『ラノベ古事記』
公式オンラインショップ
OPEN!!

グッズを買って『ラノベ古事記』を応援する >

『PIXIV FANBOX』から『ラノベ古事記』を支援する >

『ラノベ古事記』の公式オンラインショップで活動の応援をして欲しいお話。

ラノベ古事記オンラインショップ

こんにちは!ラノベ古事記サイトオーナー、優です。いつも応援していただきありがとうございます!!

この度、公式オンラインショップを開設いたしました!自分で言うのもなんですが、めちゃめちゃ可愛いので買ってくださいwwww

※グッズの利収益は全て『ラノベ古事記』関連コンテンツの強化資金として使わせていただきます。

 『ラノベ古事記』を応援! > 

そして、ここからは内部事情なので興味のある人だけ...

長文失礼します。

オンラインショップを作ろうと思った経緯

そもそもオンラインショップって『THE 収益』って感じになってしまうので、ラノベ古事記で作る気がありませんでした。

私は推しの布教活動をしいるだけだし、私よりもちゃんとしたプロの方こそお金もらうべきだし、なんなら貢がせてくれって思うし、古事記を使って自分が何か儲けたいという発想がそもそもなかったです。

でも、『このままじゃダメだ』って思ったことが2つありました。

  • 1)手伝ってくれる友人にお礼ができない
  • 2)記紀と神社を繋げるアプリが作りたい

です。

1)手伝ってくれる友人にお礼ができない

これまで活動を続けてきた中で関わってくださる人たちが増えて、色々お手伝いをしていただいたり、サイト改善のためにイラストや文章など、コンテンツ提供をしていただく中で、『お礼ができない』ことに、申し訳なさを感じるようになりました。

私自身はこの活動自体が生きる糧のただのオタクなので、サイトで稼ぎたいと思わなかったし、実際5年くらい微々たる広告収入だけでやってきたし、興味本位で時給計算したら10円くらいで、笑ったことがあるんだけどwwww(ちなみに出版のおかげで時給100円にアップしたw)

でも、自分の活動に賛同してお手伝いをしてくれる人にまでそれを強要したくなくて。ちゃんと働いた分の対価をお支払いしたいんです。「友達だからいいよね?」とか、「古事記を広める活動に賛同してるんだからいいでしょ?」とか、そうじゃなくて。お友達価格ではなく、ちゃんとした適正価格でお礼がしたいんです。

ただ、自分が長らく育休を取っていたこともあり、我が家の家計には『趣味』というカテゴリから抜け出せていない『ラノベ古事記』にお金をかけるほどの財力はなく、自分の通帳からで「ごめん...でもこれが精一杯で...本当にごめん...ありがとう...ありがとう...」って優しい人たちにお手伝いをしていただいている状況が続いていて、本当に心から申し訳なくって...

まずはこの現状を変えたいのです。

なるべく早く今までお手伝いしてくれた人にお礼がしたい。その次は、サイトのリニューアルにお金をかけたい。ざっと見積もっても200万くらいだったから、すぐには無理だけど...

それでも少しずつ、ちゃんとお礼がしたいのです。

 

2)記紀と神社を繋げるアプリが作りたい

もう一つの理由がこれ。アプリの発注資金を集めたい。

...実はこれ、ずーっとやりたいことなんです。御朱印ブームから御朱印投稿サイトは増えましたけど、その前からずーっとそうじゃないやつがやりたくって。具体的には書けないけれど、今、神社ってとても経営が大変で。常駐で人がいれないところがほとんどだし、改修工事もままならなくって、推しの神社がなくなってしまうかもしれないという恐怖。

神社に貢ぎたいんです。貢がせて。オラに力を...

日本の神様って、古事記に出てくる神様だけじゃなくて、その土地その土地に根付いた神様がいて、そのどれもがとても尊い神様たちで...でも過疎化が進んでしまったら、人間がいなくなってしまったら、神様も消えてなくなってしまうから...それがとても怖くって。神社を中心に地域活性化ができるようなことを、少しでもできないかなと思っていて...考えていることがたくさんあるんです。

今作りたいと思っている神社のアプリは、その第一歩なんです。

今の20〜40代くらいの人って、ネットのおかげでテレビの情報を頼らなくなったし、戦後の自虐史も明治の国家神道も興味がないから、最近の歴史の中では稀に見る、外部からの意図的な影響を受けづらかった世代だと思っていて。なのに、実家に帰れば氏神や檀家との関係はまだギリ繋がってるという奇跡が起こっているんですよ。

つまり、私たちこそが、日本のアイデンティティを残せるか否かの岐路に立たされた最後の世代だと思っているんです。

今ならまだ間に合うと思うの。

でも、肝心の神社がなくなってしまったら、ご先祖様たちがこれまで紡いできてくれた糸が切れてしまう。ご先祖様との繋がりが消えてしまう。

神社がなくちゃ神様は守れないから。おうちがなくなっちゃったら、神様、すぐに弱って死んじゃうもん...大好きな神様をとっても悲しい気持ちにさせてしまう。そんなの無理...私が耐えられない......

というわけで、神様や神社のことを当たり前のようにみんなが知っていて、大好きになるような環境づくりがしたいんです。千代に八千代に安定的に、神様と人間がみんな仲良く一緒に暮らせる仕組みづくりがしたいんです。

とにかく日本に『好き』の感情をいっぱい増やしたい。

そして『幸せ』の感情をいっぱい増やしたい。

力不足だし、勉強不足なのもわかってるけど、それでも私にも日本を家族みたいな国にするお手伝いをさせて欲しいの...

(当然、お寺さんもって思っています。最推し天武だし。アプリをダシに薬師寺さんとお近づきに...とか思ってます。でも、お寺まで手を出すには知識不足が過ぎるし...まずは神社から!!!)

で、その気持ちをモリモリ詰め込んだアプリを、フリーランスのエンジニアをしているお友達に「これ、できそうですか?」って相談したところ、「ごめん、ウチのリソースじゃ無理だ。専門の会社に依頼したら数千万かかるかな...」って言われてしまって。

『アッ...数百万ですらないんだ.....』

っていう現実???

現世、つらみ。

でも、これ、もう、何年揉んでるんだってくらいずっとやりたいことだから、まずは数百万貯金して、機能の一部からでもつくりたいなと思っていて。

その資金集めの協力をして欲しいのです。

2〜3年くらい貯金してから行動すれば、ラノベ古事記の執筆も子育ても落ち着いて、こっちに本腰入れられるなって。

クラファンも考えたけど、先が見えない状況でのお金集めはしたくないし、すぐにお礼が形として届けられるものとなると、やっぱりグッズ販売だなぁ...と。

 

いうわけで、公式ショップを作りました!

ショップを作るまでには色々悩みもあったのですが、グッズが思いのほか、ポップでかわいくできまして♡

自分でいうのもなんだけど、めちゃめちゃ可愛い。

私も普通に買ってしまったwwwww(資金調達とは)

pixivFACTORYの罠にしっかりハマってしまったよ....うちの子かわいい。世界で一番かわいい。今回、改めて確信した。うちの子はかわいい。

資金調達というバックグラウンドもあって、少し高めの値段設定にはしてあるのですが、単純にかわいいグッズとしてお迎えしていただけたら嬉しいです!!!

少しずつ種類も増やして行きたいと思っています。執筆の合間の作業になるので、すぐには対応できませんが、「これ欲しい!」というご意見ありましたら、ぜひツイッターからリクエストください。

これからも『ラノベ古事記』をよろしくお願いします!!

 

追記

(2020/07/20)
『直接支援をしたい』というありがたいお声をいただき、『PIXIV FANBOX』に登録をしました。月々支援してくださる方へ、せめてものお礼として、古事記を広めようとして人生ではじめて書いた小説...要は、黒歴史を晒しております...もしよろしければ.....ご支援いただけましたら幸いです/////

『PIXIV FANBOX』から『ラノベ古事記』を応援! >

 

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく、一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!