古事記の原文『大長谷王子の狩り』

『大長谷王子の狩り』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

オシハは日の出前に起きて、オオハツセの従者に早く狩りに行こうと伝える。従者は警戒するようオオハツセに言う。オオハツセはオシハを射殺す。オオハツセはオシハの遺体を平らに埋める。騒ぎを聞いたオシハの子、オケとヲケは逃げる。途中、オケとヲケは豚飼いに食べ物を奪われる。オケとヲケは播磨のシジムの家で、家畜の世話をしながら隠れ住む。

安万侶

安万侶

やっぱりこうなるんですね ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

これで皇位継承でオオハツセと対立しそうな皇子が、ほぼいなくなったわけだな。

原文&読み下し文

大長谷王子の狩り

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾明旦、未日出之時、忍歯王、以平心随乗御馬、到立大長谷王仮宮之傍而、詔其大長谷王子之御伴人、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに明くる あした 、未だ日出でざりし時、忍歯王、 なぐ しき心もちて、御馬に乗りし まにま に、大長谷王の仮宮の かたへ に到り立たして、その大長谷王子の 御伴人 みともびと に詔りたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

未寤坐。早可白也。夜既曙訖。可幸獦庭。乃進馬出行。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

「未だ寤めまさざるか。早く白すべし。夜は既に けぬ。 獦庭 かりには でますべし」とのりたまひて、すなはち馬を進めて出で行きたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾侍其大長谷王之御所人等白、宇多弖物云王子。故、応慎。亦宜堅御身。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその大長谷王の 御所 みもと さもら 人等 ひとども 白ししく、「うたて物云ふ 王子 みこ ぞ。故、慎しみたまふべし。また御身を堅めたまふべし」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

即衣中服甲、取佩弓矢、乗馬出行、倏忽之間、自馬往双、抜矢射落其忍歯王、乃亦切其身、入於馬樎、与土等埋。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはち みそ の中に よろひ し、弓矢を取り かして、馬に乗りて出で行きたまひて、 倏忽 たちまち の間に、馬より往き なら びて、矢を抜きてその忍歯王を射落して、すなはちまたその身を切りて、 馬樎 うまぶね に入れて つち と等しく埋みたまひき

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是市辺王之王子等、意祁王、袁祁王(二柱)聞此乱而逃去。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに市辺王の 王子等 みこたち 意祁 おけの 王、 袁祁 をけの 王(二柱)、この乱れを聞きて逃げ去りたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、到山代苅羽井、食御糧之時、面黥老人来、奪其糧。爾其二王言、不惜糧。然汝者誰人、答曰、我者山代之猪甘也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、山代の 苅羽井 かりばゐ に到りて、 御糧 みかれひ す時、 面黥 まさ ける 老人 おきな 来て、その糧を奪ひき。ここにその ふた はしらの みこ りたまひしく、「糧は しまず。然れども 誰人 たれ ぞ」とのりたまへば、答へて曰ひしく、「我は山代の 猪甘 ゐかひ ぞ」といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、逃渡玖須婆之河、至針間国、入其国人、名志自牟之家、隠身、役於馬甘牛甘也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、 玖須婆 くすば の河を逃げ渡りて、 針間 はりまの 国に至り、その 国人 くにびと 、名は 志自牟 しじむ の家に入りて、身を隠したまひて、 馬甘 うまかひ 牛甘 うしかひ つか はえたまひき。

大長谷王子系図

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

いつもと変わらない平穏な心のこと。

安万侶

安万侶

うたて物云ふって??

天武天皇

天武天皇

不愉快なことを言うってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ご用心なさいませってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

しっかり武装なさいませってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

馬のエサを入れる容器のこと。

天武天皇

天武天皇

地面と同じ高さに埋めたってこと。

天武天皇

天武天皇

普通、皇族の墓は土を盛って高さを出すんだが、そうせずに見下した扱いをしたわけだな。

天武天皇

天武天皇

現在の京都府城陽市水主あたりかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

目に入れ墨をしているってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

豚を飼う部民のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

地名としては現在の兵庫県三木市志染町あたりのことで、そこに住んでいる人の名前かな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!