古事記の原文『仁徳天皇とクロヒメ』

『仁徳天皇とクロヒメ』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

仁徳の皇后イワノヒメは大のヤキモチ焼き。仁徳は、美人と噂のクロヒメを妻に迎える。クロヒメは、イワノの嫉妬を恐れて故郷に帰る。仁徳は、イワノを騙してクロヒメに会いに行く。仁徳とクロヒメは歌を贈り合う。

安万侶

安万侶

神代では、スセリビメ様がオオクニヌシ様にヤキモチ焼いてましたね。

天武天皇

天武天皇

仁徳とオオクニヌシを比べてみても、面白いかもな。

原文&読み下し文

仁徳天皇とクロヒメ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

其大后石之日売命、甚多嫉妬。故、天皇所使之妾者、不得臨宮中、言立者、足母阿賀迦迩嫉妬。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

その大后石之日売命、 いと まね 嫉妬 ねた みたまひき。故、天皇の使はせる みめ は、宮の なか 得臨 えゆ かず、 言立 ことだ てば足もあがかに 嫉妬 ねた みたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天皇、聞看吉備海部直之女、名黒日売、其容姿端正、喚上而使也。然畏大后之嫉、逃下本国。天皇坐高台、望瞻其黒日売之船出浮海以歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、吉備の 海部直 あまべのあたへ の女、名は黒日売、その 容姿 かたち 端正 うるは しと聞こしめして、 喚上 めさ げて使ひたまひき。然るにその大后の ねた みを かしこ みて、 もと つ国に逃げ くだ りき。天皇、 高台 たかどの して、その黒日売の船出でて海に浮かべるを のぞ て歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

淤岐幣迩波 袁夫泥都羅羅玖
久漏邪夜能 摩佐豆古和芸毛
玖迩幣玖陀良須

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

沖方 おきへ には 小船 をぶね つら らく
くろざやの まさづ 吾妹 わぎも
国へ くだ らす
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、大后聞是之御歌、大忿、遣人於大浦、追下而、自歩追去。於是天皇、恋其黒日売、欺大后曰、欲見淡道島而、幸行之時、坐淡道島、遥望歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、大后この御歌を聞きて、 いた 忿 いか りまして、人を大浦に遣はして、追ひ ろして かち より追ひ たまひき。ここに天皇、その黒日売を恋ひたまひて、大后を欺きて りたまひしく、「淡道島を見むと おも ふ」とのりたまひて、 幸行 でましし時、淡道島に坐して、 はろばろ みさ けて歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

淤志弖流夜 那爾波能佐岐用
伊伝多知弖 和賀久迩美礼婆
阿波志摩 淤能碁呂志摩
阿遅摩佐能 志麻母美由
佐気都志摩美由

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

おしてるや 難波の崎よ
出で立ちて が国見れば
淡島 あはしま 自凝島 おのごろしま
檳榔 あぢまさ の 島も見ゆ
さけ つ島見ゆ
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

乃自其島伝而、幸行吉備国。爾黒日売、令大坐其国之山方地而、献大御飯。於是為煮大御羹、採其地之菘菜時、天皇到坐其嬢子之採菘処歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

すなはちその島より伝ひて、吉備国に 幸行 でましき。ここに黒日売、その国の 山方 やまがた ところ 大坐 おほま しまさしめて 大御飯 おほみけ を献りき。ここに 大御 おほみ あつもの むとして、 其地 そこ 菘菜 あをな む時に、天皇その 嬢子 をとめ あをな める処に到りまして歌ひたまひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

夜麻賀多迩 麻祁流阿袁那母
岐備比登登 等母迩斯都米婆
多奴斯久母阿流迦

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

山県 やまがた ける 菘菜 あをな
吉備人 きびひと と 共にし めば
たの しくもあるか
とうたひたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇上幸之時、黒日売献御歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇 のぼ でます時、黒日売御歌を献りて ひしく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

夜麻登幣迩 爾斯布岐阿宜弖
玖毛婆那礼 曽岐袁理登母
和礼和須礼米夜

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

倭方 やまとへ 西風 にし 吹き上げて
ばな 退 りとも
われ 忘れめや
といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又歌曰、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また歌ひけらく、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

夜麻登幣迩 由玖波多賀都麻
許母理豆能 志多用波閉都都
由久波多賀都麻

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

倭方 やまとへ に 往くは つま
隠水 こもりづ した へつつ
往くは誰が夫
とうたひき。

仁徳天皇とクロヒメ

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

噂が立つとってこと。

安万侶

安万侶

足もあがかにって??

天武天皇

天武天皇

足をバタバタさせてってこと。

安万侶

安万侶

つららくって??

天武天皇

天武天皇

連なっているってこと。

安万侶

安万侶

くろざやのって??

天武天皇

天武天皇

黒いさやに入った刀って意味で、「さ」にかかる枕詞といわれているな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

はっきりわからないんだが、美しい子ってとこかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ここは、船から追い立てて無理に下ろしてってこと。

天武天皇

天武天皇

徒歩で追い出したってこと。

安万侶

安万侶

おしてるやって??

天武天皇

天武天皇

照り輝くって意味で、難波にかかる枕詞。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

遠く離れている島のことかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

山の田畑のこと。

天武天皇

天武天皇

居らせてってことだけど、その最上級の敬語だから、ここはご案内申し上げてってとこかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

熱い汁物料理のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

字からして、アブラナ科の葉野菜のタカナのことだろうな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

遠く離れていてもってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

草の下とかに隠れて流れる水って意味で、「下」にかかる枕詞。

天武天皇

天武天皇

ここは、人目を忍んでってとこかな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!