古事記の原文『神武天皇の即位』

『神武天皇の即位』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

大和を支配していたニギハヤヒが、自分が天つ神である証拠を差し出して、イワレビコに仕える。大和を平定したイワレビコは、橿原かしはらの宮で天皇として即位する。

安万侶

安万侶

ついに初代天皇のご即位ですね!

天武天皇

天武天皇

ああ、日本の建国と言い換えてもいいな。

原文&読み下し文

神武天皇の即位

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故爾迩芸速日命参赴、白於天神御子、聞天神御子天降坐。故、追参降来、即献天津瑞以仕奉也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故ここに 迩芸速日 にぎはやひの 参赴 まゐおもむ きて、天つ神の御子に白ししく、「天つ神の御子 天降 あまくだ りましつと聞けり。故、追ひて 参降 まゐくだ り来つ」とまをして、すなはち 天津瑞 あまつしるし を献りて仕へ奉りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、迩芸速日命、娶登美毘古之妹、登美夜毘売生子、宇麻志麻遅命。(此者物部連、穂積臣、婇臣祖也。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、迩芸速日命、登美毘古が いも 登美夜毘売 とみやびめ めと して生める子、 宇麻志麻遅 うましまぢの 命。(こは物部連、穂積臣、婇臣の祖なり。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、如此言向平和荒夫琉神等、退撥不伏人等而、坐畝火之白梼原宮、治天下也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、かく あら ぶる 神等 かみども 言向 ことむ 平和 やは し、 まつろ はぬ 人等 ひとども 退 はら ひて、 畝火 うねび 白梼原 かしはらの に坐しまして、 あめ した らしめしき。

神武天皇

用語解説

天武天皇

天武天皇

系統はわからないが、物部もののべ氏の祖先神。

天武天皇

天武天皇

参考情報として、先代旧事本紀せんだいくじほんぎっていう書物によると、別名アメノホアカリ、つまりオシホミミとタクハタチヂヒメの子で、ニニギの兄ってことになる。

安万侶

安万侶

えっ、ニニギ様より先に降臨して、お兄さんが大和を治めてたってこと?

天武天皇

天武天皇

深入りすると、どんどん古事記から離れるからやめておくけど、まぁ、謎に包まれた天つ神なのさ。

安万侶

安万侶

ふーん???

天武天皇

天武天皇

自分が天つ神の子という証拠になる宝物のこと。

天武天皇

天武天皇

奈良県の畝傍山の麓にある宮殿。

天武天皇

天武天皇

イワレビコが初めて天皇として即位した場所ってことになる。

天武天皇

天武天皇

現在は神武天皇を祭神とする橿原神宮かしはらじんぐうがあるな。

天武天皇

天武天皇

神武じんむっていうのは、おくりなといって死後に贈られた名前。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化決定!!
サイトで読んでくださった方に楽しんでいただけるように、さらなる愛をモリモリ詰め込みました〜!!
日本神話だけでめっちゃ分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!