古事記の原文『目弱王の仇討ち』

『目弱王の仇討ち』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

安康はナガタと神床で昼寝する。ナガタとオオクサカの子、マヨワが床下で遊んでいるとも知らず、安康は、マヨワが彼の父を殺したのが自分と知ることを恐れていると、話す。それを聞いたマヨワは、安康が寝ているところを暗殺し、ツブラの家に逃げ込む。

安万侶

安万侶

天皇が暗殺されたんですか!?

天武天皇

天武天皇

ああ、ショッキングだよな。

天武天皇

天武天皇

古事記ではこの安康が唯一の例で、日本書紀では安康のほかに、崇峻天皇も暗殺されていている。

天武天皇

天武天皇

他にも暗殺の疑いがある歴代の天皇がいるが、暗殺が公式に記録されているのは、この二人だけだな。

原文&読み下し文

目弱王の仇討ち

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

自此以後、坐天皇神床而昼寝。爾語其后曰、汝有思所乎。答曰、被天皇之敦沢、何有所思。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

これより 以後 のち 、天皇 神床 かむどこ に坐して昼寝したまひき。ここにその きさき に語りて りたまひけらく、「 いまし 思ほす所ありや」とのりたまへば、答へて まを したまひけらく、「天皇の あつ めぐみ かぶ りて、何か思ふ所あらむ」とまをしたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是其大后之先子、目弱王、是年七歳。是王者当于其時而、遊其殿下。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその大后の さき の子 目弱 まよわの 王、これ年 七歳 ななとせ なりき。この みこ 、その時に当たりて、その 殿 との の下に遊べり。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾天皇、不知其少王遊殿下以詔、吾恒所思。何者、汝之子目弱王、成人之時、知吾殺其父王者、還為有邪心乎。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに天皇、その わか き王の殿の下に遊べるを知らしめさずて、詔りたまひしく、「 は恒に思ふ所あり。何ぞといへば、 いまし の子目弱王、人と成りし時、吾がその 父王 ちちみこ を殺せしを知りなば、還りて きたな き心あらむとするか」とのりたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

於是所遊其殿下目弱王、聞取此言、便窃伺天皇之御寝、取其傍大刀、乃打斬其天皇之頚、逃入都夫良意富美之家也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここにその殿の下に遊べる目弱王、この こと を聞き取りて、すなはち天皇の 御寝 みね しませるを ひそ かに伺ひて、その かたへ 大刀 たち を取りて、すなはちその天皇の頚を打ち斬りて、 都夫良意富美 つぶらおほみ の家に逃げ入りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇御年、伍拾陸歳。御陵在菅原之伏見岡也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇の御年、 五十六歳 いそぢまりむとせ 。御陵は 菅原 すがはら 伏見 ふしみ の岡にあり。

安康天皇系図4

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

前の夫である大日下王の子のこと。

安万侶

安万侶

還りてって??

天武天皇

天武天皇

かえってとか、逆にってこと。

天武天皇

天武天皇

奈良市宝来にある古城1号墳に治定されているな。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!