日本神話『因幡の白兎』

オオナムチ、白ウサギ

因幡の白兎

スサノオのハッピーエンドから数百年後。スサノオとクシナダヒメの息子の子供の子供の子供の子供に、オオナムチという息子が産まれた。スサノオの6代孫にあたる。

オオナムチには、大勢の異母兄弟がおり、彼らは八十神やそがみと呼ばれていた。しかし、末っ子だったオオナムチは、体も小さく八十神のイジメの対象だった。

そんなある日。

八十神は因幡に住んでいる美女の話で盛り上がっていた。彼女の名前は『ヤカミヒメ』。絶世の美女だがタイプにうるさく、なかなか嫁に行かないらしいのだ。そこで八十神の誰かが『みんなでヤカミヒメに求婚しに行こうぜ!!』と提案した。

確かに、これだけ人数がいれば誰かしら気に入る人がいるだろう。他の八十神も『イイネ!』『イイネ!』と盛り上がり、早速、因幡まで足を運ぶことにした。

八十神

八十神

あ、でも、オオナムチは置いて行くよな?

八十神

八十神

いや、因幡までは、かなりある。荷物持ちが必要だろ?

と言う訳で、オオナムチも八十神と一緒に荷物持ちとして、因幡まで同行することになった。

オオナムチは、自分の華奢な身体の2倍はある八十神の大きな荷物を運ぶことになり、正直テンションガタ落ちだった。

オオナムチ

オオナムチ

ていうか、僕には結婚なんてまだ早いし。全然ついて行く意味ないんですけど。

そう独り言をつぶやいた時には、とっくに八十神たちは見えなくなっていた。

そりゃ、彼らは手ぶらなんだから足取りも軽い。

オオナムチ

オオナムチ

はぁ。遅れればまた面倒な事になるし ・ ・ ・ ・ やるしかないか。

オオナムチは八十神やそがみの大きな荷物をかかえ、仕方なく兄達の後を追った。

line

一方、先に歩いていた八十神は、気多の岬けたのみさきに着いていた。すると、どこからかシクシクとすすり泣く声が聞こえてきた。気になりその声の方をのぞくと、そこには皮が剥がれ、赤く血にただれたウサギがいた。

八十神

八十神

うわっ!?何だコレ??ウサギか?気持ち悪っ ・ ・ ・ ・

白ウサギ

白ウサギ

うぅ ・ ・ ・ ・痛い ・ ・ ・ ・ 痛いよぅ ・ ・ ・

ウサギは泣きながらちぢこまっている。

八十神は、面白いオモチャを見つけたかのようにウサギにたかった。

八十神

八十神

こりゃー可哀想だなぁ!そうだ、いい事を教えてやるよ!!

八十神

八十神

そう、その傷の治し方だ!まずは、海水でよーく傷口を洗うんだ。

八十神

八十神

その後、風の当たる丘でよーく乾かせ。そしたら、すぐに治るさ!!

八十神やそがみはケタケタ笑いながら次々にアドバイスをしていった。普通に考えれば馬鹿にされていることが分かりそうなものだが、あまりの痛みに生気を失っていたウサギは八十神のアドバイスを心から喜んだ。

白ウサギ

白ウサギ

本当ですかっ??それは、ご親切にありがとうございますっっ!!!

八十神

八十神

礼には及ばない。今後は気をつけるんだな!では、我らはこれにて失礼★

ウサギは、八十神を見送ると早速、海水を浴びた。身体には激痛が走ったが、

白ウサギ

白ウサギ

丘で風を浴びれば ・ ・ ・ ・

と思い耐えた。そして丘の上に登り、風をよく浴びた。しかし、海水が乾き始めると、更なる激痛が全身に走った。

白ウサギ

白ウサギ

ギアァァァァ ・ ・ ・ 痛い痛い痛い痛い ・ ・ ・ ・

八十神

八十神

あいつ、本当にやりやがった!!バカだなっ!!アハハハハハッ!!

遠くで八十神の笑う声が聞こえた。

白ウサギ

白ウサギ

騙された ・ ・ ・ ・ 騙された ・ ・ ・ ・ 痛い痛い痛い ・ ・ ・ ギアァァァ ・ ・ ・ ギアァァァァ ・ ・ ・ ・

まぁ、そりゃー痛いだろう。塩水なんだもの。あまりの痛みにウサギが叫び続けていると、誰かが後ろを通りかかった。

オオナムチ

オオナムチ

うわっ!?ビックリした ・ ・ ・ ・ 何?これ ・ ・ ・ ・ ウサギ??

突然後ろから声がして、ウサギは飛び上がって驚いた。八十神の後について来ていたオオナムチが通りかかったのだ。今度の人は気が弱そうだ。

オオナムチ

オオナムチ

何で泣いてるの??大丈夫??

声も気弱そう。さっきの人達より親身になってくれるかも。ウサギはことの経緯を語り出した。

白ウサギ

白ウサギ

うぅ ・ ・ ・ ・ 聞いてください ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

あ、どうしよ。また兄さんたち見えなくなっちゃった。

と、オオナムチは思ったが、話しかけちゃった手前、とりあえず話を聞いてあげることにした。

白ウサギ

白ウサギ

実はうさ、そこの隠岐の島に住んでいたんです。でも、こちらの広い陸地にどうしても行きたくなって ・ ・ ・ ・ ワニを騙したんです。

ワニと言っても、あのワニではない。昔は口の大きな魚の事を何でもかんでもワニと呼んでいた。一般的にはサメのことだ。

白ウサギ

白ウサギ

うさは、ワニに『この島に住むウサギと、この島の周りに住むワニ、どっちが多いか比べようよっ!』と提案しまして。

『うさがワニの数を数えるから島の向こうから海岸まで順番に並んで。』と提案しました。

うさは、数えるふりをしながらワニの背中をぴょんぴょん飛んでこの海岸まで渡ってきたんです。

オオナムチ

オオナムチ

ふぅん。 ・ ・ ・ ・ でもそしたら、ワニに皮を剥がされるタイミングは無くない?

白ウサギ

白ウサギ

いいえ ・ ・ ・ ・ 最後の一匹から、この島にピョンと飛び降りようとした時、調子に乗ったうさは、『やーい!騙されてやんの!海を渡るのに、橋になってもらったんだよーっ!』って言ってしまったんです。

オオナムチ

オオナムチ

あちゃー。

白ウサギ

白ウサギ

そしたら、その最後のワニがひどく怒って ・ ・ ・ ・ うさは皮を剥がされてしまったんです。

オオナムチ

オオナムチ

痛そ。

白ウサギ

白ウサギ

・ ・ ・ ・ しかも、ここで苦しんでいたら、八十神が通りかかりまして ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

え?八十神っ!?

白ウサギ

白ウサギ

海水を浴びて乾かせば治ると治療法を教えてくれたのですが、かえって悪化してしまって ・ ・ ・ ・

オオナムチ

オオナムチ

はぁ??海水っ!?そんなの、悪化するに決まってるじゃないか!!

それまで、適当に聞き流していたオオナムだったが、八十神の名前を聞くと、なんだか急に責任を感じた。

オオナムチ

オオナムチ

はぁ ・ ・ ・ 八十神のいう事を信じるなんて ・ ・ ・ ・ しょうがないな。

オオナムチは周りを見渡した。

オオナムチ

オオナムチ

ほら、あそこに川があるだろ?そこでまずは塩を落とさなくっちゃ。

白ウサギ

白ウサギ

助けてくださるんですか??ありがとうございますっ!!

ウサギは早速、水を浴びに行った。オオナムチは、蒲の花粉を取ってウサギの後を追った。

オオナムチ

オオナムチ

まったく ・ ・ ・ 兄さん達はこんな小さなウサギをイジメて何が面白いんだか。

白ウサギ

白ウサギ

何ですか??その怪しい粉は。

オオナムチ

オオナムチ

蒲の花粉だよ。止血の効果があるんだ。くっつけてあげる。 ・ ・ ・ ほら、おいで。

オオナムチはウサギの体についた塩を川の水で丁寧に落とし、先程摘んだ蒲の花粉をまき散らすと、その上でウサギをコロコロ転がした。花粉にまみれてウサギは真っ白だ。

オオナムチ

オオナムチ

くすくすっ!白兎に戻ったね。

オオナムチの適切な処置で、すっかり痛みが取れたウサギは、何度も何度もお礼を言った。

白ウサギ

白ウサギ

あぁ、本当にありがとうございました!!このご恩は一生忘れません!

オオナムチ

オオナムチ

いいよ。僕の兄達が迷惑をかけたしね。

白ウサギ

白ウサギ

あの ・ ・ ・ ・ お礼にですが、ひとつ予言をしましょう。

それまで可愛らしい声で話していたウサギは急に声を潜めた。

白ウサギ

白ウサギ

八十神はヤカミヒメを娶れません、夫にはあなたが選ばれますよ。

オオナムチ

オオナムチ

えっ、僕? ・ ・ ・ ふぅん。僕みたいな子供を選ぶなんて、変わったお姫様だね。

白ウサギ

白ウサギ

信じてください。うさの予言は当たるんです♪♪

ウサギはドヤ顔でオオナムチを見た。

オオナムチ

オオナムチ

そんな予知能力持ってんなら、もっと事前になんとかなったんじゃ ・ ・ ・ ・

と思ったが、そこは黙っておいてあげた。

オオナムチ

オオナムチ

わかったよ。君もこれからは気をつけてね。

白ウサギ

白ウサギ

はいっ!本当にありがとうございました!!

こうしてウサギは喜んで森に走って行った。
現在は「白兎神社」に兎神として大切に祀られている。


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。