天皇記『景行天皇』

景行天皇

景行天皇

垂仁天皇が亡くなると、皇后ヒバスヒメとの息子の景行が後を継ぐことになった。

景行天皇は父の垂仁を見て一人に依存するのは良くないという結論に至ったのか、それとも大人になるまでしゃべれなかった兄のホムチワケに親の目が行ってしまい愛情に飢えていたのか、10人もの妻をもらった。しかも彼には側女も多く、80人もの子どもに恵まれ、朝廷は一気に大所帯となっていた。

さらにそれだけでは飽き足らず、美濃にすごく綺麗なエヒメとオトヒメが住んでいるという噂を聞いて、景行は彼女達も妻にしようと考えた。

ちなみに、エヒメは姉姫、オトヒメは妹姫という意味だ。

これだけ聞くと、どんだけ女好きのチャラい奴なんだと想像してしまうが、彼は今まで出てきた天皇の中では一番落ち着きがあり、王様っぽい性格だった。自分であれこれ行動するよりも、指示して人を動かすタイプで、垂仁のユルさは微塵も受け継がず、基本的にはいつも無表情だった。

line

景行は息子のオオウスを呼び出すと美濃のエヒメとオトヒメを大和まで連れてくるように命じた。

素直に美濃に向かったオオウスだったが、エヒメとオトヒメを見た瞬間、彼の中に衝撃が走る。

2人の美しさは彼の想像を遥かに超えていたのだ。一目見るなり、恋に落ちてしまったオオウスは、なんと、そのまま2人を自分の妻にしてしまった。

しかし、天皇に背くなんていくら息子と言えども勇気がいる。それでも2人を手放したくなかったオオウスは考えに考えた挙句、なんとなーく2人に似ている姉妹を景行の元にも連れて行き、「彼女達がエヒメとオトヒメです。」と嘘をついた。景行は無表情のまま

景行天皇

景行天皇

ご苦労だった。

とだけ言って彼らを下がらせた。

偽のエヒメとオトヒメは、バレたのではないかとオオウスに迫ったが、元々表情の無い人なので大丈夫とのことだった。

line

そしてその日の夜。

偽のエヒメとオトヒメは、早速、景行の寝室に呼ばれた。

偽エヒメ

偽エヒメ

ってことはバレてないって事でいいんだよね??

2人は恐る恐る彼の寝室に入る。

すると景行は優しげに笑っていた。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

偽エヒメ

偽エヒメ

なんだ、ちゃんと表情筋があるんじゃないか。よかった、どうやらセーフっぽい。

景行天皇

景行天皇

君たちが美濃のエヒメとオトヒメか。

声も優しげだ。

偽エヒメ

偽エヒメ

よし。このままお淑やかに振る舞えばイケるっ!!

2人は三本指をついて頭を下げた。

景行は微笑みながら言葉を続ける。

景行天皇

景行天皇

脱いで。

偽エヒメ

偽エヒメ

へっ?

偽エヒメ

偽エヒメ

イキナリですか?ていうか2人供ですか??いや、でもそっか。そうだよな。天皇って要はこの国の王様みたいなもんだもんな。そーいうプレイもするよね??

2人は言われるままに服を脱ぐ。

景行天皇

景行天皇

立って。

立った。

景行天皇

景行天皇

回って。

回った。

景行天皇

景行天皇

回って。

回った。

景行天皇

景行天皇

もう一回。

回った。

景行天皇

景行天皇

はい、そこでエロいポーズ。

 

line

 

っと最後にセクシーポーズをキメる。

景行天皇

景行天皇

ふっ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ 君たちが ・ ・ ・

 

 

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ねぇ?

 

気付くと、景行はめちゃめちゃサディスティックな顔で2人を眺めていた。

 

偽エヒメ

偽エヒメ

っっっ!!!!まずいっっ!!これ、完全にバレてる!!!

景行は、ポーズをキメた2人の周りをくるりと回って観察すると、飽きた様子で布団に入り、そっぽを向いて寝てしまった。日本史初の放置プレイだ。2人は彼に触れられる事すらなく、素っ裸のまま超いたたまれない夜を過ごす羽目になった。

line

この可哀想すぎる2人の噂は、翌日には朝廷中に広まった。しかしこの時代、ご飯は必ず天皇を囲んで家族みんなで取ることになっており、オオウスは、この話を知りながらも席に行かざるを得なかった。しかも席は何十もあるっていうのに、オオウスの座る位置は景行のすぐ目の前だ。超気まずい。

会場中の兄弟はそれぞれ会話をしつつも、2人の動向を横目で伺った。が、2人の間には全く会話がない。それどころか、景行が一言も発しない。気遣って他の人が話しかけてもガン無視だ。会場は徐々に静かになり、最後はまるで喪の席のようだった。

その日以来、オオウスは食事に顔を出さなくなった。しかしだからと言って、本物のエヒメとオトヒメを差し出すつもりも無い。彼はそれほどまで2人に執着していた。

その後、エヒメとオトヒメは身籠り、子供が生まれた。大所帯になったとは言え、狭い朝廷内なので隠せる訳も無く、超オープンに情報が流れて来るのだが、オオウスは頑なに顔を出そうとしない。

景行天皇

景行天皇

はぁ ・ ・ ・ こんなんじゃ、仕事もろくに任せられんな。

景行は自分が折れることを決め、オオウスの同母の弟、ヤマトオグナを呼びつけた。

ヤマトオグナは兄のオオウスを差し置いて、皇太子候補の一人になっている。まだ少年のため、戦や政に顔を出した事は無く、実力は未知数なのだが、人懐っこく、自然と人から愛される性格が買われたのだろう。

景行天皇

景行天皇

おぃ、オグナ。オオウスはずっと食事の席に出てこない。お前が行って諭せ。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

はい!お任せください父上っ!!

ヤマトオグナは初めて父親から頼まれた仕事を、嬉しそうに引き受けた。

ちなみに"オグナ"というのは少年という意味だ。大和の少年。単純すぎる。一応、彼には”オウス”という名前もあるのだが、兄とかぶって分かりづらいので、”ヤマトオグナ”で統一する。

line

それから5日が経った。

まだオオウスは食事の席に顔を出していない。しかし、ヤマトオグナは涼しそうな顔をしている。痺れを切らした景行は、ヤマトオグナに事情を聞いた。

景行天皇

景行天皇

オグナ、余はオオウスを諭せと伝えたはずだが?

この話題に興味津々の兄弟は、会話を続けながらもシッカリ聞き耳を立てていた。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

えっ??父上・・・お言葉ですけど、もうとっくに諭しましたよ??

しかし、ヤマトオグナは不思議そうに頭を傾げる。

景行天皇

景行天皇

なら、なぜあいつは未だに顔を出さない。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

ふふっ!父上、オオウス兄が来れる訳無いじゃないですか。

ヤマトオグナが無邪気な笑顔を返してきたので、景行は訝しげに彼を見た。

兄弟中の耳が2人の会話に向けられる。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ オグナ、オオウスをどの様に諭した。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

え??えっと~ ・ ・ ・ 確か、父上に指示された次の日です。2人きりになりたかったので、夜明けにオオウス兄がトイレに入るのを待っていました。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

しばらくすると兄上が来たので、"おはようございます"って言いました。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ で?

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

それから、オオウス兄を諭そうと思って ・ ・ ・ ・ ・ いっぱい殴って殺しました。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ っ!?

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

あとは、手足をもぎ取って ・ ・ ・ えっと ・ ・ ・ あと ・ ・ ・ ・ ・

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

適当にバラバラにしてムシロに包んで裏庭に投げ捨てておきましたっ!!

ヤマトオグナは眩しいくらいに純粋な笑顔を景行に向けてきた。席がシンと静まり返る。

それまで景行は、ヤマトオグナを気に入っていた。無表情の自分にもいつも人懐っこい笑顔で接してきたし、ドSな精神攻めのセリフを吐いても物怖することがなかったからだ。

しかし彼はまだ少年だ。刀は持たせていない。

つまり兄の殺害と解体を全て素手でやったことになる。しかもこの4日間、毎日共に食事を取っていたというのに全く違和感を感じなかった。初めて人を、しかも兄を殺した人間のリアクションじゃない。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ こいつ、人としての感情が何か欠けている。

景行は彼の笑顔を『気持ち悪い』と感じた。

 

「「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」」

 

沈黙が続く。ヤマトオグナは誉めてもらえると思っているのか、にこにこしながら父親の言葉を待っている。景行は視線を逸らすと静かに口を開いた。

景行天皇

景行天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ オグナ、西の熊襲くまそにクマソタケルという兄弟が住んでいる。奴らは最近力を付け、朝廷に反抗的だ。

景行天皇

景行天皇

彼らを"諭して"熊襲を平定してこい。

景行はこの気持ち悪い息子を自分の近くに置きたくなかった。

ヤマトオグナ

ヤマトオグナ

はい ・ ・ ・ ・ ・ ・ わかりました。

やはり誉めてもらえると思っていたのだろう。ヤマトオグナは、少し不満そうに返事をした。

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。