古事記の原文『安康天皇』

『安康天皇』の原文

現在、古事記の原文は最低限の情報のみでお届けしております。詳細は『古事記の原文更新お休みのお知らせ』をご確認ください。

古事記の原文をそのまま載せても眠くなってしまうので、天武天皇の時代の人たちのセリフと合わせてお届けしています。

原文を記載するにあたってのルールについては、プロローグ内『原文掲載のルール』をご確認ください。

原文の概要

天武天皇

天武天皇

安康天皇は、オオハツセとオオクサカの妹を結婚させたいと考える。安康は、ネノをオオクサカの所へ使いに出す。オオクサカは安康の申し出を快諾し、髪飾りの贈り物をネノに預ける。ネノは髪飾りを盗み、オオクサカは怒って断ったと、安康にウソの報告をする。怒った安康はオオクサカを殺し、オオクサカの妻のナガタを自分の妻とする。

安万侶

安万侶

事実を確かめもせずに、殺されたオオクサカ様がかわいそうです ・ ・ ・

天武天皇

天武天皇

とんでもない臣下がいたもんだが、その臣下の言葉にまんまと惑わされた、安康も悪いよな~。

原文&読み下し文

安康天皇

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

御子、穴穂御子、坐石上之穴穂宮、治天下也。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

御子 みこ 、穴穂御子、 石上 いそのかみ の穴穂宮に坐しまして、天の下治らしめしき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

天皇為伊呂弟大長谷王子而、坂本臣等之祖、根臣、遣大日下王之許、令詔者、汝命之妹、若日下王、欲婚大長谷王子。故、可貢。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

天皇、 同母弟 いろと 大長谷王子 おほはつせのみこ ため に、坂本臣等の祖、 根臣 ねのおみ を、 大日下 おほくさかの 王の もと に遣はして、詔らしめたまひしく、「 汝命 いましみこと いろも 若日下 わかくさかの 王を、大長谷王子に はせむと おも ふ。故、貢るべし」とのらしめたまひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

爾大日下王、四拝白之、若疑有如此大命。故、不出外以置也。是恐、随大命奉進。然言以白事、其思無礼、即為其妹之礼物、令持押木之玉縵而貢献。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

ここに大日下王、 たび をろが みて白しけらく、「もしかくの 大命 おほみこと もあらむと疑ひつ。故、 に出さずて置きつ。これ かしこ し、大命の まにま 奉進 たてまつ らむ」とまをしき。然れども こと もちて白す事、それ 礼無 ゐやな しと思ひて、すなはちその妹の 礼物 ゐやじろ として、 押木 おしき 玉縵 たまかづら を持たしめて 貢献 たてまつ りき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

根臣、即盗取其礼物之玉縵、讒大日下王曰、大日下王者、不受勅命曰、己妹乎、為等族之下席而、取横刀之手上而、怒歟。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

根臣、すなはちその 礼物 ゐやじろ の玉縵を盗み取りて、大日下王を よこ して曰ひしく、「大日下王は、 勅命 おほみこと を受けずて りたまひつらく、『己が妹や、 ひと うがら 下席 したむしろ にならむ』とのりたまひて、 横刀 たち 手上 たがみ を取りて、怒りましつ」といひき。

【原文】稗田阿礼

【原文】稗田阿礼

故、天皇大怒、殺大日下王而、取持来其王之嫡妻、長田大郎女、為皇后。

【読み下し文】藤原不比等

【読み下し文】藤原不比等

故、天皇 いた く怒りまして、大日下王を殺して、その みこ 嫡妻 むかひめ 、長田大郎女を取り持ち来て、 皇后 おほきさき としたまひき。

安康天皇系図3

用語解説

天武天皇

天武天皇

現在の奈良県天理市田町あたりかな。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

敬意を表す贈り物のこと。

天武天皇

天武天皇

押木の意味がよくわからないんだが、髪飾りの一種だろうな。

安万侶

安万侶

よこしてって??

天武天皇

天武天皇

事実ではないことを言って他人をおとしいれること。

天武天皇

天武天皇

簡単にいえば悪口だな。

天武天皇

天武天皇

同族の下敷きになろうか、いや、なりはしないってこと。

安万侶

安万侶

天武天皇

天武天皇

剣の柄のこと。

原文で続きを読む

ラノベ訳に戻る

監修:春比等 Site:いまどき風土記
イラスト:駒碧 Site:わたり雪

ラノベ古事記がついに書籍化しました!!

サイトで読んでくださった方も楽しんでいただけるように、さらに愛を詰め込みました!!日本神話だけでかなり分厚くなっちゃいましたが、ポチっと応援していただけたら泣いて喜びます。゚(゚^ω^゚)゚。

 『ラノベ古事記』を購入 > 

スポンサードリンク

Amebaマンガは古事記関連の漫画が充実!また、U-NEXTからはラノベ古事記の購入が可能です。無料のおまけの方が豪華なので、よければご利用ください!

人気の記事


日本の神話「古事記」 おすすめ本

古事記(池澤 夏樹)

古事記

現代語訳がとにかく丁寧で美しくて読みやすい作品です。上段に現代語訳、下段に解説が書かれています。現代語訳だけであれば、1日でサラッと読めます。

現代語古事記(竹田 恒泰)

現代語古事記

明治天皇の曾孫にあたる、竹田 恒泰先生の作品です。現代語訳は少し固い印象ですが、解説が面白いのでスラスラ読めてしまいます。日本が好きになります。

愛と涙と勇気の神様ものがたり まんが古事記

まんが古事記

おそらく一番売れている古事記本です。ふわ先生の初版サイン付きの本を持っているのが自慢。優しいイラストとわかりやすい漫画でスイスイ読めてしまします!