天皇記『履中天皇と墨江の謀反』

履中天皇と墨江の謀反

履中天皇と墨江の謀反

仁徳にんとく天皇が亡くなると、その息子たちが跡を継ぐことになる。

しかし、女好きで有名な仁徳だが、案外子供は、皇后の『イワノ』と、父親の応神おうじんからゆずってもらった『カミナガヒメ』と2人の間にしかいなかった。

仁徳天皇

仁徳天皇

避妊ひにんは大事!

イワノヒメ

イワノヒメ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

ちなみにイワノとの間に生まれた息子は4人。

まずは若干、天然入ってる長男の履中りちゅう

履中天皇

履中

へへっ♡聞いてよ。この前さ、墨江が僕のフィアンセを口説くどいてるところ目撃しちゃってさ、ふふっ!うけるでしょ??

そんな履中りちゅうが気にくわない次男の墨江すみえ

墨江

墨江

うけるなよ。わざとだよ。嫌がらせだよ。てかいい加減、オレから嫌われてんの気づけよ。

そして、本当に仁徳とイワノの息子なのかと疑いたくなるくらいイカツイ、三男の反正はんぜい

反正

反正

なんと!!それは道義に反しますぞ!!墨江の兄者!!!

最後は病弱な四男、允恭いんぎょう

允恭

允恭

そぅ ・ ・ ・ それで、話ってそれだけ?もう、部屋に帰って寝てもいい?

あとは、カミナガヒメとの子で、やたらイケメンの大日下おおくさか

大日下

大日下

あ、でも、こっちは皇后の子じゃないし、影薄いんで、お気になさらず〜

それと切れ長の目が素敵な妹の若日下わかくさか(別名:ナガメヒメ)。

若日下

若日下

あ、でも、後の方で少し出番があるので、頭の片隅にでも置いておいていただければ ・ ・ ・

コッチはさすが、美男美女カップルの子って感じ。

この合計6人が仁徳の子供だ。そのうち5人の息子の中で誰を皇太子にするか、生前、仁徳は悩んでいた。

仁徳天皇

仁徳天皇

うーん。天皇死ぬといっつも後継ぎでめるから、なんかルール作っときたいんやけど ・ ・ ・

仁徳天皇

仁徳天皇

神話の時代は末っ子ばっか継いどるし、やっぱそれがえぇんかな? ・ ・ ・ でも、したら、ウジィん時みたいに末が若いと揉めるか。

仁徳天皇

仁徳天皇

しかも親父みたいに息子がぎょーさんおったら、カオスやし。継ぐんは皇后の子だけにしといた方がえぇよな。。。

仁徳天皇

仁徳天皇

んーー。したらまずは『皇后の長男』が継いで、死んだら兄弟順に回してく感じやろか??そのうち末の子もえぇ歳になるやろし ・ ・ ・

仁徳天皇

仁徳天皇

・ ・ ・ ・ ・ ・ ほんま、兄弟同士で殺し合いはさせた無いからな。

と、言うわけで、皇太子はイワノとの長男、履中りちゅうに決めた。

履中天皇

履中

わーい☆

残念ながら、この頑張って頑張って考え抜いた結論が逆効果を生んでしまうのだが ・ ・ ・ ・ ・ ・

履中天皇

line

さて。仁徳が亡くなってからしばらく経ち、バタバタした行事も落ち着くと、難波の皇居で大嘗祭だいじょうさいが行われた。大嘗祭とは、前の天皇が亡くなり、新しい天皇が即位した年に行われる、大規模な新嘗祭にいなめさいのことだ。

家臣たちはゾロゾロと履中りちゅうの前に集まって

家臣

家臣

よっ!天皇!!

家臣

家臣

大王かっちょいいっ!!

とか何とか言いながら、次々に酒を注いでくる。

履中天皇

履中天皇

えっえーー??そんなに飲めないってばーー!!!

なんて言いながらも、履中りちゅうはみんなに持ち上げられて、嬉しくなってしまい、つい、ガブガブと酒を飲みすぎてしまった。そして、フラフラした足取りで、家臣の阿知直あちのあたいに絡み出す。

履中天皇

履中天皇

あひゃー!!アチのかお、ゆがんでるー!!あちってば、どしたの??整形???整形したんでしょっ!!!

阿知直

阿知直

うわっ、履中様!?こんな末席で何やってるんすか。

阿知直

阿知直

てか、顔が歪んで見えるって、ヤバくないですか?そろそろお酒やめた方がいいですよ。めっちゃフラフラなんすけど。

履中天皇

履中天皇

えぇーやだよ。この一升瓶は一生渡さない ・ ・ ・

履中天皇

履中天皇

って、え?一升だけにってか??

履中天皇

履中天皇

ひゃぁぁー!!やだうけるぅー!!

履中天皇

履中天皇

うぅっっ ・ ・ ・

うおぇぇ

阿知直

阿知直

うわぁぁぁ ・ ・ ・ ダメだこの人。俺、水持ってきますね ・ ・ ・ ・ ・

と、完全に悪酔いしてしまい、わけわかんない歌は詠うわ、粗相はするわ、すっかり上機嫌になり、ついにはパタリと倒れてしまった。

line

それから数時間後 ・ ・ ・ ・ ・ ・

阿知直

阿知直

履中様っ!!いいかげん起きてください!!履中様ってばっ!!!

履中りちゅうが気付くと、阿知が心配そうに覗き込んでくる。

履中天皇

履中天皇

ん~アチ??もぉ~無理ってば。飲めないって ・ ・ ・ う"ぅ・・

うおぇぇ
ビチャビチャビチャ

阿知直

阿知直

あぁ ・ ・ ・ ったく。しょーがねぇな ・ ・ ・ ・ ・

履中天皇

履中天皇

あぅ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

履中天皇

履中天皇

ん? ・ ・ ・ ・ て、あれ??みんなは??え、てか、ここどこ????何か焦げ臭くない??

履中天皇

履中天皇

あ ・ ・ ・ ・ ・ あれ? ・ ・ ・ ・ ヤバイ。僕、大嘗祭だいじょうさいの後どうしたんだっけ?完全記憶無い。

阿知直

阿知直

そりゃ、あんた、ずっと爆睡してましたからね。墨江様が屋敷を全部焼き払っちまったんです。謀反むほんですよ。

墨江すみえとは履中りちゅうのことを嫌っていた、あの次男のことだ。

履中天皇

履中天皇

えっ ・ ・ ・ ・ 嘘 ・ ・ ・ ・ ・ ・

阿知直

阿知直

今、多遲比野たぢひの(大阪府羽曳野はびきの市)らへんです。ほら、追いつかれる前に早く馬乗ってください。大和の石上神宮いそのかみじんぐうに向かいます。あそこなら武器庫もあるし、身を隠すには最適でしょう。

履中天皇

履中天皇

えっ、待ってよ!何でっっ??なんで、墨江が裏切ったの??今まで同じ母親を持った兄弟の謀反なんて聞いたことないのに ・ ・ ・ ・

阿知直

阿知直

そりゃだって、すげー嫌われてたじゃないですか。気づいてなかったんですか?

履中天皇

履中天皇

うそ ・ ・ ・ あれネタでしょ?

阿知直

阿知直

いや、どう考えたってネタじゃなかったでしょ。

履中天皇

履中天皇

そぉだったのっ!?

阿知直

阿知直

はぁ ・ ・ ・ 。とにかくもう、事は起こっちまったんです。今は早く逃げましょう。

履中天皇

履中天皇

え、もう行くの?

阿知直

阿知直

追いつかれたら殺されます。あと、もう吐かないでください。敵に場所が知れます。

こうして履中りちゅうは無理やり馬に乗せられた。馬の揺れがめちゃめちゃ気持ち悪かったが、頑張って我慢した。そして気を紛らわしながら歌を詠う。

履中天皇

履中天皇

あぁ〜あ。多遲比野たぢひので野宿するって知ってたらなぁ〜。風避けに、ワラで編んだムシロを持ってきたのになぁ〜。もしも事前に知ってたらなぁ〜〜。

阿知直

阿知直

いやいや、事前報告して謀反むほん起こすバカいないでしょう。それにムシロ常備してる天皇もどうかと思う。

そして2人が波邇賦坂はにふざか埴生坂はにゅう)を登ると、真っ暗な景色の奥で、町が燃えているのが見えた。仁徳が治めていた難波宮だ。辺り一面が火の海に飲まれ、美しかった都は見る影も無い。

阿知直

阿知直

・ ・ ・ ・ ・ ・ ほら、履中様、アレ。

履中天皇

履中天皇

えっ?嘘 ・ ・ ・ だろ ・ ・ ・ ・ あれ ・ ・ ・ 嫁の家らへんだ ・ ・ ・ ・ ・ ・ みんなちゃんと逃げられたのかな ・ ・ ・

阿知直

阿知直

わかんないです。でも命を狙われていたのは履中様だけでしたから ・ ・ ・ 奥様たちはきっと大丈夫ですよ。

すると何故か履中りちゅうがまた歌い出す。

履中天皇

履中天皇

波邇賦坂はにふざかにぃ〜僕が立って見たら〜陽炎かげろうが見えたぁ〜よ〜〜あれって〜嫁の家の近くじゃ〜〜なぁ〜い??

阿知直

阿知直

いや、何故このタイミングで歌い出した!?
あんた、ほんっっと緊張感ねーな。

こうして大阪と奈良の県境にある大きな坂の麓に来ると、何かに怯えたように少女が走ってきた。彼女に気づいた阿知は声をかける。

阿知直

阿知直

おい、どうかしたのか?

少女

少女

この先にね、武器を持ったおじちゃんたちがたくさん待ち伏せしてるの ・ ・ ・ ・

阿知直

阿知直

うわー。先回りされたか。

少女

少女

大和に行くの??それなら当麻たいま(奈良県葛城市當麻たいま)の方から遠回りした方がいいと思うけど ・ ・ ・

阿知直

阿知直

・ ・ ・ そうか。ありがとう、助かったよ。

その会話を横で聞いていた履中はまた、

履中天皇

履中天皇

大阪でぇ〜出会った乙女に道を聞いたならぁ〜〜真っ直ぐに行けとは言わないで〜当麻たいまの道を行けだってぇ〜〜♪♪

なんて、そのまんまの歌を詠い出す。

少女

少女

??

阿知直

阿知直

・ ・ ・ あぁ、お嬢ちゃん、ごめんな。この人、ちょっとアタマおかしくて。無視していいから。

履中天皇

履中天皇

ええっ!?アチ、ひどいっっ!!!

こうして2人は、遠回りをして大和へ逃げ延び、朝廷の武器庫にもなっている、石上神宮いそのかみじんぐう(奈良県天理市てんりし)に隠れた。

履中天皇

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >

Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。