日本神話『八雲立つ』

スサノオ、クシナダヒメ

八雲立つ

ヤマタノオロチ退治から何日か経ったある日。

高天原たかまがはらのアマテラスの部屋をオモヒカネが覗いた。

オモヒカネ

オモヒカネ

アマテラス ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スサノオが面会をしたいと、そこまで来ているんですけど ・ ・ ・ どうします?

アマテラス

アマテラス

えっ??全然気づかなかった。この前は稲妻を鳴らしながら来たのに ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

まぁ、いいわ。通してあげて。

オモヒカネ

オモヒカネ

はい。

ドタタタッ!!
バタンッ!!

スサノオ

スサノオ

ネェちゃんっ!!

アマテラス

アマテラス

バカッ!みんなの前ではお姉様って呼べって言ったじゃないっ!!

スサノオ

スサノオ

あ、悪りぃ、オネーサマ。

それより俺、好きな人ができたんだ!!

アマテラス

アマテラス

はぁ?あんた、そんな事をいうためにここまで来たわけ??

スサノオ

スサノオ

んなわけねーだろ。俺だってそんな暇じゃねぇんだから。

アマテラス

アマテラス

知らないわよ ・ ・ ・ じゃー何??

スサノオ

スサノオ

あぁ、そぅそぅ。これをアマテラスおねーさまに納めようと思って ・ ・ ・ ・

スサノオは細長い木箱をアマテラスに手渡した。それを開くと、手触りの良いさらさらした布に包まれ、白銀に輝くとても美しい剣が収められていた。

ヤマタノオロチ退治で手に入れた『草薙の剣くさなぎのつるぎ』だ。

アマテラス

アマテラス

わぁ、すごい ・ ・ ・ ・ 立派な剣。これ、もらっちゃっていいの?

スサノオ

スサノオ

あぁ、もちろんだ!!!俺が、高天原でやっちまった罪は消えないけど ・ ・ ・ちょっとでも償いたいんだ。だからこの剣、もらって欲しくて。

アマテラス

アマテラス

そう ・ ・ ・ ありがと。それじゃあ、遠慮無くいただくわ。

スサノオ

スサノオ

そうか!よかった!!

アマテラス

アマテラス

クスっ、にしてもあんた、すごい変わり様ね。きっと素敵な人と出会えたのね。

スサノオ

スサノオ

あぁ!クシナダは最高の嫁だっ!!

アマテラス

アマテラス

・ ・ ・ は?今、何て??

アマテラスは口をポカンと開けてスサノオを見た。

アマテラス

アマテラス

えっ?ヨメ??あんた、結婚したのっ???高天原を出てからまだ何週間も経ってないじゃない!!

スサノオ

スサノオ

ハハッ!一目惚れだからな!

アマテラス

アマテラス

いやいや、一目惚れだからと言って、展開早すぎでしょ。結婚ってそんな一瞬で決まるもんなの??まぁ、幸せそうだから別にいいけど。

・ ・ ・でも、なんだろう。このやるせない感じ。

アマテラス

アマテラス

そ ・ ・ ・ ・ そうなの。まぁ、とにかく良かったわ。おめでとう。

スサノオ

スサノオ

おぅ!ありがとっ!!

アマテラス

アマテラス

・ ・ ・ あんたを高天原に帰すことはできないけど、いつでも応援してるから。

スサノオ

スサノオ

あぁ!!ありがとなっ!! ・ ・ ・ ・ そんじゃ、俺、出雲に帰るわ。サヨナラだ。世話んなったな、ネェちゃん!!!

アマテラス

アマテラス

うん ・ ・ ・ ・ ・ ・ バイバイ。元気でね。

スサノオ

スサノオ

あぁ、ネェちゃんもなっ!!

ドタタタッ!!

スサノオは、用が済むとさっさと出雲に帰ってしまった。弟を追放してから、ずっと気にかけていたいたアマテラスは、彼の成長と活躍が素直に嬉しかった。

スサノオが置いていった草薙の剣を見ると、自然と笑みがこぼれる。

オモヒカネ

オモヒカネ

よかったですね。元気そうで。

そんなアマテラスの笑顔を見て、オモヒカネが声を掛けた。

アマテラス

アマテラス

うん ・ ・ ・ ・

オモヒカネ

オモヒカネ

・ ・ ・ ・ ・ ・ でも、先越されちゃいましたね。

アマテラス

アマテラス

黙れ、メガネ。

オモヒカネ

オモヒカネ

ゴメンナサイ。

line

それから数ヶ月が経ち、話は地上の出雲に戻る。

バタンッ!!

朝っぱらからハイテンションのスサノオが寝室の扉を勢い良く開けた。

スサノオ

スサノオ

おい!クシナダ起きろ!!お前に見せたいモンがある。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

ん~~ ・ ・ ・ 何よ ・ ・ ・ ・ まだ日の出前じゃない。てか、あんた髪伸びるの早すぎ。

スサノオ

スサノオ

ん?そうか??んなことより、出かける準備だっ!!

クシナダヒメ

クシナダヒメ

へっ??うわっ!ちょっ ・ ・ ・ ・ 何よっ??

スサノオは、クシナダヒメを無理矢理起こすと、彼女を担いで斐伊川ひいかわの川縁を下へ下へと進んだ。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

ちょっと!ねぇ、どこまで行くのよっ!?

スサノオ

スサノオ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ここだ。ここを抜けると ・ ・ ・ ・

そこは、辺り一面に緑が生い茂る広々とした場所だった。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

わぁ~ ・ ・ 綺麗なところ ・ ・ ・ ・ 清々すがすがしい気分になるわね ・ ・ ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

お前もそう思うか?俺も初めてココに来た時『なんて清々しい場所なんだ』って思ったんだ!

だから、俺はこの土地を"須賀"と名付けた!!

クシナダヒメ

クシナダヒメ

うわっ ・ ・ ・ 単純っ!!

クシナダヒメが辺りを見回すと小高い丘の上に大きな宮殿が見えた。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

この辺の地主さんかな??

と眺めているとスサノオが

スサノオ

スサノオ

こっちだ。

と言って彼女の腕を引っ張った。

それは、幾重にも垣を巡らせた見事な宮殿だった。スサノオはズカズカとその中に入って行く。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

また不法侵入かよ。

と思いながらクシナダヒメも後に続いた。しかし、家の中には誰もおらず、シンとしている。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

わぁー素敵な宮殿ね ・ ・ ・ ・ 新築の匂いがする ・ ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

俺が建てた。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

はいっ!?

スサノオは得意気に笑っている。

スサノオ

スサノオ

ここに、家族で住もう。両親も呼んで、アシナヅチはここで長老になりゃいい。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

うそ ・ ・ ・ こんな立派な宮殿で? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ すごい。しばらくコソコソと出歩いていると思ったら ・ ・ ・ ・

スサノオ

スサノオ

驚いたか??

クシナダヒメ

クシナダヒメ

うん、とっても素敵! ・ ・ ・ ・ ・ ありがとう、スサノオ!!

宮殿の縁側からは、壮大な山々が一望でき、日の出と共に朝雲がもくもくと立ち上がってくるのが見えた。

スサノオ

スサノオ

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を ・ ・ ・

クシナダヒメ

クシナダヒメ

・ ・ ・ 何それ?歌??らしくないじゃない。

スサノオ

スサノオ

短歌だ。いいだろ??たまには。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

ふふっ、そうね。案外才能あるかも。

スサノオ

スサノオ

へへっ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 幸せになろうな。クシナダ。

クシナダヒメ

クシナダヒメ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ うん。

クシナダヒメは満面の笑みを浮かべてうなずいた。

こうしてスサノオは日本最古の短歌を残し、家族と共に、いつまでもいつまでも幸せに暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。

スサノオ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。