古事記の原文『草薙の剣』

『草薙の剣』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

ヤマトヒメの所に立ち寄ったヤマトタケルは、景行天皇は自分が死ねばよいと思っているんだと、泣く。ヤマトヒメはヤマトタケルに草薙の剣と袋を授ける。

安万侶

安万侶

草薙の剣! 三種の神器のひとつですよね!

天武天皇

天武天皇

ヤマトヒメは、アマテラスの鎮まる土地を求めて伊勢まで行ったからな、草薙の剣も一緒に移ったんだろう。

原文&読み下し文

草薙の剣

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、受命罷行之時、参入伊勢大御神宮、拝神朝廷、即白其姨倭比売命者、

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、 みこと を受けて まか でましし時、伊勢の大御神宮に 参入 まゐい りて、神の 朝廷 みかど おろが みて、すなはちその をば 倭比売命に白したまひけらくは、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇既所以思吾死乎、何撃遣西方之悪人等而、返参上来之間、未経幾時、不賜軍衆、今更平遣東方十二道之悪人等。因此思惟、猶所思看吾既死焉。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

「天皇既に あれ 死ねと思ほす 所以 ゆゑ か、 なに しかも西の方の しき 人等 ひとども を撃ちに遣はして、返り参上り し間、未だ 幾時 いくだ らねば、 軍衆 いくさびとども を賜はずて、今更に東の方十二道の悪しき人等を ことむ けに遣はすらむ。これによりて 思惟 おも へば、なほ あれ 既に死ねと思ほしめすなり」とまをしたまひて、

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

患泣罷時、倭比売命、賜草那芸剣、亦賜御嚢而、詔若有急事解茲嚢口。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

うれ ひ泣きて罷ります時に、倭比売命、 草薙剣 くさなぎのたち を賜ひ、また 御嚢 みふくろ を賜ひて、「もし とみ の事あらば、この嚢の口を解きたまへ」と詔りたまひき。

用語解説

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

朝廷は皇居のことだが、ここは神のいらっしゃる所だから、神殿のこと。

天武天皇

天武天皇

もう私が死ねばよいとお思いになっているってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

急ぎのことのこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!