天皇記『目弱王の仇討ち』

目弱王の仇討ち

目弱王まよわのみこの仇討ち

安康天皇系図3

オオクサカの事件から、あっという間に3年が経った。

安康天皇

安康天皇

ねぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ナガタ??

長田大郞女

長田大郞女

ん、何?

この日、神床かむとこで昼寝をしていた安康あんこうは、今では自分の皇后になったオオクサカの元妻、ナガタヒメに声をかける。

もちろん本来であれば、皇后であっても神床かむとこには入ることができないのだが、あの日から1人で寝るのが怖くて仕方がない。

安康天皇

安康天皇

なんでナガタは、自分の夫を殺した僕に付いてきてくれたんだろう ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

あれからオオクサカさんのことを全く話さないから不安になる。

安康天皇

安康天皇

いや、そりゃ、気軽に話題にできることじゃないのは分かってるんだけど ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

・ ・ ・ ・ どうかしたの?

安康天皇

安康天皇

え、あぁ ・ ・ ・ えっと。

長田大郞女

長田大郞女

??

安康天皇

安康天皇

ナガタってさ ・ ・ ・ 何か思ってるところとかないのかなって。

長田大郞女

長田大郞女

は?思ってること??

安康天皇

安康天皇

だから、ほら ・ ・ ・ ここでの暮らしとか ・ ・ ・ ・ ・ ・ あと、僕のこととか ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

あぁ。

何かをさっしたナガタヒメは安康に向かって優しく微笑む。

長田大郞女

長田大郞女

安康は、私たちを手厚く迎え入れてくれたじゃない。それに、こんなに愛されて恵まれた生活ができてるって言うのに、何か思うわけが無いでしょう??

安康天皇

安康天皇

でも ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

マヨワのことだって守ってくれたし、なんの不満もございません。

安康天皇

安康天皇

だってそれはっ ・ ・ ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

それは、あの日 ・ ・ ・ ナガタが泣きながら息子を助けて欲しいって頼んできたからじゃないか。

長田大郞女

長田大郞女

・ ・ ・ ・ ・ ・ うん。

安康天皇

安康天皇

あのさ、ナガタ ・ ・ ・ ・ ・ ・ オオクサカさんってさ、本当は ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

ねぇ、安康?

安康天皇

安康天皇

え?

長田大郞女

長田大郞女

例えばね、誰かが影で安康のことを悪く言うことがあっても、私は安康のことを心から愛してるし、彼のことであなたを責める気は無いから。

安康天皇

安康天皇

ナガタ ・ ・ ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

はい。じゃ、この話はこれでおしまい。OK?

安康天皇

安康天皇

なんだよそれ ・ ・ ・ ・ ナガタ、かっこよすぎるんだけど ・ ・ ・ ・ ・ ・ 惚れ直す ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

ふふっ、ありがと。

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ どうしよ ・ ・ ・ 泣きそう。

長田大郞女

長田大郞女

いや、泣いてんじゃん。ウケるんだけど。

安康天皇

安康天皇

へへ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ありがと。

長田大郞女

長田大郞女

・ ・ ・ ・ ・ ・ うん。

安康天皇

安康天皇

最近、マヨワが僕にもなついてくれるようになって、すごく可愛いからさ ・ ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

ふふっ!当たり前でしょう??私の子だもの。

安康天皇

安康天皇

うん ・ ・ ・ ・ ・ ・ でもね、だから僕はいつも不安で不安でしょうがないんだ ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

何が。

安康天皇

安康天皇

何って ・ ・ ・ そりゃ、マヨワが大きくなった時のことだよ。

安康天皇

安康天皇

大人になってから、自分の父親を殺したのが僕だって知ったら ・ ・ ・ マヨワはなんて思うか ・ ・ ・ ・ ・ ・

長田大郞女

長田大郞女

・ ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

僕のことを裏切って邪心じゃしんを抱くんじゃないかなって。逆らって復讐心ふくしゅうしんを抱くんじゃないかなって。

安康天皇

安康天皇

考えただけでも怖くて怖くて仕方がない。

カタン

長田大郞女

長田大郞女

ん?

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ え?

長田大郞女

長田大郞女

あ、ごめん。何でもない。

安康天皇

安康天皇

そう ・ ・ ・ ・ ごめんね、話が長くなっちゃった。

長田大郞女

長田大郞女

うぅん。

安康天皇

安康天皇

聞いてくれてありがと。ちょっと楽になった。

長田大郞女

長田大郞女

そう。なら、よかった ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

あとは、神託しんたく受け取れるように、1人で寝るよ。やっぱナガタと一緒じゃダメだったから。

長田大郞女

長田大郞女

・ ・ ・ ・ そっか、分かった。じゃ、私は外すね。

安康天皇

安康天皇

うん、それじゃまた ・ ・ ・

パタン

目弱王

目弱王

・ ・ ・ ・ ・ ・

 

この時、マヨワは7歳になっていた。

 

安康あんこうが眠る神床かむとこ高床式たかゆかしきになって、ジャングルジムみたいに登って遊ぶには最高の場所だ。しかも、神聖な場所だから人は滅多めったに入ってこないし、床の真下まで登ってしまえば死角になる、絶好の秘密基地。

 

この日もマヨワは神床かむとこの下で遊んでいた。

 

安康天皇

安康天皇

自分の父親を殺したのが僕だって知ったら ・ ・ ・ マヨワはなんて思うか ・ ・ ・ ・ ・

 

安康はそうとも知らずに、マヨワの父親のことを話してしまったのだ。

 

目弱王

目弱王

父親を ・ ・ ・ ・ ・ ・ 殺した?

 

1番聞いてはいけないところを、しっかり聞いてしまったマヨワは、その場で硬直こうちょくした。

 

確かに心当たりはある。

 

ここに来た頃、いつも1人で泣いていた母親。

 

『父上』と呼ぶと、なぜか視線を逸らす安康。

 

ここではない、どこか別の家の記憶。

 

そこで遊んでくれた優しい男の人 ・ ・ ・ ・

 

目弱王

目弱王

・ ・ ・ ・ きっとあの人が本当の父上だったんだ。あいつはボクの父上じゃない。あの時、母上が泣いてたのも全部あいつのせいだったんだ。

マヨワの中で全ての辻褄つじつまが合った。

目弱王

目弱王

ボクが父上のかたきを討たなくちゃ。

 

マヨワは安康が眠るのを密かにうかがうと、こっそり神床の中に忍び込んだ。

 

目弱王

目弱王

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

安康は完全に寝入っている。

そのかたわらには解かれた太刀たちが置いてあった。

マヨワはその太刀を小さな手でギュッと握る。

目弱王

目弱王

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そして安康の首をめがけて思い切り振り落とした。

ザクッ

っと嫌な感覚が手に響き、安康の身体がビクッと動く。

辺りに血がびたびたと飛び散り、一瞬、安康と目が合ったような気がした。

目弱王

目弱王

ひっ ・ ・ ・

マヨワは恐怖のあまり、太刀を投げ出し、その場から逃げ出す。

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ マ ・ ・ ・ ヨ ・ ・ ワ?

安康はうまく状況を飲み込めないまま、亡くなってしまった。

line

目弱王

目弱王

ツブラっっ!!

都夫良

都夫良

えっ ・ ・ ・ ・ ・ マヨワ様?何故こちらに??

マヨワが走って走って辿たどり着いたのは、葛城かつらぎのツブラという家臣の館だった。

そして、ツブラのそでにしがみつく。

目弱王

目弱王

ツブラ!ボクをかくまってください!!

都夫良

都夫良

マヨワ様、すごい血じゃないですか!お怪我は ・ ・ ・

目弱王

目弱王

大丈夫です。これはボクの血じゃないから ・ ・ ・

都夫良

都夫良

えっ?

目弱王

目弱王

お願いします ・ ・ ・ ・

都夫良

都夫良

・ ・ ・ ・ ・ わかりました。まずは中にお入りください。

こうして、マヨワはツブラの家にかくまわれることになった。

安康天皇系図4

 

安康の享年は56歳。

(二倍年歴説を採用して、全力で28歳にしたいけど、とりあえずそれは置いておいて。)

御陵みささぎは菅原の伏見の岡(奈良県生駒郡)に作られた。

 


ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >

Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!

スポンサードリンク

日本神話ベースのスマホゲーム『神式一閃 カムライトライブ
ヤマタノオロチが封印され幾千年後の世界。八百万の神々の力を受け継いだ戦士「神侍 -カムライ-」たちが活躍する!

神式一閃 カムライトライブ

神式一閃 カムライトライブ_iOS 神式一閃 カムライトライブ_Android

スポンサードリンク

こうじ酵素imp 皇潤imp


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。