天皇記『神武天皇の即位』

神武天皇の即位

神武天皇の即位

ナガスネビコとの決戦から数日後、彼が仕えていると言っていたニギハヤヒがイワレビコの元に尋ねて来た。

聞くと彼も確かに高天原出身の天つ神で、天照大神の御子がこちらに降りたと聞いたので、慌てて後から追いかけて来たというのだ。その証にと高天原から持って来た神宝を献上し、イワレビコに仕えたいと頭を下げてきた。

イワレビコ

イワレビコ

・ ・ ・ なるほどな。やっと辻褄が合ったよ。じゃあ、ナガスネビコさんは?

ニギハヤヒ

ニギハヤヒ

はい。彼にも事情を説明したのですが、私が国を治めるべきだと聞かずに、また攻めると剣を取ったので ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 死罪に。

イワレビコ

イワレビコ

えっ?

イワレビコ

イワレビコ

そうでしたか ・ ・ ・ ・ ・ ・

こうしてニギハヤヒはイワレビコに仕えることになった。このニギハヤヒの子孫が、後の物部氏となる。

また死罪になったナガスネビコだが、血筋は途絶えずに、戦国武将で有名な織田家や伊達家の始祖となる。まぁ、確かに言われてみれば、馬の上で指揮を執るのも、フィギュアスケートで美しく滑るのも、スネが長い方が向いていそうだ。

line

ナガスネビコが死罪になったとの報告を受け、久米兵は大いに盛り上がり、朝まで飲んで歌って踊って楽しんだ。

一方、イワレビコはどうも仲間と一緒に盛り上がる気分になれず、月を肴に独り酒に浸っていた。

イワレビコ

イワレビコ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 兄貴、やっとここまで来たよ ・ ・ ・

イワレビコ

イワレビコ

平定の旅もあと少しだ。

その後もイワレビコは久米兵と共に各地を回り、大和の地を平定すると奈良県の橿原かしはらに宮を置いた。

そして辛酉年の春正月に『初代 神武天皇じんむてんのう』として即位。

ついに天下を治めることとなった。

line

神武天皇

神武天皇

天皇に ・ ・ ・ ・ なってみた。

ミチノオミ

ミチノオミ

・ ・ ・ ・ !!

オオクメ

オオクメ

おぉ!旦那、王様みたいっすね!!

神武天皇

神武天皇

王様だっつの、バカっ!!

ちなみに、「天皇」という言葉をはじめて使ったのは聖徳太子だと言われていて、彼は今から約1400年前の人なので、さらにもっと前の当時はまだ大王おおきみと呼ばれていた。

『神武』という名前も、おくりなと言って、奈良時代から天皇の死後つけられるようになった名前だ。

本当は『はつくにしらすすめらみこと』とかいう名前がちゃんとあるのだが、長いし他にもたくさん名前持ってるし、覚える気にもなれないので、これから出てくる天皇もみんなおくりなでお送りさせていただく。

line

神武は即位すると、早速、国見儀礼くにみぎれいのために山に登った。『国見儀礼』とは、高いところから国を見渡してその土地を褒め称えることで、言霊のチカラで国を豊かにする儀式のことだ。

神武天皇

神武天皇

わぁ〜!景色、綺麗だなぁ〜!!

オオクメ

オオクメ

そっすね!

神武天皇

神武天皇

けっこう、人出てるんだな。もう春だもんな〜。

オオクメ

オオクメ

ほんとだ。

神武天皇

神武天皇

戦があったから心配してたけど、あまり生活に影響が出なかったみたいでよかった。

神武天皇

神武天皇

この国の国民は、みんな『大御宝おおみたから』だからさ。

オオクメ

オオクメ

はぁ?おおみたから??なんすかそれ。

神武天皇

神武天皇

みーんな大切な宝物って意味だよ。

オオクメ

オオクメ

ふーん?

神武天皇

神武天皇

日本は、イザナミとイザナギが産んで、オオクニヌシが豊かにして、アマテラスが譲ってもらった大切な国だから。

神武天皇

神武天皇

神様たちが『人々が幸せになりますように』って想って造ってきた国だからさ。

この国に住んでる人たちはみんなみんな大切な宝物なんだ。

オオクメ

オオクメ

へー。

オオクメ

オオクメ

なんかイイッすね!

神武天皇

神武天皇

だろ??誰が最初に言い出したのか知らないけど、昔からそーやって言い聞かされてきたんだよな。

神武天皇

神武天皇

ま、神話なんて、どっからが本当なのか分かんないケド。オレ、日本のこーゆう考え方とか、大好きなんだよね。

オオクメ

オオクメ

ふーん。

オオクメ

オオクメ

へへっ!したら、俺も旦那の大御宝おおみたからっすね!!

神武天皇

神武天皇

えっ?

神武天皇

神武天皇

あぁ ・ ・ ・ ・ まぁ ・ ・ ・

オオクメ

オオクメ

なんすか。その、嫌そうな顔。

line

ここで、ちょっぴり日本のはじまりについて補足する。

実はこの初代天皇の即位、つまり日本が建国した正確な年については、正直なところ昔のことすぎていつなんだかサッパリわからない。

ていうか、イワレビコの存在すら疑われている。

神武天皇

神武天皇

まじでか。

オオクメ

オオクメ

ドンマイ、旦那!!

でも、日本書紀の記述から逆算して西暦にすると紀元前660年2月11日になる。

この2月11日が、現在の日本の『建国記念の日』だ。

その不確かな日を建国記念の日にすることについては戦後かなり議論があったらしいが、

『そこはさ?目を瞑ってさ??1300年の間、日本人が残した歴史を、そのまま信じようよ?だってそーいうのって、科学とか考古学の話しじゃなくない??ロマンじゃないっ!?

とかいう話しにでもなったんだろう。

だって、日本はギネスブックにも登録されている世界最古の王家が残る国なのだ。分からなくたって、しょうがない。

ちなみに、何で正確な年がわからないのに世界最古に認定されているのかというと、2位のデンマークが、8〜10世紀くらいのスタートだから。古事記や日本書紀が書かれたのが8世紀なので、それよりも前から王家が続いている日本が1番古い王国ってことになる。

とにかく、この日本っていう国は、人と神との境がまだ曖昧だった頃。文字すら無かった大昔に『どっかの誰かさん』が、大和で大王おおきみになったところから歴史がスタートした。

神武天皇


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。