日本神話『アマテラスの命令』

アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カムムスビ

アマテラスの命令

高天原たかまがはらの神殿、アマテラスの部屋では彼女より偉いはずの別天つ神ことあまつかみ、アメノミナカヌシ、タカミムスビ(高木)、カムムスビの3人が正座をしながらうつむいていた。

アマテラスは腕を組みながらご機嫌ナナメの様子で部屋の中をウロウロしている。端から見ると大の大人が女子高生に𠮟られているみたいだ。

アマテラス

アマテラス

だいたい、おかしいと思わない??あのチャラ男は国つ神くにつかみでしょ??元々、この国は天つ神あまつかみのイザナギとイザナミが治めることになってたわけだし??天つ神が治めるのが筋じゃないわけ??

アマテラスがあからさまに不機嫌な態度で別天つ神の3人に話し掛ける。

神産巣日神

カムムスビ

・ ・ ・ あなた、オオクニヌシくんのこと本当に嫌いよね。

以前よりオオクニヌシをサポートしているカムムスビは困ったように受け答えた。

アマテラス

アマテラス

別に好き嫌いで言ってるわけじゃないわよ。根本的に間違ってるって言いたいのっっ!!

だいたい、カムムは、オオクニヌシに甘すぎるのよっ!!ちょっと人より顔が整ってるからって、あんなやつ生き返らせなくてもよかったのにっっ!!!

神産巣日神

カムムスビ

でも ・ ・ ・ 国造り頑張ってくれてると思うんだけど ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

あいつは何もやってないでしょ?実際頑張ってたのはスクナビコナとオオモノヌシじゃない!!

チャラ男は敵っ!人類の敵よっっ!!私が駆逐してやるっっ!!!!

どうやら高天原までチャラい噂が届いてくるオオクニヌシのことが気に食わないらしい。黙ってしまったカムムスビの代わりにタカミムスビこと高木がフォローを入れた。

高御産巣日神

タカミムスビ

まぁまぁ、落ち着いて。

でも、チャラ男云々はともかく、アマテラスの言うことも分かります。要は生みの親か、育ての親かって話しでしょう?確かにイザナミの死が無ければ、天つ神がそのまま葦原の中つ国を治めることになっていたんだし ・ ・ ・

アマテラス

アマテラス

そうよ!そうよっっ!!!アイツ、お父様とお母様が作った国で何様のつもり??私が高天原でせかせか働いている時に、葦原撫子コンプして王様みたいに偉そうな顔してるなんて!!!許せないっっ!!!!オオクニヌシなんかよりも、私の長男の、アメノオシホミミに治めさせた方が絶対いいわよっ!!

アマテラスの勢いは止まらない。このままだと、出雲に向かって出陣でもしそうだ。久しぶりの出番のミナカヌシが慌てて手を上げ、意見を述べた。

ミナカヌシ

ミナカヌシ

はい!えっと ・ ・ ・ アマテラスちゃん、出雲を攻めるのかい?

アマテラス

アマテラス

そんなことしないわ。話し合って譲ってもらうの。それに、返して欲しいのは出雲じゃなくて葦原の中つ国だもの。説明すればわかるわよ。

ミナカヌシ

ミナカヌシ

うぅん ・ ・ ・ でも、オオクニヌシくんだって苦労してきただろうし ・ ・ ・ そう簡単に譲ってはくれないんじゃないかなぁ?

アマテラス

アマテラス

あーもぉ、いいのっっ!!これは命令なのっ!!

ミナカヌシ

ミナカヌシ

あうっっ ・ ・ ・ ・ ・ ・

もはやどちらが最高神なんだかわからない。

アマテラス

アマテラス

オシホミミ!!オシホミミはどこ??

アマテラスは大声で長男のオシホミミを呼んだ。しばらくすると、オシホミミがたらたらと部屋に入ってきた。

オシホミミ

オシホミミ

はいはい ・ ・ ・ 母さん、どうしたんだよ。そんなプリプリして。

昼寝でもしていたのか、オシホミミの頭には寝癖が立っていて、寝間着なのか普段着なのかよくわからない格好をしている。

アマテラス

アマテラス

あなたは、スサノオとの誓約で生まれた私の長男。オシホミミこそ、葦原の中つ国を治めるのにふさわしいわ!あなたが降りて国造りをしなさいっ!!

オシホミミ

オシホミミ

え ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ それ、俺1人じゃ無理じゃね?

アマテラス

アマテラス

うるさぁーーい!!早く行って来なさーーいっ!!!

オシホミミ

オシホミミ

めんd ・ ・ ・ いや ・ ・ ・ わかったよ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。

正直なところ、高天原たかまがはらの生活を気に入っているオシホミミは、葦原の中つ国あしわらのなかつくになんかに降りたくなかった。

オシホミミ

オシホミミ

何で死も飢えも無い幸せな生活を捨ててまで人間のために人生を捧げなきゃいけないわけ?

はぁ ・ ・ ・ でも、母さん一回言い出すと聞かないからなぁ ・ ・ ・ 。

天浮橋あめのうきはしに向かうオシホミミの足取りは重かった。

line

しかも天浮橋あめのうきはしにつくと、彼のローテンションをさらに下げる事態になっていた。

橋の下で国つ神のデモ隊が構えていたのだ。何か高天原に向かって叫んでいる。

デモ隊

デモ隊

葦原の中つ国を天つ神に渡すなー!!

デモ隊

デモ隊

そうだー!渡すなー!!

デモ隊

デモ隊

土地が豊かになったからって、今更出て来るなーっっ!!

デモ隊

デモ隊

そうだー!帰れー!!

line

オシホミミ

オシホミミ

うーわぁー。めっちゃ荒れてんじゃん ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ めんど・ ・ ・ 。

オシホミミは葦原の中つ国に降りることを止め、とりあえず神殿に帰り状況をアマテラスに伝えることにした。

オシホミミ

オシホミミ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ とまぁ、そんな感じで ・ ・ ・ 葦原の中つ国は国つ神のデモ隊で大荒れだったよ。とてもじゃないけど、降りれる雰囲気じゃ〜なかったんだよなぁ。いやぁ~。まいった。まいった。

アマテラス

アマテラス

くうぅ ・ ・ ・ デモなんて野蛮なことして ・ ・ ・ やっぱり、天つ神が治めた方が人間だって喜んでくれるはずよっ!絶対そうっ!!!!ねぇ、高木なんとかしてよっっ!!

高御産巣日神

タカミムスビ

へっ!?私ですか?

アマテラス

アマテラス

当たり前でしょ??だって、高木がお父様とお母様にこの国を治めるように言ったんじゃない!!

高御産巣日神

タカミムスビ

はぁ ・ ・ ・ ・

ミナカヌシ

ミナカヌシ

・ ・ ・ ・ ・ ・ !!

タカミムスビの視界の端に、ミナカヌシが半泣きでこちらを見つめる姿が目に入ったが、『アマテラスの怒りを収める方が優先か』と思い、無視して八百万の神々を安河の川原に集めて会議を開くことにした。

line

高御産巣日神

タカミムスビ

葦原の中つ国は元々、天つ神の子が治めるように定めた国でした:・・・でも、今は乱暴な国つ神が暴れ回って、荒れてしまっているいるようなんです。なんとか、国を穏やかにしたいのですが、誰か国つ神をうまく説得してくれる人いないですかね?

タカミムスビが疑問を投げかけると、息子のオモヒカネが八百万の神々と議論を始めた。

オモヒカネ

オモヒカネ

アマテラスの次男、アメノホヒを遣いにやってはどうですか??彼は真面目だし、棘のない性格ですから、穏便に話しを進めてくれるかもしれません。

高木が、アマテラスに話を通すと、彼女は満足気にうなずいた。

アマテラス

アマテラス

なるほど。いいわねっ!ソレ採用っ!!

こうして、アマテラスは早速、ホヒを出雲へ送ることにした。

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
ラノベ古事記をアマゾンで予約する!


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。