古事記の原文『ヒバスヒメ』

『ヒバスヒメ』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

垂仁はサホビメに言われた通り、丹波の4姉妹を呼び寄せる。垂仁はヒバスヒメとオトヒメを残して、後の2人を返す。返されたことを恥ずかしいと思ったマトノヒメは、帰る途中で自殺する。

安万侶

安万侶

サクヤビメとイワナガヒメみたいな、ヒドいお話ですね ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

イワナガヒメの時は短命にすることで報いを受けさせられたが、マトノヒメは悲劇でしかないよな ・ ・ ・

原文&読み下し文

ヒバスヒメ

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又随其后之白、喚上美知能宇斯王之女等、比婆須比売命、次弟比売命、次歌凝比売命、次円野比売命、并四柱。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

またその后の白したまひし まにま に、美知能宇斯王の 女等 むすめたち 比婆須 ひばす 比売命、次に おと 比売命、次に 歌凝 うたごり 比売命、次に 円野 まとの 比売命、并せて四柱を 喚上 めさ げたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

然留比婆須比売命、弟比売命二柱而、其弟王二柱者、因甚凶醜、返送本土。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

然るに比婆須比売命、弟比売命の二柱を留めて、その 弟王 おとみこ 二柱は、 いと 凶醜 みにく きによりて、 もと くに に返し送りたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是円野比売命慙言、同兄弟之中、以姿醜被還之事、聞於隣里、是甚慙而、到山代国之相楽時、取懸樹枝而欲死。故、号其地謂懸木、今云相楽。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに円野比売命 ぢて言ひけらく、「同じ 兄弟 はらから なか に、姿醜きをもちて還さえし事、 隣里 ちかきさと に聞こえむ、これ いと はづか し」といひて、山代国の 相楽 さがらか に到りし時、樹の枝に取り さが りて死なむとしき。故、 其地 そこ なづ けて 懸木 さがりき と謂ひしを、今は 相楽 さがらか と云ふ。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

又到弟国之時、遂堕峻淵而死。故、号其地謂堕国、今云弟国也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

また 弟国 おとくに に到りし時、遂に ふか ふち ちて死にき。故、其地を号けて 堕国 おちくに と謂ひしを、今は 弟国 おとくに と云ふなり。

垂仁天皇

用語解説

天武天皇

天武天皇

故郷とか本国のこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の京都府相楽郡あたりのこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

現在の京都府長岡京市と向日市、それと京都市の一部にかけたあたりのこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

*ラノベ版は読みやすさを優先させるために順序が入れ替わっております。原文とラノベのリンク先も前後してますので、ご注意ください。

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!