天皇記『大悪天皇』

大悪天皇

大悪天皇

大悪天皇

皇位継承権こういけいしょうけんの資格をもつ親族をことごとく排除したオオハツセは、雄略天皇ゆうりゃくてんのうとして即位した。

雄略天皇

雄略天皇

チッ!なぁにが『争わずに作られた国ニッポン』だ。平和ボケしやがって。
だから、豪族ごうぞくどもや大陸にナメられんだろうが。

雄略天皇

雄略天皇

あいつら、今まで通りに行くと思うな。この俺様が日本を世界最強の超超超強国にしてやるっ!!

と、天皇になったばかりの雄略ゆうりゃくは、日本をより良い国にしようと、彼なりの闘志に燃えているようだ。

雄略は手始めに、なぁなぁになっていた豪族と天皇との上下関係をハッキリさせることにした。

雄略天皇

雄略天皇

クソ、葛城かつらぎめ。いつまでも武内の功績にたかりやがって。他の豪族どもも、ここぞとばかりに調子乗ってんじゃねぇよ。

雄略天皇

雄略天皇

この『天下』が天皇である俺様のモノだっつーことを、イチから調教し直してやる。

雄略天皇

雄略天皇

まずは、嫁からだっ!!

もちろん、今までも政略結婚はあったけど。でも、みんな、空気を読みながら、大人な対応をしてきたっていうのに ・ ・ ・ ・

 

雄略は女を、あからさまに道具として使いはじめる。

 

まず、オオクサカの妹『ワカクサカ』を皇后にした。彼女は仁徳天皇の娘にあたる。この国で一番、位の高い女性を皇后に置いて、確固たる天皇の地位をアピールしたのだ。

そして、カラヒメ。彼女はマヨワを匿ったツブラの娘だ。彼女の実家の『葛城』は、豪族ではじめて皇后になったイワノを生んだところ。平安時代の『ポスト藤原』的な、ノリに乗ってる豪族の娘を次に置くことで、その親族を黙らせる。

さらに、他の有力豪族の吉備きび丸邇わにからも妻をもらい、親族もろとも次々と配下に置いていく。

 

嫁って言うか、人質だ。

 

他にも雄略ゆうりゃくは、朝鮮に攻め入ったり、気に入らない一族を皆殺しにしたり、浮気したフィアンセを相手共々焼き殺したり、そのくせ自分は人妻を奪い取ったり、自殺した娘の腹を割いたり ・ ・ ・ ・ 日本書紀には、引くレベルのヒドイ話がたくさん残っている。

 

雄略天皇

雄略天皇

ヒャハハハハハハ!!!

 

もぅ、こうなると、私利私欲のために日本を侵略した悪の大魔王にしか見えない。

 

そろそろ、勇者に倒してもらいたい。

 

雄略天皇

雄略天皇

うるせぇ。この俺様が平和ボケした日本を、まとめ上げてやった軌跡だろうが!

 

軌跡きせき』って言うか、Going my wayゴーイング マイ ウェイ残骸ざんがい

 

雄略はこの暴君ぶりから、影で『大悪天皇はなはだあしきすめらみこと』なんて呼ばれていた。

 

雄略天皇

雄略天皇

Fuck!!!!!

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ と、ここまで来ると、ずいぶんドロドロ感も増して、歴史の教科書っぽくなってきたなぁ~〜

 

なーんて、言いたいところだけれど、残念ながらそうはいかない。

 

というのも、この大悪天皇 ・ ・ ・ ・

 

 

ものすんごい『アホの子』だったのだ。

 

 

雄略天皇

雄略天皇

あぁん???

 

散々ディスっておいてなんだけど、この大悪天皇伝説は全て日本書紀でのお話。

古事記には『大悪天皇』の文字はなく、愛すべき『アホの子』伝説がたくさん残っている。

 

あ、いや ・ ・ ・ ・ 確かに、道端でナチュラルに強姦ごうかんしたくらいの話なら、古事記にも載ってるけど。

でっ、でも、ほら。中華のから来た人が住みやすいように、居住区を作ったとか、ちゃんと仕事もしていたであろう形跡だって残っているし ・ ・ ・ ・ 日本書紀に書かれてるほど悪い子じゃないと思うの。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ たぶん。

 

まぁ、とにかく、まじめな話しはココまでにして。

次ページからは、雄略ゆうりゃくが残した大量の『アホの子伝説』に進む。

 

雄略天皇

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

大三国志

大三国志_iOS 大三国志_Android


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。