古事記の原文『アマテラスの憂鬱』

『アマテラスの憂鬱』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

アマテラスはまた誰か派遣するか悩む。オモヒカネは、アメノオハバリか、その子タケミカヅチの派遣を提案する。アメノオハバリはタケミカヅチを派遣するよう答える。

安万侶

安万侶

親に頼んだのに結局子供が行くことになるって、なんだか回りくどいですね。

天武天皇

天武天皇

日本書紀だと、タケミカヅチは自分から進んで名乗り出るんだがな。

原文&読み下し文

オモヒカネ、アマテラス

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天照大御神詔之、亦遣曷神者吉。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天照大御神、詔りたまひしく、「また いづ れの神を遣はさば けむ」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾思金神及諸神白之、坐天安河河上之天石屋、名伊都之尾羽張神、是可遣。若亦非此神者、其神之子、建御雷之男神、此応遣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに思金神また諸の神 まを ししく、「天の安の河の河上の あめ 石屋 いはや す、名は 伊都之尾羽張 いつのをはばりの 神、これ遣はすべし。もしまたこの神にあらずは、その神の子、 建御雷之 たけみかづちの をの 、これ遣はすべし。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

且其天尾羽張神者、逆塞上天安之河水而、塞道居故、他神不得行。故、別遣天迦久神可問。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその天尾羽張神は、 さかしま に天の安の河の水を げて、道を塞きて ゆゑ に、 他神 あだしかみ は得行かじ。 かれ こと 天迦久 あめのかくの を遣はして問ふべし」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故爾使天迦久神、問天尾羽張神之時、答白、恐之。仕奉。然於此道者、僕子、建御雷神可遣、乃貢進。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故ここに天迦久神を使はして、天尾羽張神に問はしし時に、答へ白ししく、「 かしこ し。 つか まつ らむ。然れどもこの道には、 が子、建御雷神を遣はすべし」とまをして、すなはち 貢進 たてまつ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天鳥船神、副建御雷神而遣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天鳥船神を建御雷神に へて遣はしたまひき。

オモヒカネ

用語解説

安万侶

安万侶

伊都之尾羽張いつのをはばりのってどこかで聞いたような??

天武天皇

天武天皇

イザナギがカグツチを斬った刀の名前が、伊都之尾羽張よ。刀が神格化されているんだ。

天武天皇

天武天皇

天尾羽張神は別名な。

天武天皇

天武天皇

刀に付いたカグツチの血が、手元のほうに流れ落ちて生まれた神だったな。

天武天皇

天武天皇

その名の通りの雷神で、同時に刀剣の神でもあるんだ。

天武天皇

天武天皇

鹿の神よ。

安万侶

安万侶

天鳥船神は??

天武天皇

天武天皇

イザナギとイザナミの間に生まれた、空を飛ぶ船の神のこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。