古事記の原文『大長谷王子の挙兵』

『大長谷王子の挙兵』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

オオハツセは、兵士たちを使ってツブラの家を取り囲む。ツブラも軍を出して応戦する。オオハツセは求婚していたカラヒメがいるか聞く。ツブラは、恭しくカラヒメと屯倉を献上した上で、自分を頼ってくれたマヨワのために、勝てないと知りながら徹底抗戦する。遂に追い込まれたマヨワは、ツブラに自分を殺させる。ツブラも後を追う。

安万侶

安万侶

ツブラさんの忠誠心、すごいです ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

安康とネノの関係とは大違い、と言ったら意地が悪いかな。

原文&読み下し文

大長谷王子の挙兵

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦興軍囲都夫良意美之家。爾興軍待戦、射出之矢、如葦来散。於是大長谷王、以矛為杖、臨其内詔、我所相言之嬢子者、若有此家乎。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また いくさ を興して 都夫良意美 つぶらおみ の家を かく みたまひき。ここに軍を興して待ち戦ひて、 出づる矢、 あし の如く来たり散りき。ここに大長谷王、矛を杖にして、その内を臨みて詔りたまひしく、「 が相言へる 嬢子 をとめ はもしこの家にありや」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾都夫良意美、聞此詔命、自参出、解所佩兵而、八度拝白者、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに都夫良意美、この 詔命 おほみこと を聞きて、 みづか 参出 まゐで て、 ける つはもの を解きて、 八度 やたび をろが みて白ししく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

先日所問賜之女子、訶良比売者侍。亦副五処之屯宅以献。(所謂五村屯宅者、今葛城之五村苑人也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

さき の日問ひたまひし 女子 むすめ 訶良比売 からひめ さもら はむ。また つ処の 屯宅 みやけ を副へて献らむ。(謂はゆる五村の屯宅は、今の葛城の五村の苑人なり。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

然其正身、所以不参向者、自往古至今時、聞臣連隠於王宮、未聞王子隠於臣之家。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

然るにその 正身 ただみ 参向 まゐむか はざる 所以 ゆゑ は、 往古 いにしへ より 今時 いま に至るまで、 臣連 おみむらじ みこ の宮に かく ることは聞けど、未だ 王子 みこ やつこ の家に かく りまししを聞かず。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

是以思、賤奴意富美者、雖竭力戦、更無可勝。然恃己入坐于随家之王子者、死而不棄。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここをもちて思ふに、 いや しき やつこ 意富美 おほみ は、力を つく して戦ふとも、更に勝つべきこと無けむ。然れども己れを たの みて、 やつこ の家に入りましし 王子 みこ は、死にても てじ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此白而、亦取其兵、還入以戦。爾力窮矢尽、白其王子、僕者手悉傷。矢亦尽。今不得戦。如何。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく白して、またその つはもの を取りて、還り入りて戦ひき。ここに力 きは まり矢尽きぬれば、その王子に白しけらく、「 手悉に ひぬ。矢もまた尽きぬ。今は 戦はじ。 如何 いかに か」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

其王子答詔、然者更無可為。今殺吾。故、以刀刺殺其王子、乃切己頚以死也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

その王子答へて詔りたまひしく、「然らば更に むすべ無し。今は吾を せよ」とのりたまひき。故、 たち をもちてその王子を刺し殺して、すなはち己が頚を切りて死にき。

大長谷王子系図

用語解説

天武天皇

天武天皇

先日、大長谷王子が求婚なさった娘のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

そばにお仕えしますってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

臣も連も姓のひとつだが、ここは臣下のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

体中に傷を負ったってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!