると、出雲方から地鳴りが聞こえてきた。そして、

ゴゴゴゴゴ・・・

という大きな音と共に、タケミナカタがこちらに向かって歩いてくるのが見えた。なぜか片手に1000人はいないと持てないような、大きな岩を抱えている。

タケミナカタ

タケミナカタ

親父ーお客さんまだ来ないのかー??

タケミナカタは浜辺まで来ると、ヒョイっとその大岩をほおり投げてしまった。

ドーン!!

と地震のように地面が響く。

オオクニヌシ

オオクニヌシ

あ〜ちょうど良かった。彼が息子のタケミナカタです。よろしくお願いします。

オオクニヌシは、今日一番の営業スマイルを放った。

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。