古事記の原文『志毘と大魚』

『志毘と大魚』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

ヲケが即位する前のこと、一人の乙女を巡って、シビと歌を掛け合って争う。オケとヲケは相談して、謀反の罪でシビを殺す。

安万侶

安万侶

歌の掛け合いで闘うって面白いですね。

天武天皇

天武天皇

ヲケの歌で終わっているってことは、次に繋げられなかったシビの負け、つまりヲケが勝ったわけだな。

原文&読み下し文

志毘と大魚

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、将治天下之間、平群臣之祖、名志毘臣、立于歌垣、取其袁祁命将婚之美人手。其嬢子者、菟田首等之女、名大魚也。爾袁祁命亦立歌垣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、天の下治らしめさむとせし間に、 平群 へぐりの 臣の祖、名は 志毘臣 しびのおみ 歌垣 うたがき に立ちて、その 袁祁 をけの よば はむとしたまふ 美人 をとめ の手を取りき。その 嬢子 をとめ は、 菟田首 うだのおびと ども の女、名は 大魚 おほうを なり。ここに袁祁命もまた歌垣に立ちたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是志毘臣歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに志毘臣歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意富美夜能 袁登都波多伝
須美加多夫祁理

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大宮 おほみや をと 端手 はたで
すみ かたぶ けり
とうたひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此歌而、乞其歌末之時、袁祁命歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく歌ひて、その歌の すゑ を乞ひし時、袁祁命歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意富多久美 袁遅那美許曽
須美加多夫祁礼

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾志毘臣、亦歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに志毘臣、また歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意富岐美能 許許呂袁由良美
淤美能古能 夜幣能斯婆加岐
伊理多多受阿理

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

おほきみ 心を ゆら
おみ の子の 八重 やへ 柴垣 しばがき
入り立たずあり
とうたひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是王子、亦歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 王子 みこ 、また歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

斯本勢能 那袁理袁美礼婆
阿蘇毘久流 志毘賀波多伝爾
都麻多弖理美由

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

潮瀬 しほせ 波折 なを を見れば
遊び しび 端手 はたで
妻立てり見ゆ
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾志毘臣愈忿、歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに志毘臣いよいよ 忿 いか りて歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意富岐美能 美古能志婆加岐
夜布士麻理 斯麻理母登本斯
岐礼牟志婆加岐 夜気牟志婆加岐

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大君の 王子 みこ 柴垣 しばがき
八節結 やふじま しま もとほ
切れむ柴垣 焼けむ柴垣
とうたひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾王子、亦歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに 王子 みこ 、また歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

意布袁余志 斯毘都久阿麻余
斯賀阿礼婆 宇良胡本斯祁牟
志毘都久志毘

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大魚 おふを よし しび 海人 あま
があれば うら こほ しけむ
鮪突く鮪
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

如此歌而、闘明各退。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

かく歌ひて、 かが あか して、各 退 まか りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

明旦之時、意祁命、袁祁命二柱議云、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

明くる 旦之時 あした 意祁 おけの 袁祁 をけの 命二柱 はか りて りたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

凡朝廷人等者、旦参赴於朝廷、昼集於志毘門。亦今者、志毘必寝。亦其門無人。故、非今者難可謀。即興軍囲志毘臣之家、乃殺也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

おほよ 朝廷 みかど の人 ども は、 あした 朝廷 みかど 参赴 まゐおもむ き、昼は志毘の かど つど へり。また今は志毘必ず いね つらむ。またその かど に人無けむ。故、今にあらざれば はか るべきこと かた けむ」とのりたまひて、すなはち いくさ を興して志毘臣の家を かく みて、すなはち殺したまひき。

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

男女が集まって歌を掛け合ったりする場のこと。

天武天皇

天武天皇

求婚の場でもあったから、今でいう街コンみたいなものかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

第23代天皇で、諡は顕宗けんぞう

天武天皇

天武天皇

あちらのほうの端のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

歌の下の句のこと。

天武天皇

天武天皇

大工が下手だからってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

心が緩んでいるからってこと。

天武天皇

天武天皇

潮の流れが速い浅瀬の波が折り重なっているところのこと。

安万侶

安万侶

遊びって??

天武天皇

天武天皇

ここは、泳いでくるってこと。

安万侶

安万侶

しびは??

天武天皇

天武天皇

マグロのこと。

天武天皇

天武天皇

志毘臣とかけているんだ。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

編み目をいくつも結んでってこと。

天武天皇

天武天皇

固く張り巡らせているがってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

大きな魚って意味で、「しび」にかかる枕詞。

天武天皇

天武天皇

これも大魚って名前の乙女と引っかけているんだろうな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

その大魚が離れてしまったらってこと。

天武天皇

天武天皇

歌を掛け合って夜を明かしてってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

第24代天皇で、諡は仁賢にんけん

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!