天皇記『丸邇の袁杼比売』

丸邇の袁杼比売

丸邇の袁杼比売

そろそろ、家臣にも、国民にも、読者にも、『あ、なんだ。この人、暴君かと思いきや、ただのポンコツだ。』と気付かれはじめてしまった、今日この頃 ・ ・ ・ ・

 

でも、『大悪天皇』の異名は伊達じゃない。

 

ある日。雄略ゆうりゃくは、丸邇わにのサツキさんの娘、オドヒメを嫁にしようとして、春日かすが(奈良の春日大社らへん)に向かっていた。

雄略天皇

雄略天皇

なぁ、オドヒメってさ、名前からして可愛くね??ぜってー、オドオドしてると思うんだけど。

家臣

家臣

はぁ ・ ・ ・ ・ どうなんですかね?

そんなことを話しながら家臣たちと歩いていると、道の向こうから可愛い女性が歩いて来るのが見えた。

 

???

???

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

しかし、彼女は何か自信が無いのか、遠慮しがちにオドオドしている。

 

雄略天皇

雄略天皇

あ、そうそう。ちょうど、あんな感じのイメージの女 ・ ・ ・ ・

雄略ゆうりゃくがその子を指を差すと、向こうもこちらに気づいたようだ。

???

???

ふぁ!?

雄略天皇

雄略天皇

ん?

???

???

ひゃっっ!!!

雄略天皇

雄略天皇

あぁ??

???

???

フアァァァァァァァ!!!!!!!

すると、彼女は慌てて丘の茂みに隠れてしまう。

 

雄略天皇

雄略天皇

えっ?まさか、今のオドヒメっ!?!?

 

そう。偶然鉢合わせたオドヒメが雄略を怖がり、慌てて茂みに逃げ隠れたのだ。

 

袁杼比売

袁杼比売

ひぃぃぃぃ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

うーわ。今の見た??俺様の顔見て逃げちまったんだわけど。やべー。まじ可愛いくね??

 

しかし、雄略ゆうりゃくは自分が怖がられているとは気付かなかったらしい。

 

呑気に歌を詠い出す。

 

雄略天皇

雄略天皇

丘に隠れた、あの女。

 

雄略天皇

雄略天皇

あーぁ。手元に金鋤かなすきが500本くらいあったらな〜。

 

雄略天皇

雄略天皇

この丘の草、根こそぎむしって探し出すのに。

 

袁杼比売

袁杼比売

いやあぁぁぁぁ!!!!

 

オドヒメはその歌を聞くと、心の中で絶叫したが、雄略が勘違いしたまま帰ってくれたおかげで、草むらで押し倒されることだけは間逃れた。

 

その後、雄略の元にはオドヒメの父親から謝罪の連絡があり、彼女は後日、自分から嫁ぎに行くことになる。

袁杼比売

袁杼比売

ぎゃあああぁぁぁぁ!!!

また、この事件のせいで、その丘は『金鋤岡かなすきおか』という、オドヒメにとってはトラウマのような名前がついてしまった。

袁杼比売

袁杼比売

ぴぎゃあぁぁぁぁぁ!!!!!!

line

さてさて、それから数ヶ月後。

秋になると、その年も新嘗祭にいなめさいを執り行い、恒例こうれい豊楽とよのあかりの宴を開くことになった。

 

ま、平たく言えば、収穫祭を理由にした大宴会だ。

 

その日は、丸邇わにのオドヒメが嫁ぎに来ることになっていたので、雄略ゆうりゃくは宴会の会場にもこだわり、特設会場を設けることにする。

雄略天皇

雄略天皇

百枝槻ももえつき』って呼ばれてる、ちょーでっかいけやきが、俺様の宮の近くにあるだろ。その木の下で宴を開く。会場を設置しろ。

こうして、雄略のリクエストで、初瀬はせ(奈良の長谷寺らへん)にあった、枝が100本はついていそうな、見事なけやきの木の下で宴会は行われることになった。

line

そして当日。雄略は皇后のワカクサカと並んで自分の席に着いた。

 

けやきは濃いオレンジ色に紅葉しており、はらはらと葉が舞い落ちる様子は、とてもおもむきがある。

雄略天皇

雄略天皇

やべぇー。俺様、会場のチョイス、完璧じゃね??

ワカクサカ

ワカクサカ

くすっ、けやきも程よく色づいてよかったですね。

雄略天皇

雄略天皇

だな。

その仕上がりに雄略も満足げだ。

 

参加者もだいたい席に着くと、伊勢の三重から来た可愛らしい采女うねめ(女のお手伝いさん)が雄略の前に大きなさかずきを持ってきた。そろそろ乾杯の時間だ。

 

三重の采女

三重の采女

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

しかし、采女うねめがそのさかずきを雄略に渡そうと差し出した時、けやきの葉っぱが偶然落ちて盃の中に入ってしまった。

ふわっ

三重の采女

三重の采女

どうぞ。

 

采女うねめはそれに気付かず、そのまま雄略に渡してしまう。

 

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ あ?

 

雄略ゆうりゃくは酒の上に浮かんでいる葉を見ると、眉をピクリと動かし、黙ったまま盃を床に置く。

 

カタン

 

三重の采女

三重の采女

え?

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

三重の采女

三重の采女

はっ、けやきの葉が!!

 

采女うねめはそこでやっと葉に気づいたが、謝罪の間も与えず雄略は無言で立ち上がり、采女うねめを思いっきり払い飛ばした。

 

ガシャン!!

 

采女うねめは床に強く打ち伏せ、会場が騒然とする。

 

三重の采女

三重の采女

痛っ!!

ワカクサカ

ワカクサカ

あなたっ!豊楽とよのあかりの席です。落ち着いて!!

雄略天皇

雄略天皇

黙れ。

ワカクサカ

ワカクサカ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ワカクサカが制止にかかったが、雄略は聞かない。会場は静まり返り、全ての視線が2人に集まった。

 

雄略ゆうりゃくは刀を抜いて、彼女の首の前に突き刺す。

 

ガツンッ!!

三重の采女

三重の采女

ヒッ!!

 

その刃は采女うねめの首スレスレの場所で差し立った。

 

 

 

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 興醒めだ。

 

 

 

 

雄略天皇

雄略天皇

死ね。

 

 

 

 

そして切り下ろそうとした、その時。

 

 

采女うねめは声をあげた。

 

三重の采女

三重の采女

陛下っ!私を殺すのは、少しお待ちください。これには理由があるんです ・ ・ ・

 

雄略天皇

雄略天皇

あ??

 

 

カチャッ

 

 

雄略ゆうりゃくが床から刀を引き抜き、自分の肩に担ぐと、采女うねめはおもむろに詠い出す。

 

三重の采女

三重の采女

纏向まきむくの太陽の宿る宮は、朝日と夕日が輝く宮。竹と木の根が広がる宮。基礎からひのきの門まで豪華な宮。

それは新嘗祭にいなめさいが行われる見事な宮殿。

 

雄略天皇

雄略天皇

なんだ?その歌。纏向まきむくは俺の宮じゃねぇ。

雄略天皇

雄略天皇

残念だが、あんたの言い逃れは失敗だ。死ね。

 

雄略がまた刀を構えると、采女うねめ矢継やつぎ早に説明を加える。

 

三重の采女

三重の采女

いえ、この歌にはまだ続きがあります。纏向宮まきむくのみやは伝説のヤマトタケルのお父様、景行天皇けいこうてんのうの宮。

三重の采女

三重の采女

そのような昔の歌と、今の状況が面白いくらい似ていたので、ぜひ聞いていただきたいのです。

雄略天皇

雄略天皇

はぁ??クソみたいな歌だったら殺すぞ。

三重の采女

三重の采女

もとより殺される予定の命です。どうぞ、ご自由に。

雄略天皇

雄略天皇

チッ!生意気な女。

雄略天皇

雄略天皇

さっさと詠え。そして死ね。

三重の采女

三重の采女

では ・ ・ ・ ・

 

采女うねめは1度深く息を吐き、ゆっくり吸ってまた詠い出す。

 

三重の采女

三重の采女

新嘗にいなめの宮には百枝槻ももえつき。上の枝は天をおおい、中の枝は東を覆い、下の枝は西を覆う。

三重の采女

三重の采女

その一番上の枝先から葉が落ちると、葉は中の枝先に触れ、次は中の枝先の葉が落ちると、葉は下の枝先に触れる。

三重の采女

三重の采女

その『末の葉』は今にも落ちそうにひらひら揺れて、やがて三重の采女うねめの持った、大きくて綺麗な盃に舞い落ちた ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

はーん?そうか。そりゃ、見事な偶然だな。三重の采女うねめには使えないヤツが多いらしい。

三重の采女

三重の采女

えぇ。でも、陛下。あの盃を見てください。

雄略天皇

雄略天皇

あ??

三重の采女

三重の采女

末の葉が油のように浮いて、ふよふよと漂っているこの様子は、まるで神世七代かみのよななよの末の子が舞い降りた、あの神話みたいじゃないですか?

雄略天皇

雄略天皇

あー ・ ・ ・ ・

三重の采女

三重の采女

まるで、伊邪那岐命イザナギノミコト伊邪那美命イザナミノミコトが水をこおろこおろとき混ぜて作った淤能碁呂島おのごろじまのようです。

雄略天皇

雄略天皇

あぁ、あれか。

三重の采女

三重の采女

私はこの歌を縁起の良い歌として聞き覚えておりました。

雄略天皇

雄略天皇

は?縁起がいい??

三重の采女

三重の采女

もちろん。日本の始まりの物語ですから。あのけやきの葉は縁起物です。さすが、有徳天皇。

雄略天皇

雄略天皇

ほう?

三重の采女

三重の采女

その天高く輝く、日御子ひのみこである陛下に、この素敵な偶然を伝えたくて。畏れながら詠わせていただいた次第です。

雄略天皇

雄略天皇

・ ・ ・ ・ そうか。

三重の采女

三重の采女

あの、それで ・ ・ ・ ・ ・ ・ 以上です。

雄略天皇

雄略天皇

わかった。真意はともかく、なかなか面白い話だった。

三重の采女

三重の采女

よかったです。でも ・ ・ ・ ・ 生意気な態度で極刑??

雄略天皇

雄略天皇

はっ!いや、あんたの物言い、気に入った。許してやるよ。

三重の采女

三重の采女

ああっ!よかった ・ ・ ・ !!

 

こうして采女うねめの失敗は許され、2人のやり取りを見守っていた人々は、一斉に胸を撫で下ろした。

 

ワカクサカ

ワカクサカ

ほっ ・ ・ ・ ・

 

安心した皇后のワカクサカは、仕切り直しに歌を詠う。

 

ワカクサカ

ワカクサカ

大和の高市たかいちの小高い丘を高くして、新嘗祭にいなめさいのために仮屋を作ったの。

ワカクサカ

ワカクサカ

その周りには、葉の広い神聖な椿が生い茂っていて、葉が広がり照っている様子は、まるで心の広いあなたの姿みたいだわ。

ワカクサカ

ワカクサカ

さぁ、この日御子ひのみこに、豊かで美味しいお酒を注いで!今日は楽しく飲みましょう!!

 

そして、雄略ゆうりゃくも詠う。

 

雄略天皇

雄略天皇

宮中に住んでる人間は、ウズラみたいにヒレをかけ、セキレイみたいに腰振って、スズメみたいに群れながら、今日も酒浸りの贅沢な生活を送ってやがる。

雄略天皇

雄略天皇

分かんだろ??天高く光る、この俺様の宮に住む、あんたらのことを歌ってんだ。

雄略天皇

雄略天皇

今日は、全部、俺様のおごりだっ!!てめーら、朝まで付き合えっ!!乾杯だっ!!!

わぁぁ

手

三重の采女

三重の采女

はあぁ ・ ・ ・ ・ よかったよぉぉ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

無事に宴会が始まると、采女うねめは安心してペタリと座り込んだ。

雄略天皇

雄略天皇

おい、あんた。

三重の采女

三重の采女

ヒィッ!!はいっ!!ごめんなさい!!!

雄略天皇

雄略天皇

いや、もう怒ってねぇから。

三重の采女

三重の采女

すみません ・ ・ ・ ・ えっと、なんでしょうか??

雄略天皇

雄略天皇

あの歌って、本当に全部、景行の時代の歌だったのか?

三重の采女

三重の采女

へっ??あぁ、それは ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

あ?

三重の采女

三重の采女

ふふっ、ご想像にお任せします。

雄略天皇

雄略天皇

ハッ!面白れぇ。その度胸は褒めてやる。

三重の采女

三重の采女

わ。ありがとうございます。

雄略天皇

雄略天皇

ついでに、褒美ほうびもくれてやるよ。

三重の采女

三重の采女

えぇっ!?本当ですかっ???

雄略天皇

雄略天皇

ああ。この俺様を楽しませたんだ。弾むぜ??

三重の采女

三重の采女

うわーっ!!ありがとうございますっ!!!

こうして雄略ゆうりゃくは、三重の采女うねめにたくさんの褒美を与えた。

line

進行が大幅に遅れたものの、当初の予定通り春日かすがのオドヒメが嫁入りの儀式のために、雄略にお酒を注ぐことになった。

袁杼比売

袁杼比売

はぁぁぁ ・ ・ ・ ついにこの時が来てしまった ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ なぜ、よりによって、あんな事件のあとがオドの番なの ・ ・ ・ こわいよぉぉぉ ・ ・ ・ ・ ・

 

オドヒメの目の前には、儀式用の大きなトックリが用意される。

 

袁杼比売

袁杼比売

え。な ・ ・ ・ ・ ・ なんか、このトックリ、注ぎ口が細長くて ・ ・ ・ ・ ・ 男の子の ・ ・ ・ アレっぽい。

袁杼比売

袁杼比売

ああ ・ ・ ・ ・ ・ サイズ感もまさにじゃん。なんでこのデザインにしたんだろう。

緊張する上に、持つのも恥ずかしいし、注ぎづらそうだし ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ えっ?やだ。

袁杼比売

袁杼比売

もしこぼしちゃったらどうしよう。オド、殺されちゃうの???

 

オドヒメはあまり自分の手が触れないように、そっとトックリを持つと、マイナス思考が止まらないまま、恐る恐る雄略に近づいて行く。

 

袁杼比売

袁杼比売

いやだいやだいやだこわいむりこわいこわいいやだこわいむりむりこわいいいい ・ ・ ・ ・ ・

雄略天皇

雄略天皇

あ??

袁杼比売

袁杼比売

ヒィッッッ!!!

 

その挙動不審きょどうふしんな様子に、雄略は首を傾げたが、角度が変わろうが怖い顔は変わらない。

 

袁杼比売

袁杼比売

あああああ ・ ・ ・ ・ ・ むりだ ・ ・ ・ やっぱり、ちゃんと注げる自信ない ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ お父様、お母様、今まで育ててくださりありがとうございました ・ ・ ・ ・ ・ 今日、オドは黄泉に旅立ちます ・ ・ ・ ・

きっとこのあと、オドがお酒を注いだ瞬間、この無駄に大きいお●ん●んみたいなトックリのせいで、手元が狂って、こぼして、この人にかかって、殺されるんだ ・ ・ ・ ・ ・ んああああああああああ!!!!!!

 

雄略天皇

雄略天皇

なんだ???

 

緊張のあまり震えている上に、何故かトックリをしっり持とうともせず、指先がフルフルしているオドヒメの姿を見ると、雄略ゆうりゃくは気を使って歌を詠い出す。

 

雄略天皇

雄略天皇

なあ、おい、あんた大丈夫か??酒を注ぐんだろ??そのトックリちゃんと持てよ。固く持てば大丈夫だから。

雄略天皇

雄略天皇

もっと下の方、固く持った方がいいって。ほら、ちゃんとしっかり持てよ、そのトックリ。

袁杼比売

袁杼比売

ひゃあぁぁぁぁ!!!!なんか、この人、みんなの前で急に卑猥ひわいな歌、歌い出したぁぁぁぁぁ!!!!!

いやだ!!お下品っっっ!!!えっちいぃぃぃっっっっ!!!!!!

 

やがてこの歌は、雄略がオドヒメに手コキを強要したものなのではないかと、専門家の間で物議をかもすことになる。

 

・ ・ ・ が、それはさておき。

 

やっとの思いで、雄略の目の前に座ったオドヒメは、オドオドしながら必死に考えてきた歌を詠う。

 

袁杼比売

袁杼比売

あっっあのっっ!!!

雄略天皇

雄略天皇

こいつ、たった数メートル移動するのに何分かかったんだ ・ ・ ・

袁杼比売

袁杼比売

おっ、オドはっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 雄略様が休む時に使ってる、朝には寄りかかる ・ ・ ・ あの、アレ。えっと、なんでしたっけ??

ほら、夕方にも寄りかかってる、ほら、よく、時代劇の殿様とかが使ってる、あの、肘掛ひじかけみたいなやつ。

雄略天皇

雄略天皇

脇息きょうそくか?

袁杼比売

袁杼比売

それですっっっ!!あのっ、オドは、普段から雄略様のことを支えてる、あの、脇息きょうそくの『木の板』になりたくってっっ!!

雄略天皇

雄略天皇

木の板。

袁杼比売

袁杼比売

そう、それでっっ、オドはっ、今日、嫁ぎに参りましたっっ!!!

雄略天皇

雄略天皇

おっ ・ ・ ・ そ、そうか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そしてオドヒメは、ふるふるしながら雄略に酒を注ぐ。

雄略天皇

雄略天皇

コイツ、Mなのか??

と考えながら、雄略ゆうりゃくもふるふるした注ぎ口からこぼれないよう必死に酒を注がれた。

 

こうしてオドヒメは、なんとかこぼさずお酒を注ぐことができ、無事に嫁入りを果たすことがでした。

 


ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >

Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!

スポンサードリンク

日本神話ベースのスマホゲーム『神式一閃 カムライトライブ
ヤマタノオロチが封印され幾千年後の世界。八百万の神々の力を受け継いだ戦士「神侍 -カムライ-」たちが活躍する!

神式一閃 カムライトライブ

神式一閃 カムライトライブ_iOS 神式一閃 カムライトライブ_Android


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。