天皇記『根臣の嘘』

根臣の嘘

根臣の嘘

安康天皇系図3

安康あんこうに遣いを頼まれたネノがオオクサカの家を訪ねると、彼は優しく迎え入れてくれた。

大日下

大日下

ああ、ネノさん!安康くんのめいなら、こちらからうかがったのに。わざわざ御足労ごそくろう、ありがとうございます!

根臣

根臣

あ ・ ・ ・ ・ はぁ。

にしても、さすが仁徳が一目惚れしたと言うカミナガヒメの息子。ものすんごい美形だ。

根臣

根臣

え ・ ・ ・ えっと、オオクサカ様。安康天皇はあなたの妹、ワカクサカ様を大長谷王子おおはつせのみこと結婚させたいと考えております。なので、ワカクサカ様を献上けんじょうしてください。

客間きゃくまに通されたネノは、早速ワカクサカを譲って欲しいと頼む。

シスコンだというオオクサカがどんな反応をするのか、内心ヒヤヒヤしたが、彼は予想外に喜んで4度も頭を下げてきた。

大日下

大日下

えぇっ!?ハツセくんですかっ!?彼、まだ10代ですよね??若いのに、いいんですか??

大日下

大日下

ワカクサカ、あれで結構、年いってますよ??

根臣

根臣

も ・ ・ ・ ・ もちろんです。

大日下

大日下

わー!!それは嬉しいっ!!!

根臣

根臣

はぁ。

大日下

大日下

いや~~ワカクサカも父上の子でしょう??父上ってば、亡くなってからずいぶん経つのに、いまだに『聖帝ひじりのみかど』なんて呼ばれて国民から人気もあるし。

大日下

大日下

仁徳帝の1人娘なんて言ったら、もぅ、旦那になる人は天皇内定みたいなものだから。嫁に出すに出せなくて!!

根臣

根臣

はっ ・ ・ ・ ・ はぁ。

大日下

大日下

ワカクサカは政治利用されやすい立場だからね。ついつい、出ししぶってしまって。でもそうか ・ ・ ・ ハツセくんか。

大日下

大日下

確かに彼は気性が荒いけれど、若さ故のところもあるし、何より日本のことをよく考えているから、将来は良い天皇になるだろうね。

根臣

根臣

はっ ・ ・ ・ ではっ、

大日下

大日下

いやー、嬉しいな!!私も最近、調子が悪くて。ワカクサカのことだけが気掛かりだったんだよ。ほんと、歳は取りたくないものだ。

根臣

根臣

はぁ。

大日下

大日下

でももしかすると、こういった良い提案もあるかも知れないと思って、外に出さずにおいてよかった!

根臣

根臣

はっ ・ ・ ・ ・ ・ あの、では ・ ・ ・

大日下

大日下

うん、安康くんには ・ ・ ・ ・

大日下

大日下

あ。安康くんじゃ失礼か。今は天皇だものね?

根臣

根臣

あ、はぁ。

大日下

大日下

ふふっ。ついこの間まで、あんなに小さかったのに、感慨深かんがいぶかいや。

大日下

大日下

みんな、どんどん立派になっていく。あのハツセくんがもう、嫁をもらう歳になるなんて、信じられないよ。

根臣

根臣

・ ・ ・ ・ ・ はぁ。

大日下

大日下

うちの息子も、赤子だとばかり思っていたのに、ずいぶん流暢りゅうちょうしゃべるようになってね。最近は可愛くて可愛くてしょうがなくて。

大日下

大日下

いやー。歳を取ってからの子は、たまらないよ。

根臣

根臣

あ、はぁ ・ ・ ・ ・ あの、それで ・ ・ ・

大日下

大日下

ん?あっ!すまない。お客様が来るとつい嬉しくて!

大日下

大日下

ずいぶんペラペラと喋ってしまったね。ついでに、親バカまでバレてしまった。

根臣

根臣

いえっ!!

大日下

大日下

ふふっ ・ ・ ・ それでは、陛下には『これはおそれ多いことです。天皇のまにまにお受け致します。』とお伝えください。

根臣

根臣

あっ、ありがとうございます!

こうしてやっと明白な『YES』の返事をもらったネノが下がろうとする。

大日下

大日下

あ、あとネノさん。ちょっと待って。

根臣

根臣

はい?

大日下

大日下

口頭の返事だけでは失礼だから、陛下への敬意けいいの印として、これを渡してもらいたいんだ。

そう言ってオオクサカが差し出した木箱の中には、カズラのツルように宝石が連なったかんむりが入っていた。角の形に枝分かれした曲線のデザインが美しい。

この世の物とは思えないその妖艶ようえんな輝きにネノの思考が止まる。

根臣

根臣

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

大日下

大日下

綺麗でしょう?『押木の玉蘰おしきのたまかづら』と言ってね、あまりの美しさに人を惑わすそうだよ。ネノくんも気をつけてね??

根臣

根臣

えっ?はっ、はい!ごめんなさい!!

大日下

大日下

ふふっ!冗談だよ。私には勿体なくて。まだ付けたこともないから ・ ・ ・ 。

大日下

大日下

きっと、安康くんには良く似合う。彼によろしく伝えてくれ。

根臣

根臣

は ・ ・ ・ ・ ・ ・ わかりました ・ ・ ・

line

こうして、伝言をたまわったネノは安康のいる皇居に向かった。しかし、途中にある『皇居』と『自宅』への分かれ道で足が止まる。

 

根臣

根臣

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

今、自分の腕の中にある貴重な『押木の玉蘰おしきのたまかづら』。

 

このまま皇居に持って行ってしまったら、2度と触れることはできないだろう。

 

こんな機会、滅多にない。もう1度だけ、ゆっくりと眺めてみたい。

 

根臣

根臣

別に ・ ・ ・ ・ ・ 今日中に返事を持ってこいとは言われてないし ・ ・ ・ それにもう遅いし。きっと皇居に着く頃には陛下も休んでる。

根臣

根臣

・ ・ ・ ・ ・ とりあえず今日は持ち帰って、報告は明日でもいいか。冠だって、ちょっと触ったくらいじゃ怒られないだろう。

考えた末、ネノは自宅へと向かった。

line

そして、翌日。

安康あんこうの前で頭を下げたネノの元に『押木の玉蘰おしきのたまかづら』は無かった。

根臣

根臣

い ・ ・ ・ 家に置いてきてしまった ・ ・ ・ ・ ・ ・ いや、でも別に、盗もうとした訳じゃないし。忘れただけだ。忘れただけ。

安康天皇

安康天皇

ネノ、お疲れ様。どうだった??

根臣

根臣

はっ!!オオクサカ様は ・ ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

・ ・ ・ ・ ・ うん?

 

そう言って、止まったネノの頭の中に押木の玉蘰おしきのたまかづらの映像が浮かんだ。

 

角度を変えるとキラキラ美しく光って、ずっと見続けたくなる豪華なかんむり。この命を受けなければ、出会うこともなかった。

 

その宝物が今は自分の家にある。

 

他人に渡すには、あまりにも惜しい。

 

 

それが例え ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 天皇でも。

 

 

ネノは下を向いたまま、そっと口を開いた。

 

根臣

根臣

・ ・ ・ ・ オオクサカ様は、陛下の勅命を受けずに言いました。

安康天皇

安康天皇

え?

根臣

根臣

私の妹は一族の尻の下に敷くような、安っぽい敷物ではない。ふざけるな』と。

安康天皇

安康天皇

は?何それ。

根臣

根臣

そして、剣の柄を取りながらひどく怒ったのです。

ネノの口からは、自分でも驚くほどスラスラと嘘が出てくる。

根臣

根臣

なので私は怖くなって、慌てて帰ってきました。

その嘘の報告に安康はクワッと目を見開く。

安康天皇

安康天皇

なっ ・ ・ ・ ・ なんだよそれっ!!

安康天皇

安康天皇

自分はナガタをめとっておいて、ハツセには皇女の嫁をやりたくないなんて。やっぱり、あの人、自分が天皇になりたかったんじゃないかっ!!

安康天皇

安康天皇

今更そんなこと言って、ハツセに当たるなんて、信じられない。絶対に僕の命も狙ってるでしょう!!!

根臣

根臣

ごめんなさい ・ ・ ・ ・

安康天皇

安康天皇

ネノが謝ることじゃないよ!オオクサカは信用できない。僕が先に手を打たなくちゃ。じゃないと、こっちがやられるっ!!

ひどく怒った安康は、

安康天皇

安康天皇

オオクサカを殺して。

と、兵に指示を出す。

安康天皇

安康天皇

でもナガタは殺さないでね。彼女は僕の皇后にするから。

こうしてオオクサカは理由も分からないまま、安康の兵に殺されてしまった。

そして夫を亡くしたナガタヒメは、オオクサカとの間に生まれた息子のマヨワと一緒に安康の元に引き取られることになり、そのまま安康の皇后となった。

安康天皇系図3


ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

アマゾンの『ラノベ古事記』はこちら >

Amazon神話部門1位への感謝を込めてプレゼントキャンペーン実施中!

スポンサードリンク

日本神話ベースのスマホゲーム『神式一閃 カムライトライブ
ヤマタノオロチが封印され幾千年後の世界。八百万の神々の力を受け継いだ戦士「神侍 -カムライ-」たちが活躍する!

神式一閃 カムライトライブ

神式一閃 カムライトライブ_iOS 神式一閃 カムライトライブ_Android

スポンサードリンク

こうじ酵素imp 皇潤imp


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記(池澤 夏樹)

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記(竹田 恒泰)

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰さんの作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

まんがで読む 古事記(竹田 恒泰)

文章が苦手な方におすすめ。「現代語古事記」の竹田さんが監修されています。天皇記は無く、日本神話とヤマトタケルだけですが、子供でも簡単に読めます。