古事記の原文『赤猪子との約束』

『赤猪子との約束』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

雄略は、三輪山の近くで美しい乙女、赤猪子あかいこと出会う。雄略は赤猪子に「誰とも結婚するな、近い将来呼び寄せる」と伝える。赤猪子は待ち続けている間に80歳を過ぎる。赤猪子は気持ちを伝えるために雄略を尋ねる。約束したことを忘れていた雄略は、申し訳なくなり、歌と多くの品を贈る。

安万侶

安万侶

結婚の約束しておいてそれを忘れてしまうなんて、最低じゃないですか。

天武天皇

天武天皇

そうだなー。

天武天皇

天武天皇

赤猪子はすっかり老いてしまったのに、雄略のほうはまだまだ若々しい感じなのが、見所のひとつでもあるな。

原文&読み下し文

赤猪子との約束

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦一時、天皇遊行到美和河之時、河辺有洗衣童女。其容姿甚麗。天皇問其童女、汝者誰子、答白、己名謂引田部赤猪子。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 一時 あるとき 、天皇遊び でまして、 美和 みわ に到りましし時、河の きぬ 洗へる 童女 をとめ ありき。その 容姿 かたち いと うるは しくありき。天皇その童女に問ひたまひしく、「 は誰が子ぞ」ととひたまへば、答へて白ししく、「己が名は 引田部 ひけたべ 赤猪子 あかゐこ と謂ふぞ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾令詔者、汝不嫁夫。今将喚而、還坐於宮。故、其赤猪子、仰待天皇之命、既経八十歳。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに詔らしめたまひしく、「 はざれ。今 してむ」とのらしめたまひて、宮に還りましき。故、その赤猪子、天皇の みこと を仰ぎ待ちて、既に 八十歳 やそとせ き。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是赤猪子以為、望命之間、已経多年、姿体痩萎、更無所恃。然非顕待情、不忍於悒而、令持百取之机代物、参出貢献。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに赤猪子、 以為 おも ひけらく、 みこと おふ ぎし間に、 すで まね き年を て、 姿体 すがた しぼ みて、更に たの む所無し。然れども待ちし こころ あらは さずては、 いぶせ きに しの びず、とおもひて、 百取 ももとり 机代 つくゑしろの 物を持たしめて、 参出 まゐで 貢献 たてまつ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

然天皇、既忘先所命之事、問其赤猪子曰、汝者誰老女。何由以参来。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

然るに天皇、既に先に りたまひし事を忘らして、その赤猪子に問ひて りたまひしく、「 は誰れしの 老女 おみな ぞ。 何由以 なにしかも 参来 まゐき つる」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾赤猪子答白、其年其月、被天皇之命、仰待大命、至于今日経八十歳。今容姿既耆、更無所恃。然顕白己志以参出耳。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに赤猪子、答へて白ししく、「その年のその月、天皇の命を かがふ りて、 大命 おほみこと を仰ぎ待ちて、今日に至るまで八十歳を き。今は 容姿 かたち 既に いて、更に恃む所無し。然れども己が こころざし を顕し白さむとして 参出 まゐで しにこそ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天皇、大驚、吾既忘先事。然汝守志待命、徒過盛年、是甚愛悲。心裏欲婚、憚其極老、不得成婚而、賜御歌。其歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、 いた く驚きて、「 は既に さき の事を忘れつ。然るに は志を守り みこと を待ちて、 ただ に盛りの年を ぐしし、これ いと 愛悲 かな し」とのりたまひて、心の うち まぐは ひせむと おも ほししに、その極めて老いしを はばか りて、 まぐは ひを 得成 えな したまはずて、御歌を賜ひき。その歌に ひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

美母呂能 伊都加斯賀母登
加斯賀母登 由由斯伎加母
加志波良袁登売

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

御諸 みもろ 厳白梼 いつかし がもと
白梼 かし がもと ゆゆしきかも
白梼原童女 かしはらをとめ
といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

比気多能 和加久流須婆良
和加久閉爾 韋泥弖麻斯母能
淤伊爾祁流加母

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

引田 ひけた 若栗栖原 わかくるすばら
若くへに 率寝 ゐね てましもの
老いにけるかも
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾赤猪子之泣涙、悉湿其所服之丹摺袖。答其大御歌而歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに赤猪子の泣く涙、悉にその せる 丹摺 にずり の袖 湿 らしつ。その大御歌に答へて歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

美母呂爾 都久夜多麻加岐
都岐阿麻斯 多爾加母余良牟
加微能美夜比登

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

久佐迦延能 伊理延能波知須
波那婆知須 微能佐加理毘登
登母志岐呂加母

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

日下江 くさかえ の 入江の はちす
花蓮 はなばちす 身の さか びと
とも しきろかも
とうたひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾多禄給其老女以返遣也。故、此四歌、志都歌也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに あまた もの をその 老女 おみな に給ひて、返し遣はしたまひき。故、この四歌は 志都 しつ 歌なり。

雄略天皇系図

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

初瀬川の下流の三輪山あたりの流れのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

某年某月のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

奈良県桜井市にある三輪山のこと。

天武天皇

天武天皇

大神神社があるところだな。

天武天皇

天武天皇

神聖なカシの木の下のことかな。

安万侶

安万侶

ゆゆしきかもって??

天武天皇

天武天皇

神聖でおそれ多いなぁってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県桜井市白河あたりのこと。

天武天皇

天武天皇

若いクリの木の林のこと。

安万侶

安万侶

若くへにって??

天武天皇

天武天皇

若かった時にってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

赤土をすりつけて染めた衣服の袖のこと。

天武天皇

天武天皇

築く垣根のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

あまりに長く神に仕えて過ごしてとか、築くときに余った土のように取り残されて、って感じかな。

天武天皇

天武天皇

誰に頼ればいいでしょうか、陛下しかおりませんってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

神の宮に仕える人のことだから、ここは巫女のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

日下の入江のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ハスのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

羨ましいなぁってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

*ラノベ版は読みやすさを優先させるために順序が入れ替わっております。原文とラノベのリンク先も前後してますので、ご注意ください。

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!