日本神話『オモヒカネの作戦会議』

タヂカラオ、アメノコヤネ、フトダマ

オモヒカネの作戦会議

アマテラスが岩屋の中に引きこもると、太陽神を失った高天原たかまがはら葦原の中つ国あしわらのなかつくには、一瞬のうちに暗闇に包まれてしまった。

急に辺りが真っ暗になり、恐ろしくなった神々は、五月のハエみたいにギャーギャーうるさく騒いだ。すると、その恐怖に吸い寄せられるかのように悪神、悪霊が増え、災いが絶えなくなってしまった。

困り果てた八百万の神々は、天岩屋戸あまのいわやど近くにある天安川あめのやすかわに集まり、緊急会議を開くことにした。

しかし、話せど話せど良いアイディアは出てこず、話し合いは平行線を辿る。

その間も悪霊は増え続け、危機感を覚えた八百万の神々は、オモヒカネに全てをゆだねることにした。

オモヒカネは普段からよくアマテラスのサポートをしているし、何より高天原に住んでいる神々の中で一番頭がいい。

彼は腕を組んでしばらく考えると、今度は八百万の神々にテキパキと指示を出しはじめた。

オモヒカネ

オモヒカネ

ではまず、『常世の長鳴鳥とこよのながなきどり』をなるべくたくさん捕まえてきてください。

あと、天金山から鉄を取ってきて、鍛治師を呼んでイシコリドメさんに大きな『八咫鏡やたのかがみ』を作ってもらって ・ ・ ・ ・

また、タマオヤさんには、たくさんの勾玉を長く連ねた『八尺瓊勾玉やさかにのまがたま』を作ってもらってください。

八百万の神々は早速、手分けをして頼まれたアイテムをそろえに行った。その間に、オモヒカネは作戦の実行メンバーに声をかける。

オモヒカネ

オモヒカネ

この作戦のメインはウズメさんです。

ウズメ

アメノウズメ

わぁーい!ウズメが主役ー♪♪

日本の元祖アイドルとも言えるウズメは、見た目はとっても可愛いのだが、性格はどちらかというと、バラエティ向きの神だ。今では芸能の神として祀られている。

オモヒカネ

オモヒカネ

タヂカラオさんも重要な役割なのでよろしくお願いしますね。

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

おぅ、任せな!

タヂカラオは名前の通り、怪力の持ち主だ。趣味は筋トレ。これも見た目の通りだが。

オモヒカネ

オモヒカネ

それとフトダマさんは、太占をして作戦の吉凶を占ってください。

フトダマ

フトダマ

はーい!

オモヒカネ

オモヒカネ

コヤネさんは、フトダマさんのサポートをお願いします。

コヤネ

アメノコヤネ

わかった。

フトダマは、太占ふとまにという、牡鹿の骨に入ったヒビを見ながら吉凶を占うのが得意な神だ。コヤネと仲が良かったからか、今ではよくセットで祀られている。

コヤネは、ダンディーな美声の持ち主で、祝詞のりとを、唱えるのが得意な神だ。

祝詞とは神様を呼ぶ時に、その神様を讃える詞のこと。今でも神前式や上棟式などで聞く事ができる。

早速、コヤネとフトダマは天香山あまのかぐやまから取ってきた牡鹿の骨をサクランボの木の枝で焼いて占った。すると、

フトダマ

フトダマ

今日のラッキーアイテムはサカキの木☆
枝をデコってあの子の気持ちをGET☆☆☆

という結果が出たので、サカキの木を根っこからモギ取ってきて、オモヒカネに占いの結果を報告した。

line

こうして指示されたアイテムがそろうと、占いの通り、サカキの木の上に綺麗な勾玉を連ねた長い長い『八尺瓊勾玉やさかにのまがたま』を巻き付け、中心には大きな『八咫鏡やたのかがみ』を設置し、下には、よく神社やご神木の縄についてる菱形が連なった白い紙と、緑の麻で作った飾りを、ファサファサとたくさん取り付けた。

タイマツのほのかな灯りを受けて勾玉がキラキラと反射し合い、まるで和製のクリスマスツリーみたいだ。

そんな優しい灯りにほっこりした一行だが ・ ・ ・ ・

コレで何をするのか、全く想像もつかない。

タヂカラオ

アメノタヂカラオ

・ ・ ・ ・ ・ ・ でぇ、これから何すんだ??

タヂカラオに不思議そうな視線を送られたオモヒカネは、ニヤリと怪しげな笑みを返した。

オモヒカネ

オモヒカネ

ストリップショーです。

それまでオモヒカネのことを『インテリの草食系でいけ好かないヤツ』と評価していた八百万の神々だったが、すべての作戦内容を聞き終わると、彼に対する眼差しは、尊敬と敬意のものに変わっていた。

『系図』高天原の八百万の神々:タカミムスビ、オモヒカネ、アメノウズメ、アメノコヤネ、フトダマ、タヂカラオ、イザナギ、三貴神:アマテラス、ツクヨミ、スサノオ

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。