天皇記『雄略天皇』

雄略天皇

雄略天皇

雄略天皇

天皇になった雄略ゆうりゃくは、まず皇后を置くことにした。

雄略天皇

雄略天皇

ワカクサカを皇后にする。元々、俺がもらう予定だったんだ。本人も文句ないだろ。

雄略天皇

雄略天皇

この俺様が直接、迎えに行ってやろう。

 

そして雄略は自分でワカクサカを迎えに行くことにする。

 

雄略天皇

雄略天皇

よし。てめーら、行くぞ!

 

雄略ゆうりゃくはお供を従えると、ワカクサカが住む『日下くさか』に行くため、生駒山いこまやまを登った。

 

line

そして日下くさかに近い山の南側を進んで行くと、やがて道が開ける。

 

雄略天皇

雄略天皇

お、開けたな。河内かわちまで出たか??

 

大阪の北河内付近からは、国民の暮らしがよく望めた。そこには穏やかな風景が広がり、案外、平和そうだ。

 

しかし、質素な家々が並ぶ中で、ひとつだけ豪華な建物が目立っている。

 

雄略天皇

雄略天皇

あ??なんだ、あのデカイ家。

その家はまだ新しく、『堅魚木かつおぎ』という丸太みたいな屋根飾りがついていた。

 

堅魚木

 

雄略天皇

雄略天皇

オイ。なんだ、あの堅魚木かつおぎくっつけてる家。誰の家だよ。

家臣

家臣

あ、あれは、志幾しき大縣主おおあがたぬしさんのお家ですよ。最近、新築したばかりって聞きました。いいですね〜。

大縣主おおあがたぬし』とは、県知事けんちじ的なエライ人だ。

雄略天皇

雄略天皇

ああぁ???なんだソイツ、ふざけてんのか??

家臣

家臣

へ?

雄略天皇

雄略天皇

あのデザイン、天皇であるこの俺様の皇居の丸パクリじゃねぇかっ!!

家臣

家臣

え、あっ、はっ、確かに ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

ムカつく。よし、てめーら。あの家、焼いてこい。

家臣

家臣

えええぇぇっっ!?

line

こうして、雄略に遣わされたお供たちはワラを集め、気まずそうに大縣主おおあがたぬしの家の前に積んで行く。

 

家臣

家臣

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい ・ ・ ・ ・ ・

カチッカチッ

そして、半べそをかきながら火打石ひうちいしを打っていると、中から慌てて大縣主おおあがたぬしが出てきた。

 

大縣主

大縣主

って、えええっっ!あんたたち、なに、人ん家に火ぃつけようとしてんの!?

家臣

家臣

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

大縣主

大縣主

いやいやいやいや、謝罪はいいから理由教えて!!!つーか、今すぐやめて!!!!!

家臣

家臣

だって陛下が ・ ・ ・ ・ ・ ・ この家、焼けって ・ ・ ・ ・ ぐすっ。

大縣主

大縣主

えっっ!?陛下っ???まさか、大悪 ・ ・ ・ ・ いやっ、雄略天皇???来てんの?????

家臣

家臣

はい、すぐそこまで ・ ・ ・

大縣主

大縣主

ギャァァ!!!すみませんでしたぁぁぁぁーーっっ!!!!自分ごときが身分もわきまえずに、ものすんごい過ちを犯しちゃいましたぁぁぁぁ!!!!!!!

家臣

家臣

大縣主おおあがたぬしさん!!!大丈夫!大縣主さんは悪くないよ!!!!
ちゃんと、みんなわかってるっっ!!!!!

大縣主

大縣主

わあああ家臣さん ・ ・ ・ ・ !!どうしよう!!!
ねぇ、オレ、どうしたらいい???まだ家のローン組んだばっかなんだけどっっ!!!!

家臣

家臣

私で何かお役に立てることがあれば!!

大縣主

大縣主

具体案 ・ ・ ・ ・ 具体案欲しいっっ!!!!

家臣

家臣

えっと ・ ・ ・ ・ ・ ・ そしたら、例えば、貢物渡すとか ・ ・ ・

大縣主

大縣主

ああっ!!それいい考えっ!!!ありがとうっっっ!!!ちょっと待ってて。なんか謝罪の印になるようなの探してくる。

家臣

家臣

わかりました!お待ちしてます!!!

 

大縣主おおあがたぬしが慌てて家の中に戻ると、すぐに後ろから雄略が現れた。

 

雄略天皇

雄略天皇

オイ、てめーら、なんでまだ火が上がんねぇんだ。遅せぇんだよ!!

家臣

家臣

ギャァ!!陛下ぁぁぁっっ!!!!

雄略天皇

雄略天皇

あぁ??なんだ。もうワラは積み上がってんじゃねぇか。

家臣

家臣

あ、えっと。これは ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

よし。この俺様が火をつけてやる。

家臣

家臣

ヒィィィ!!!

カチッカチッ

こうして雄略が火打石ひうちいしを打っていると、中から大縣主おおあがたぬしが走りながら出て来た。

 

大縣主

大縣主

へっっっ!!!!陛下っっっっ!!!!!!
ちょっ!!お待ちをっっ!!!!!

雄略天皇

雄略天皇

ああ???おい、てめーか。志幾しき大縣主おおあがたぬしっつーのは。

大縣主

大縣主

はい、えっと、この度は、本当にすみませんでした。あの、謝罪の気持ちを込めてこちらの見舞いの品を奉りたく ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

はぁぁあ???この俺様が見舞いの品ごときで許すとでも思ってんのか???無理だな。死ね。

大縣主

大縣主

そこを ・ ・ ・ なんとか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ こちらの品でっっっ!!!

 

こうして、大縣主おおあがたぬしが土下座しながら献上したのは、

 

綺麗な布をかけ、

 

鈴をつけ、

 

縄を巻いた、

 

真っ白な ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

犬だった。

 

 

犬

ワン!

 

 

家臣

家臣

あ。この人、終わった。

 

その場にいた誰もが、大縣主おおあがたぬしの命をあきらめる。

 

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

もちろん、雄略ゆうりゃくも硬直したままだ。

 

犬

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

犬

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

犬

くぅん?

雄略天皇

雄略天皇

え?お父さん??

大縣主

大縣主

へっ?

雄略天皇

雄略天皇

まじ、くれんの?これ。

大縣主

大縣主

もちろんです!

雄略天皇

雄略天皇

そうか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ わかった。

 

 

雄略天皇

雄略天皇

許してやろう。

 

 

家臣

家臣

えええぇぇぇぇぇっっっ!!!????

 

 

こうして雄略は、火をつけることをやめた。

大縣主

大縣主

た ・ ・ ・ ・ ・ 助かった ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

大縣主おおあがたぬしは放心状態で、嵐のような雄略一行を見送った。

line

雄略天皇

雄略天皇

ふふん♪♪

 

白いわんこを手に入れ、上機嫌になった雄略は、リードを引きながらワカクサカの家に向かった。

目的地に着くと、早速、女中を呼びつける。

 

雄略天皇

雄略天皇

おい、コレやるよ。

犬

ワン!

女中

女中

はっ???

雄略天皇

雄略天皇

これな、今日、ココに来る途中でもらった珍しい犬なんだ。だから、妻問いの結納品にしようと思って、連れて来た。

女中

女中

え?結納の品?? ・ ・ ・ ・ ・ 犬が???

雄略天皇

雄略天皇

あぁ、そうだ。これで、ワカクサカに俺様の皇后になれって伝えろ。

犬

ワンワン!

女中

女中

は ・ ・ ・ ・ ・ はぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

女中が戸惑っていると、御簾みすの奥からとても美しい女性が出て来た。

 

若日下

若日下

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

雄略も口をポカンと開けたまま、見とれてしまう。

 

雄略天皇

雄略天皇

あんたが ・ ・ ・ ・ ・ ・ ワカクサカか。

若日下

若日下

えぇ。

雄略天皇

雄略天皇

そうか。アンタを俺の皇后にする。今から皇居に来い。

若日下

若日下

いけませんよ、雄略様 ・ ・ ・ ・ あなたは、天皇です。日御子ひのみこなのですから。

雄略天皇

雄略天皇

あ?

若日下

若日下

五瀬命いつせのみことの神話にもありますように、日御子ひのみこが太陽に背いてこちらにいらしたことは、とてもおそれ多いことでございます。

雄略天皇

雄略天皇

は?イツセ?誰それ。

若日下

若日下

・ ・ ・ ・ 初代 神武天皇のお兄様です。この日下くさかから昇った太陽に向かって戦い、亡くなっております。

雄略天皇

雄略天皇

へぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ そうなのか。

若日下

若日下

ですので、今から共に皇居へ行くことはできません。後日、私の方からじかにそちらへ参りましょう。

雄略天皇

雄略天皇

ふぅん。そういうもんなのか。

若日下

若日下

せっかく来ていただいたのに、申し訳ありませんが ・ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

そうか ・ ・ ・ ・ わかった、帰る。

犬

ワン!

若日下

若日下

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

よし。てめーら、行くぞー。

 

こうして、雄略はすぐに皇居へ帰ることになった。

 

ワカクサカはその後ろ姿を、じっと見つめる。

 

若日下

若日下

・ ・ ・ ・ ・ ・ かわいそうに。誰も教えてくれないのね。

line

 

雄略ゆうりゃくは皇居に帰る途中、生駒山いこまやまの上で、今来た道を振り返った。

 

そしてワカクサカを想い、歌を詠う。

 

雄略天皇

雄略天皇

日下部くさかべのこの辺は、コッチの山からアッチの平群へぐりの山まで、谷間のあちこちに大きな葉の熊樫クマカシが生えてんだな。

山の裾には竹林が盛り上がって、しっかり重なりながら生えてやがる。

雄略天皇

雄略天皇

今日はその『いくみ竹』みたいに組んで、あんたと部屋で寝ることができると思ってたのに。

今日はその『たしみ竹』みたいに確かに、あんたを率いて寝ることはできないらしい。

雄略天皇

雄略天皇

でもまぁいいさ。

どうせ近いうちに、一緒に寝れるんだろ??

雄略天皇

雄略天皇

いや、知らねーけど ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ やめた。あんたを想うと、しんどくなる。

 

詠い終わると雄略は、遣いにそれを持たせて、ワカクサカに送る。

 

line

 

ワカクサカはその歌を受け取ると、パラパラと開いて視線を落とした。

 

 

若日下

若日下

え ・ ・ ・ ・ この歌、あの子が書いたの?

家臣

家臣

はい。

若日下

若日下

あらやだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ かわいい ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

へ??うそ。下品じゃね??

 

こうしてワカクサカは、日を改めて皇居に入ることになり、やがて雄略の皇后となった。

 

雄略天皇系図

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

大三国志

大三国志_iOS 大三国志_Android


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。