天皇記『葛城山の猪』

葛城山の猪

葛城山の猪

雄略ゆうりゃくの『アホの子伝説』は、女性絡みの話だけではない。

ある日、雄略は狩りをして遊ぶため、お供と2人で葛城山かつらぎさんを登っていた。

雄略天皇

雄略天皇

この辺で手分けするか。

家臣

家臣

はい、わかりました。

山の中腹ちゅうふくまで来ると、雄略ゆうりゃくはお供と別れて獲物を探す。

ガサガサ

雄略天皇

雄略天皇

ん?何かいる??

音のする方へ細心の注意を払いながら近づくと、茂みの奥に大きなイノシシがいた。狩り好きの雄略も、こんなに大きなイノシシを見るのは初めてだ。

イノシシ

イノシシ

ブフッ ・ ・ ・

 

まるで、例のあのジブリ映画に出てきた山の神みたい ・ ・ ・

 

 

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ っっかっけぇ!!殺すっ!!!

 

 

雄略はわざわざ、つと音の鳴る『鏑矢かぶらや』を構える。

 

雄略天皇

雄略天皇

フンッ!!あの部下にも、この俺様のカッコイイ姿を拝ませてやろうっっ!!!

 

そして射った。

 

ピィィ・・・

トン!!

その矢は見事に、イノシシの脇腹に命中する。

鏑矢かぶらやの音に気づいたお供も、茂みから顔を出し、雄略の方に視線を向けた。そして、イノシシに刺さった矢を見ると、

家臣

家臣

おぉ!

と声をあげ、雄略もドヤ顔をする。

雄略天皇

雄略天皇

フン!

 

 

・ ・ ・ ・ しかし、なんだか様子が変だ。

 

矢が深く刺さっているはずのイノシシは、倒れる様子がない。それどころか、

イノシシ

イノシシ

ブフンッッ!!!

っと、ものすごい迫力で鼻を鳴らし雄略を睨みつけてきた。

 

雄略天皇

雄略天皇

あれっ??矢ぁ、刺さってんのに ・ ・ ・ ・ ・ ・ 全然効いてない???

 

イノシシ

イノシシ

グォッ グォッ ・ ・ ・ ・

 

イノシシは高い声で唸りながら、ゆっくりと雄略の方に近寄って来る。

 

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

雄略はサアッと血の気が引くのを感じた。そしてイノシシから視線を逸らさないように、ズズズと徐々に後ろへ下がる。

 

家臣

家臣

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

お供もその様子を、固唾かたずを飲んで見守る。

 

雄略天皇

雄略天皇

落ち着けぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 落ち着け、俺ぇぇ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

そして、雄略は心の中で静かにカウントした。

 

雄略天皇

雄略天皇

3 ・ ・ ・ 2 ・ ・ ・ 1 ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

ダッ!!

 

雄略が勢いよく踵を返すと、それを合図にイノシシも全速力で突進してくる。

ドドドド!!

家臣

家臣

陛下ああぁぁぁ!!!

 

 

後ろの方で、お供の叫ぶ声が聞こえる。

 

 

正直、こんな姿、自分の部下には見られたくなかった。

 

 

でも、今はそんなことどうだっていい。

 

 

だって、止まったら、死ぬんだもん。

 

 

雄略天皇

雄略天皇

ギャァァァァア!!!!!

 

雄略ゆうりゃくは叫びながら、全速力で走った。

 

ドドドド!!

 

しかし、あっという間に追いつかれてしまい、今にも後ろからド突かれそうだ。しかも目の前に大きな榛木ハンノキが立ちはだかる。

 

雄略天皇

雄略天皇

クソッ!!!!

 

雄略は榛木ハンノキに飛びついた。

 

その瞬間。

ドスン!!

イノシシの激しい突きで、榛木ハンノキが大きく揺れた。

雄略天皇

雄略天皇

うわっ!!

雄略は手を滑らせたが、落ちたら死ぬ。

雄略天皇

雄略天皇

クッ!

必死に枝にしがみつく。

そうしているうちに、イノシシは第二派のために助走をつけている。

雄略天皇

雄略天皇

やばいやばいやばいやばい!!!!!

雄略はさらに木の上まで登り強くしがみついた。

ドスン!!

ドスン!!

ドスン!!

定期的な間隔で榛木ハンノキに激しい振動が走る。

雄略は恐怖で半泣きになりながら、その場で歌を詠い出した。

雄略天皇

雄略天皇

俺様、天下を治める天皇なのにっ!!!遊んで射ったイノシシが!!!しかも怪我して弱ったイノシシが!!!!!

雄略天皇

雄略天皇

怖すぎてなんにもできねぇよっっっ!!!!

ドスン!!

ドスン!!

ドスン!!

イノシシの攻撃はまだ続いている。

雄略天皇

雄略天皇

えだっ ・ ・ ・ ・ ・ 枝 ・ ・ ・ 榛木ハンノキの枝だけが頼りって ・ ・ ・ ・ ・ つらい ・ ・ ・ ・ ・ 俺様の登った丘の榛木になんだか情緒を感じてきた。

雄略天皇

雄略天皇

え?あれ、どうしよう。これって走馬灯??これが走馬灯なのかな????

 

雄略ゆうりゃくはぎゅーっと榛木にしがみつき、イノシシの怒りが収まるのを待ち続けた。

 

イノシシは散々、榛木ハンノキに当たり散らすと、徐々に怒りも収まってきたのか、やがて大人しくなる。

 

そして、

イノシシ

イノシシ

てめー、今度ふざけた真似しやがったらタダじゃおかねぇからな??

とでも言わんばかりに、鼻息を

イノシシ

イノシシ

ブフッッ!!!

と鳴らすと山の奥に帰って行った。

 

 

雄略天皇

雄略天皇

ふぁ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ふあぁぁ ・ ・ ・ たすかった ・ ・ ・ ・ ・ のか??

 

イノシシが去るのを確認すると、お供が慌てて駆け寄ってくる。

家臣

家臣

陛下っっ!!!!大丈夫でしたかっっっ!?!?

榛木からズリ降りた雄略は、その場で体育座りをしてうずくまった。

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ぐすっ。

家臣

家臣

お怪我はありませんでした??

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ こわかった ・ ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

ごめんなさい、すぐに助けに来れなくて ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

ころす ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

すみません。

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

お供が申し訳なさそうに、雄略の背中をさする。

雄略天皇

雄略天皇

なっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ なぁ、あのさ ・ ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

はい?

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ すぐに助けにこなかったこと ・ ・ ・ 責めて殺さないからさ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

はぁ。

雄略天皇

雄略天皇

その ・ ・ ・ ・ ・

家臣

家臣

??

雄略天皇

雄略天皇

あんたがイノシシに襲われたことにしろ。

家臣

家臣

へ??

雄略天皇

雄略天皇

じゃなきゃ、殺す。

家臣

家臣

あっ、あぁ!全然いいですよっ!!

雄略天皇

雄略天皇

え、いいのか ・ ・ ・ ?

家臣

家臣

お役に立てて、光栄です。とにかくご無事で何よりでした。

雄略天皇

雄略天皇

バレたら殺すぞ?

家臣

家臣

ふふっ!大丈夫ですよ。絶対に口外しませんから。ご安心ください。

雄略天皇

雄略天皇

そうか ・ ・ ・ よかった ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

こうして日本書紀の方には、家臣がイノシシに襲われ、雄略ゆうりゃくがそれを倒す勇猛果敢ゆうもうかかんなお話が残ることになる。

 

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >

Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。