古事記の原文『景行天皇』

『景行天皇』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

景行天皇の子のオオウスは、父の妻になるはずの娘を横取りする。会食を欠席し続けるオオウスに、景行天皇はヤマトオグナから言い聞かせるよう命じる。オグナはオオウスを殺す。オグナを恐れた景行天皇は、オグナにクマソタケル討伐を命じる。

安万侶

安万侶

えっ、景行天皇はオオウスに、会食に出てきてほしかっただけですよね?

安万侶

安万侶

なんでヤマトオグナはオオウスを殺しちゃったんですか?

天武天皇

天武天皇

意図が上手く伝わらなかったのか、言葉の意味を取り違えたのか、はたまたそうするのが正しいと思ったのか ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

色んな解釈が成り立つから、自分なりに考えてみると面白いぞ。

原文&読み下し文

景行天皇

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

大帯日子淤斯呂和気天皇、坐纏向之日代宮、治天下也。此天皇、娶吉備臣等之祖、若建吉備津日子之女、名針間之伊那毘能大郎女、生御子、櫛角別王。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

大帯日子淤斯呂和気 おほたらしひこおしろわけの 天皇、 纏向 まきむく 日代 ひしろの に坐しまして、天の下治らしめしき。この天皇、 吉備臣 きびのおみ の祖、 若建吉備津日子 わかたけきびつひこ の女、名は 針間 はりま 伊那毘能大郎女 いなびのおほいらつめ を娶して、生みませる御子、 櫛角別 くしつぬわけの 王。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次大碓命。次小碓命、亦名倭男具那命。次倭根子命。次神櫛王。(五柱)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に 大碓 おほうすの 命。次に 小碓 をうすの 、亦の名は 倭男具那 やまとをぐなの 命。次に 倭根子 やまとねこの 命。次に 神櫛 かむくしの 王。(五柱)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又娶八尺入日子命之女、八坂之入日売命、生御子、若帯日子命。次五百木之入日子命。次押別命。次五百木之入日売命。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 八尺 やさか 入日子 いりひこの 命の女、 八坂 やさか 入日売 いりひめの 命を娶して、生みませる御子、 若帯日子 わかたらしひこの 。次に 五百木 いほき の入日子命。次に 押別 おしわけの 命。次に五百木の入日売命。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又妾之子、豊戸別王。次沼代郎女。又妾之子、沼名木郎女。次香余理比売命。次若木之入日子王。次吉備之兄日子王。次高木比売命。次弟比売命。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また みめ の子、 豊戸別 とよとわけの 王。次に 沼代郎女 ぬのしろのいらつめ 。また みめ の子、 沼名木郎女 ぬなきのいらつめ 。次に 香余理比売 かごよりひめの 命。次に 若木 わかき の入日子王。次に 吉備 きび 兄日子 えひこの 王。次に高木比売命。次に弟比売命。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又娶日向之美波迦斯毘売、生御子、豊国別王。又娶伊那毘能大郎女之弟、伊那毘能若郎女、生御子、真若王。次日子人之大兄王。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 日向 ひむか 美波迦斯毘売 みはかしびめ を娶して、生みませる御子、 豊国別 とよくにわけの 王。また伊那毘能大郎女の おと 伊那毘能若郎女 いなびのわかいらつめ を娶して、生みませる御子、 真若 まわかの 王。次に 日子人 ひこひと 大兄 おほえの 王。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又娶倭建命之曽孫、名須売伊呂大中日子王之女、訶具漏比売、生御子、大枝王。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 倭建 やまとたけるの 命の 曽孫 ひひこ 、名は 須売伊呂大中日子 すめいろおほなかつひこの 王の女、 訶具漏 かぐろ 比売を娶して、生みませる御子、 大枝 おほえの 王。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

凡此大帯日子天皇之御子等、所録廿一王、不入記五十九王、并八十王之中、若帯日子命与倭建命、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

おほよ そこの大帯日子天皇の御子等、 しる せるは 廿一王 はたちまりひとはしら 、入れ記さざるは 五十九王 いそぢまりここのはしら 、并せて 八十王 やそはしら の中に、若帯日子命と倭建命、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

亦五百木之入日子命此三王、負太子之名、自其余七十七王者、悉別国国之国造、亦和気、及稲置、県主也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また五百木の入日子命と、この 三王 みはしら は、 太子 ひつぎのみこ の名を負ひたまひ、それより ほか 七十七王 ななそぢまりななはしら は、悉に国国の 国造 くにのみやつこ 、また 和気 わけ 、また 稲置 いなぎ 県主 あがたぬし に別けたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、若帯日子命、治天下也。小碓命者、平東西之荒神、及不伏人等也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、若帯日子命は、天の下治らしめしき。小碓命は、 東西 ひむがしにし の荒ぶる神、また まつろ はぬ 人等 ひとども ことむ けたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次櫛角別王者、(茨田下連等之祖。)次大碓命、(守君、大田君、島田君之祖。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に櫛角別王は、(茨田の下の連等の祖。)次に大碓命は、(守君、大田君、島田君の祖。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

次神櫛王者、(木国之酒部阿比古、宇陀酒部之祖。)次豊国別王者、(日向国造之祖。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

次に神櫛王は、(木国の酒部の阿比古、宇陀の酒部の祖。)次に豊国別王は、(日向国造の祖なり。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天皇、聞看定三野国造之祖、大根王之女、名兄比売、弟比売二嬢子、其容姿麗美而、遣其御子大碓命以喚上。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、 三野 みのの 国造の祖、 大根 おほねの 王の女、名は 比売、 おと 比売の ふた りの 嬢子 をとめ 、その 容姿 かたち 麗美 うるは しと聞こしめし定めて、その御子大碓命を遣はして 喚上 めさ たまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、其所遣大碓命、勿召上而、即己自婚其二嬢子、更求他女人、詐名其嬢女而貢上。於是天皇、知其他女、恒令経長眼、亦勿婚而惚也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、その遣はさえし大碓命、 召上 めさ げずて、すなはち おの みづか らその ふた りの 嬢子 をとめ まぐは ひして、更に あだ 女人 をみな を求めて、 いつは りてその 嬢女 をとめ と名づけて 貢上 たてまつ りき。ここに天皇、その あだ し女なることを知らして、 つね 長眼 ながめ しめ、また まぐは ひしたまはずて、 くる しめたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、其大碓命、娶兄比売、生子、押黒之兄日子王。(此者三野之宇泥須和気之祖。)亦娶弟比売、生子、押黒弟日子王。(此者牟宜都君等之祖。)

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、その大碓命、兄比売を娶して生める子、 押黒 おしぐろ 兄日子 えひこの 王。(こは三野の宇泥須和気の祖。)また弟比売を娶して生める子、押黒の弟日子王。(こは牟宜都君等の祖。)

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

此之御世、定田部、又定東之淡水門、又定膳之大伴部、又定倭屯家、又作坂手池、即竹植其堤也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

この御世に 田部 たべ を定め、また あづま 淡水門 あはのみなと を定め、また かしはで 大伴部 おほともべ を定め、また倭の 屯家 みやけ を定め、また 坂手 さかての を作りて、すなはち竹をその つつみ に植ゑたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇詔小碓命、何汝兄、於朝夕之大御食不参出来。専汝泥疑教覚。如此詔以後、至于五日、猶不参出。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇、 小碓 をうすの 命に詔りたまひしく、「 なに しかも いまし いろせ は、 朝夕 あさゆふ 大御食 おほみけ 参出来 まゐでこ ざる。 もは ら汝ねぎ教へ さと 」とのりたまひき。かく詔りたまひて 以後 よりのち 五日 いつか に至りて、なほ 参出 まゐで ざりき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天皇問賜小碓命、何汝兄、久不参出。若有未誨乎、答白既為泥疑也。又詔如何泥疑之、答白、朝署入厠之時、待捕扼批而、引闕其枝、裹薦投棄。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、小碓命に問ひたまひしく、「 なに しかも汝の兄は、久しく参出ざる。もし いま をし へずありや」ととひたまへば、「既にねぎつ」と答へ白しき。また「 如何 いか にかねぎつる」と詔りたまへば、答へて白しけらく、「 朝署 あさけ かはや に入りし時、待ち捕へて つか ひし ぎて、その えだ を引き きて こも つつ みて投げ てつ」とまをしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是天皇、惶其御子之建荒之情而詔之、西方有熊曽建二人。是不伏無礼人等。故、取其人等而遣。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、その御子の たけ く荒き こころ かしこ みて詔りたまひしく、「西の方に 熊曽建 くまそたける 二人あり。これ まつろ はず ゐや 無き 人等 ひとども なり。故、その人等を取れ」とのりたまひて遣はしき。

用語解説

天武天皇

天武天皇

伝承地が奈良県桜井市穴師にあるな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ヤマトタケルという別名のほうが有名だな。

天武天皇

天武天皇

もうひとつの別名ヤマトオグナは、ヤマトの少年くらいの意味。

天武天皇

天武天皇

第13代天皇で、諡は成務せいむ

安万侶

安万侶

訶具漏かぐろ比売はヤマトタケルの曽孫?なのにヤマトタケルのお父さんと結婚してる??

天武天皇

天武天皇

世代が離れすぎているし、普通に考えてあり得ないよなー。

天武天皇

天武天皇

間違った伝承とみるのが、一般的な解釈。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

皇位を継承する候補の皇子のこと。

天武天皇

天武天皇

朝廷に任命された地方官のこと。

天武天皇

天武天皇

和気わけ稲置いなぎ県主あがたぬしも同じく官職なんだが、それぞれの役割の違いは諸説あってはっきりしないんだ。

天武天皇

天武天皇

和気は別とも書くな。

安万侶

安万侶

喚上めさって??

天武天皇

天武天皇

呼び寄せてってこと。

天武天皇

天武天皇

解釈の難しいところで定説がないんだが、長く見てばかりいてってとこかな。

安万侶

安万侶

くるしめって??

天武天皇

天武天皇

悩むって意味の字。

天武天皇

天武天皇

ただ、偽の女性が悩まされたのか、景行天皇が悩んだのか、どっちとも取れるな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

皇室が持っている田んぼを耕す部民のこと。

天武天皇

天武天皇

あはは安房で現在の千葉県南部、水門みなとは現在の浦賀水道。

天武天皇

天武天皇

館山湾とする説もあるな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

皇室が持っている土地の穀物を納める倉と官舎の総称。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県磯城郡田原本町阪手あたりにあった池のこと。

天武天皇

天武天皇

朝廷の朝と夕方の会食のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

ねぎらって言って聞かせよってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

夜明けのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

トイレのこと。

天武天皇

天武天皇

掴み潰してってこと。

天武天皇

天武天皇

手足をもぎ取ってってこと。

安万侶

安万侶

こもは??

天武天皇

天武天皇

マコモというイネ科の植物などで編んだ敷物のこと。

天武天皇

天武天皇

クマソは九州南部に住んでいる種族で、タケルは勇猛な人のこと。

安万侶

安万侶

ゐや無きって??

天武天皇

天武天皇

無礼なってこと。

安万侶

安万侶

その人等を取れって??

天武天皇

天武天皇

その者たちを討ち取れ、殺せってこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!