天皇記『メドリとハヤブサワケ』

メドリとハヤブサワケ

メドリとハヤブサワケ

最後は、ウジノワキとヤタノワキの妹、メドリとのお話だ。

ウジノワキの遺言で、2人の妹を頼まれていた仁徳天皇は、メドリのこともずっと気にしていた。しかし、まぁ、なかなか声をかけられる状態でもなかったので、イワノのスキをついては手紙やプレゼントを送るくらいの関係だった。

仁徳天皇

仁徳天皇

メドリに似合いそうな腕輪が手に入ったから送るなー。

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ どうも。

それに、姉のヤタノワキと違って元々仲が良かったという訳でも無かったので、返事はいつも素っ気ないものだった。

line

仁徳天皇

仁徳天皇

にしても、そろそろメドリも年頃やと思うんやけど、全然浮いた話が無いなぁ〜。

仁徳天皇

仁徳天皇

もしかして、ウジィの遺言のこと気にしとるんかな ・ ・ ・ ・ ・ ・ うぅん ・ ・ ・

悩んだ末、仁徳は「妻として宮中に住まへん?」といった内容の手紙を送ることにした。

もちろんイワノがいるので、長くは一緒に住めないだろうが、天皇とのバツイチはプレミア価値のつく時代だ。一度、宮中に入れば誰かいい人が見つかるだろう。

仁徳天皇

仁徳天皇

つーわけで、メドリにこの手紙、渡してきてくれへん?

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

はい ・ ・ ・ ・ ・ ・ わかりました。

line

こうして手紙を渡されたのは仁徳の腹違いの弟、ハヤブサワケだった。メドリにとっては腹違いの兄になる。

しかし、仁徳から手紙を渡されたハヤブサワケの足取りは重かった。というのも、ハヤブサワケはずっとメドリに想いを寄せていたのだ。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ 手紙、渡したくないな。

とは思いつつ、仁徳の命令では届けるしかない。

ハヤブサワケは彼女の家に着くと、下を向いたままメドリに手紙を渡した。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

はい。

メドリ

メドリ

何よこれ。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

陛下から ・ ・ ・ ・ ・

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ そう。

メドリは仁徳からの手紙を読むと、黙ったままハヤブサワケのそでをぎゅーっとつまむ。

彼女のこーゆう小悪魔っぽいところがまたツボなのだが、そんな態度を取られる度にハヤブサワケは、

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

メドリが自分なんか好きになる訳がない。落ち着け俺っ!!

と強く自分に言い聞かせ、必死に理性を保っていた。

メドリ

メドリ

やだ ・ ・ ・ あんな奴のところ、行きたくない。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

あんな奴って ・ ・ ・ ・ ・ それ聞かれたらマズイでしょ。

と言いつつも、ちょっとホッとする。

メドリ

メドリ

だって、イワノの嫉妬しっとのせいでヤタ姉は散々な目に合ったのよ?

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

それは俺も聞いたけどさ。

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ それに、私、他に好きな人がいるの。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

はぁっ?????誰っっっ!!!???

ハヤブサワケはすごく困った表情で驚いた。今までメドリから好きな人の話なんかされたことなかったのに!

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

誰だっ!?全然わからない!!俺以外にもココ通ってる奴いたのか!?

メドリ

メドリ

はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 鈍感すぎだよ、ばか。

メドリがハヤブサワケを見つめる。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

ん?何??

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

彼女はまだこっちを見つめたままだ。

 

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

っっっつつ!

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

嘘っ!?俺っ???

 

ハヤブサワケはめちゃめちゃ驚いた。別にメドリは、今まで小悪魔を気取っていたわけではなかったのだ。彼女もずっとハヤブサワケのことが好きだった。

メドリ

メドリ

まったく。散々こっちからアピってんのに、歌のひとつもよこさないで ・ ・ ・ 。

メドリ

メドリ

別に、嫌なら良いんだけどさ。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

っっんなわけあるか!!!ずっと好きだったんだ ・ ・ ・ すげー嬉しい ・ ・ ・ ・

その返事を聞くと、メドリは満足そうに彼の顔を見つめた。

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

顔が近い。さらに上目遣いでキスをねだってくる。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

めっちゃ可愛い。。。

そして彼女の柔らかい唇に触れた瞬間 ・ ・ ・

 

 

ハヤブサワケの理性はブッ飛んだ。

 

 

真昼間から2人は身体を重ね合い、それからというもの、ハヤブサワケは仁徳の命令などすっかり無視して、毎日のように彼女の家に足を運ぶようになった。

line

一方、仁徳は仁徳でメドリの事を気にしていた。

仁徳天皇

仁徳天皇

ハヤブサワケに手紙頼んでから、むっちゃ経つけど、返事遅すぎやないか??素っ気ない返事なら毎回必ず帰って来んのに。

仁徳天皇

仁徳天皇

うぅん。前々から思っとったんやけど、やっぱしオレ嫌われとんのかな ・ ・ ・ ・ ・

なんだか不安になった仁徳は、イワノのスキを窺ってこっそり皇居を抜け出し、直接メドリの家に足を運んだ。

line

仁徳がメドリの家の庭から部屋を覗くと、彼女は機織り機に向かって布を織っているところだった。横顔がヤタノワキにそっくりだ。仁徳の胸がチクリとする。

仁徳天皇

仁徳天皇

メドリ ・ ・ ・ 久しぶり。えぇ、生地やな。それ、誰に織っとるん?

彼女は、チラッと目を上げ声の主が仁徳だと確認すると、下を向いたまま冷たく答えた。

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ 空高く翔けるハヤブサのためです。

仁徳天皇

仁徳天皇

へっ??

仁徳天皇

仁徳天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ あぁ、なんや、そーゆーことかい。 ・ ・ ・ ほんなら、ゆーてくれりゃーえぇのに ・ ・ ・ ・ ・ ・

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メドリがプイッとそっぽを向く。

気まずい。

仁徳天皇

仁徳天皇

まぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ したら ・ ・ ・ しゃーないな ・ ・ ・ ・ 帰るか。

こうしてあっさりとフラれた仁徳は、トボトボと皇居に戻った。

やっぱり嫌われているっぽかったのは悲しかったが、どこかこの展開が嬉しくもあった。

仁徳天皇

仁徳天皇

『そのつぼみをお前の妻にするが良い ・ ・ ・ ・ ・ ・ 』

仁徳天皇

仁徳天皇

・ ・ ・ ・ ・ なんつって。

そして仁徳は2人の行動に罰を与えることも無く身を引いた。

line

一方、仁徳と入れ違いでハヤブサワケがメドリの屋敷にやってきた。

しかしいつもなら、笑顔で迎えてくれるメドリが今日はなんだか深刻そうだ。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ メドリ??

ハヤブサワケが心配そうに顔を覗き込むと、メドリはガバッと彼に抱きつき耳元で歌を詠った。

メドリ

メドリ

『自由に空を飛び回る雲雀よりも、天高く高く飛翔する私のハヤブサ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ あのサザキを狩り落として。』

要は、仁徳を殺して。ってことだ。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

えっ??それはマズイでしょ ・ ・ ・ ・

メドリ

メドリ

あんなヤツ ・ ・ ・ ・ さっさと死んじゃえばいいんだ。だってウジ兄はアイツのせいで死んだんだもの。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

え ・ ・ ・ ・ ・ ・ ウジノワキ様って ・ ・ ・ ・ やっぱり自殺だったの?

メドリ

メドリ

そうよ。そうに決まってる。あんな女たらしに皇位を譲るために、ウジ兄は犠牲になったのよ。

メドリ

メドリ

それなのに、ヤタ姉にまで辛い思いさせて ・ ・ ・ ・ 絶対に許せない。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

メドリ ・ ・ ・ ・

メドリ

メドリ

だからアイツを殺して、2人で誰もいない遠いところまで逃げよう??

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

ん ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ うぅん ・ ・ ・

ハヤブサワケは、曖昧に相槌を打った。

line

しかしこのメドリの歌は家臣を通じて、すぐに宮中まで届いてしまう。

仁徳天皇

仁徳天皇

え ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 嘘やろ?

と呟き、仁徳は頭を抱える。謀反は死罪だ。

仁徳天皇

仁徳天皇

あぁ、あんときちゃんとフォローしとれば ・ ・ ・

なんて考えたってもう遅い。仁徳は躊躇ちゅうちょしながらも2人を討つよう軍に指示を出した。

line

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

メドリっ!陛下の軍がこっちに向かってる!!逃げようっ!!!

メドリ

メドリ

・ ・ ・ ・ うそ?

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

早く!!伊勢の神宮まで逃げ延びれば、殺されずに済むかもしれない!!

メドリ

メドリ

うんっ!!

ハヤブサワケとメドリは、走って倉橋山くらはしやま(奈良県桜井市)を登った。しかし急いで登りたいのに、あちらこちらにゴツゴツした岩があり、手をつくのも難しい。メドリはギュッとハヤブサワケの手を握った。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

・ ・ ・ ・ ・ ・ そいえば、メドリに一回も歌を送ってなかったね?

メドリ

メドリ

は??今それどころじゃないんだけど。

メドリは息を切らしながら、彼を見上げる。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

今、思いついたんだ。『倉橋山が険しくて岩に手をつくこともできなくて、君は俺の手を取ったね。』って。

・ ・ ・ ・ どう??

メドリ

メドリ

はぁ?なにその歌。全然ロマンチックじゃない。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

えー。じゃあ、こっちは??

『倉橋山は険しい山だけど、愛する君と登れば険しくなんか思わないっ!!

メドリ

メドリ

うぅん ・ ・ ・ ・ さっきのよりはマシかな。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

へへっ。良かった。

メドリ

メドリ

ハヤブサ ・ ・ ・ ・ ありがと ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ごめんね。

ハヤブサワケ

ハヤブサワケ

大丈夫。急ご?

メドリ

メドリ

うん。

こうして2人は伊勢に向かって必死に走ったが、ついに宇陀うだ(奈良県宇陀郡)で捕らえられ、殺されてしまった。

line

仁徳天皇

仁徳天皇

さよか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ おおきに。しんどい仕事頼んで悪かったな。

オオタテ

オオタテ

いえ。

死刑を執行しっこうした家臣のオオタテが下がると、仁徳は力なく項垂うなだれた。

イワノヒメ

イワノヒメ

仁徳 ・ ・ ・ ・ ・

いつもは女絡みの話でヒステリックに怒り狂うイワノも、今回ばっかりは彼の隣で心配そうにぴとっとくっつき、寄り添ってくれた。

line

それから数ヶ月後。

事件以来、どんよりとしてしまった朝廷の空気を変えようと、イワノが豊楽とよのあかりうたげを企画した。たくさんの人が招待され、ハヤブサワケとメドリを伐った将軍のオオタテも参加をする。

先日の功績もあり、オオタテの周りには多くの人が集まっている。仁徳は嬉しそうにしているオオタテを見ていられずに、複雑な気持ちで視線を逸らした。

しばらくすると、オオタテは自分の妻を連れて挨拶のために仁徳とイワノの元に酒を注ぎにきた。

オオタテ

オオタテ

陛下、先日は、このオオタテに重大な任務をお任せいただき、ありがとうございました!

仁徳天皇

仁徳天皇

ん〜。ご苦労様。

と、仁徳も曖昧な笑顔を返す。隣でイワノもオオタテの妻に酒を注がれ挨拶を交わした。

イワノヒメ

イワノヒメ

・ ・ ・ ・ ・ どうも。

しかし、彼女の妻の腕に巻かれた腕輪を見ると表情が曇る。

イワノヒメ

イワノヒメ

あれ?あの腕輪 ・ ・ ・ ・ ・ この前、献上されて仁徳が気に入ってたやつじゃないか??

イワノヒメ

イワノヒメ

てっきりウチにくれるかと思ったのに ・ ・ ・ まさか、仁徳のヤツ、人妻まで手を出してっっ!?

イワノヒメ

イワノヒメ

・ ・ ・ ・ ・ ・ い、いや。でもアイツはD以上、23以下、未婚じゃないとリスクは冒さない ・ ・ ・

イワノヒメ

イワノヒメ

ウチが家出してからは浮気も控えてたし ・ ・ ・ 他に送る相手と言ったらメドリくらいしか ・ ・ ・ ・ ・ ・

イワノヒメ

イワノヒメ

!!

ハッとしたイワノは、オオタテの妻の腕をグッとつかむ。

オオタテの妻

オオタテの妻

??

イワノヒメ

イワノヒメ

この腕輪 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ どこで手に入れた?

オオタテの妻

オオタテの妻

え?こちらは先日、主人から ・ ・ ・ ・

仁徳天皇

仁徳天皇

それ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オレがメドリに送ったやつ ・ ・ ・ ・ ?

オオタテ

オオタテ

!!

呆然としている仁徳の横でイワノはガタンと席を立ち、注がれた酒をオオタテに投げつけた。

イワノヒメ

イワノヒメ

なんて ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ なんてむごい奴なんだっっ!!

そして目にいっぱいの涙を浮かべながら、自分の身長よりもずっと大きなオオタテに掴みかかる。

イワノヒメ

イワノヒメ

メドリとハヤブサワケは仁徳のことを殺そうとしたから処刑されたんだっ!!仁徳が望んで2人を処刑するわけがないだろっ!!

イワノヒメ

イワノヒメ

あれはどうしようもない、仕方の無いことだったのにっっ!それなのにお前はっっ ・ ・ ・ なんてことを ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

イワノヒメ

イワノヒメ

こんな細い腕輪、メドリの身体がまだ暖かいうちじゃなきゃ取れるわけがない。亡くなったばかりのメドリの腕から腕輪を盗むだなんて ・ ・ ・ ・ ・ ・

イワノヒメ

イワノヒメ

なんて ・ ・ ・ なんてむごい奴なんだっ!!お前なんか今すぐ死刑だっっ!!!

こうして、オオタテはその日のうちに処刑された。

line

仁徳天皇

仁徳天皇

イワノ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ありがとな。

イワノヒメ

イワノヒメ

ふん。なんせ、ウチは仁徳の皇后だからな。このくらい当然だ。

仁徳天皇

仁徳天皇

オレのせいで、イワノにはいつも損な役回りさせてばかりやな。

イワノヒメ

イワノヒメ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ウチはそれでいいんだ。仁徳が悪口言われる方が嫌だもん。

仁徳天皇

仁徳天皇

・ ・ ・ おおきに。さすが、オレの皇后。

仁徳がイワノの頭を撫でると、彼女は恥ずかしそうに笑った。

イワノヒメ

イワノヒメ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

その後、仁徳は300才近くなった武内と縁起のいい歌を詠み合ったり、立派な木で船を作ったり、廃材で琴を作ったりなど、後半はどうでもいいような聖帝伝説を残して、83才で亡くなった。

メドリとハヤブサワケ

続きは現在製作中!先が気になる方は、文章でお楽しみください☆

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!
アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。