古事記の原文『履中天皇と墨江の謀反』

『履中天皇と墨江の謀反』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

履中天皇は宴会で酒に酔って寝る。弟の墨江が、履中を殺そうと屋敷に火を点ける。阿知直が履中を助け出す。履中たちは大坂で一人の女に出会う。女は履中たちに、この先は危ないから回り道するよう教える。履中たちは回り道をして石上神宮に到着する。

安万侶

安万侶

いきなりピンチですね。

天武天皇

天武天皇

そのはずなんだけどな、逃げる途中に詠んだ履中の歌が、緊張感なくて笑えるんだ。

原文&読み下し文

履中天皇と墨江の謀反

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

子、伊邪本和気命、坐伊波礼之若桜宮、治天下也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

みこ 伊邪本和気 いざほわけの 命、 伊波礼 いはれ の若桜宮に坐しまして、天の下治らしめしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此天皇、娶葛城之曽都毘古之子、葦田宿祢之女、名黒比売命、生御子、市辺之忍歯王。次御馬王。次妹青海郎女、亦名飯豊郎女。(三柱)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

この天皇、葛城の 曽都毘古 そつびこ の子、 葦田 あしだの 宿祢の女、名は黒比売命を娶して、生みませる御子、 市辺 いちのべ 忍歯 おしはの 王。次に 御馬 みまの 王。次に妹 青海 あをみの 郎女、亦の名は 飯豊 いひとよの 郎女。(三柱)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

本坐難波宮之時、坐大嘗而為豊明之時、於大御酒宇良宜而大御寝也。爾其弟墨江中王、欲取天皇以火著大殿。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

もと 、難波の宮に坐しましし時、 大嘗 おほにへ に坐して 豊明 とよのあかり したまひし時、大御酒にうらげて 大御寝 おほみね したまひき。ここにその弟 墨江中 すみのえのなかつ 王、天皇を取らむ おも ひて、火を大殿に著けき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是倭漢直之祖、阿知直盗出而、乗御馬令幸於倭。故、到于多遅比野而寤、詔此間者何処。爾阿知直白、墨江中王、火著大殿。故、率逃於倭。爾天皇歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに やまと 漢直 あやのあたへ おや 阿知直 あちのあたへ 盗み出して、 御馬 みま に乗せて倭に でまさしめき。故、 多遅比野 たぢひの に到りて めまして、「 此間 ここ 何処 いづく ぞ」と詔りたまひき。ここに阿知直白しけらく、「墨江中王、火を大殿に著けましき。故、 て倭に ぐるなり」とまをしき。ここに天皇歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

多遅比怒迩 泥牟登斯理勢婆
多都碁母母 母知弖許麻志母能
泥牟登斯理勢婆

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

多遅比野 たぢひの に 寝むと知りせば
立薦 たつごも も 持ちて ましもの
寝むと知りせば
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

到於波迩賦坂、望見難波宮、其火猶炳。爾天皇亦歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

波迩賦 はにふ に到りて、難波の宮を望み見たまへば、その火なほ しる くありき。ここに天皇また歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

波迩布邪迦 和賀多知美礼婆
迦芸漏肥能 毛由流伊幣牟良
都麻賀伊幣能阿多理

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

波迩布坂 はにふざか が立ち見れば
かぎろひの 燃ゆる 家群 いへむら
つま が家のあたり
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、到幸大坂山口之時、遇一女人。其女人白之、持兵人等、多塞茲山。自当岐麻道、廻応越幸。爾天皇歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、大坂の山口に到り でましし時、 ひと りの 女人 をみな に遇ひたまひき。その女人の白しけらく、「 つはもの を持てる 人等 ひとども さは にこの山を へたり。 当岐麻道 たぎまち より廻りて越え でますべし」とまをしき。ここに天皇歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

淤富佐迦迩 阿布夜袁登売袁
美知斗閉婆 多陀迩波能良受
当芸麻知袁能流

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大坂 おほさか に 遇ふや 嬢子 をとめ
道問へば ただ には らず
当芸麻道 たぎまち を告る
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、上幸坐石上神宮也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、 のぼ でまして、 石上 いそのかみの 神宮に坐しましき。

履中天皇

用語解説

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県桜井市池之内の稚桜神社あたりとか、同市谷の若桜神社あたりとかいわれているな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

大嘗祭のこと。

安万侶

安万侶

天皇を取らむって??

天武天皇

天武天皇

天皇を殺そうってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の大阪府羽曳野市あたりのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

風を防ぐために立てるむしろのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

大阪府羽曳野市野々上あたりの坂のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

明らかだったって意味だが、ここは燃えていたってことだろうな。

安万侶

安万侶

かぎろひのって??

天武天皇

天武天皇

陽炎かげろうといって、地面から暖かい空気が炎のようにゆらゆら立っている現象のことで、「燃ゆ」とか「春」とかにかかる枕詞。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

奈良県葛城市當麻あたりに抜ける道のこと。

天武天皇

天武天皇

まっすぐに行けとは言わずにってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!